Toshiba 東芝電子エンジニアリング           サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
トップページ > 企業情報 > 情報セキュリティ基本方針
 
社長挨拶
概要・沿革・案内図
品質保証基本方針
環境基本方針
資材調達方針
安全健康基本方針
情報セキュリティ方針
個人情報保護方針
コンプライアンス
お問い合わせ
関連リンク
電子公告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報セキュリティ基本方針

当社の情報システム事業は、お客様より情報システムを受注し、設計、構築して納入する事業であり開発の過程で、システム開発に必要なお客様の情報資産をお預かりする場合があります。また、保守サービスに必要な情報資産を保管する場合があります。お客様への保守・サービスに必要な情報資産、お客様の情報資産、当社及びお客様の個人情報が重要であるとともに、お客様の機密情報、当社及びお客様の個人情報の漏洩の防止を最重要視いたします。
品質工学、データ解析推進事業は、お客様に品質工学、統計解析、機械学習、解析ツールの活用方法を教育し、その適用に当たりコンサルティングを行うと共に、品質工学、データ解析を実用化するためのソフトを受注、開発、販売する事業です。これらの過程で必要なお客様の情報資産を受領する場合があります。特に、お客様の機密情報の漏洩の防止を最重要視いたします。このことは、お客様からの要請でもあり、現代社会においては、情報セキュリティの確保は社会的責任の一つであると認識しています。

当社は、情報セキュリティに対する責任を全うするため、情報セキュリティシステムを構築・維持し、これらのリスクを客観的に対処する仕組みを確立いたします。また、仕組みの改善を柔軟に行い、継続的なお客様サービスの改善に努めお客様からの信頼、ひいては社会からの信頼を確実なものとしていきます。

当社は、以下の目的を実現するため情報セキュリティマネジメントを運用します。

  1. お客様からお預かりする機密情報および社内の機密情報のセキュリティ確保
  2. お客様からお預かりする個人情報および社内の個人情報利用目的順守とセキュリティ確保
  3. お客様にサービスを提供するため当社が運用するシステムの可用性、完全性の
    サービスレベル確保
  4. 社内で運用する基幹システムの可用性、完全性のサービスレベル確保

目的実現のため、情報セキュリティ委員会とISMS会議を中心に情報セキュリティリスク
マネジメントを推進し、組織内階層に具体的な取組を展開します。

当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを運用することにより、情報セキュリティに関連する法規制等の要求事項、お客様や取引先との契約に含まれる要求事項、その他当社が受け入れることを決定した要求事項を順守します。

当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを運用することにより、当社の情報セキュリティ対応を継続的に改善し、お客さま、社会の皆様の期待に応えていきます。

                         2018年 4月 1日

                           東芝電子エンジニアリング株式会社
                           代表取締役 藤原 淳史

認証取得

ISO27001  

ISO/IEC27001:2013

本社事業所のシステムインテグレーションセンター、
品質工学&解析技術推進センター、及び管理部総務・勤労担当は、ISO/IEC27001:2013 (情報セキュリティ管理
システムの国際規格)の認証を取得しております。

 

 

 

▲ ページのトップへ戻る