Toshiba  東芝電子エンジニアリング    サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
トップページ > ソフトウェア > QlikView  
 
ソフトウェア
QlikView
TIBCO Spotfire
TIBCO Statistica
Domo

QlikView
に関するご相談・
お問い合わせはこちら TEL:045-770-3371
お電話受付9:00-17:00平日

WEBからのお問合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

革新的な特許技術で多次元のビッグデータを素早く可視化し、検索できるプラットフォーム
「QlikView
(※)」と、永年、東芝グループの製造現場(開発・設計・製造・技術)で
培った豊富な実績・経験を活かし、お客様の課題を解決するBusiness Analyticsでイノベーションを
実現します。
カタログ 
(※) QlikViewはQlikTech International AB. の登録商標または商標です。

 

Business Analyticsシステムとは?


Business Analyticsシステムはデータの可視化によって発見された 新たな事実を
迅速に意思決定につなげることで、経営効率の向上を実現します。

お客様が望まれる形態での可視化マネージメント、データの可視化によって発見された新たな事実のマネージメントを、データ収集/蓄積からデータ可視化/活用まで一貫したシステムで実現。

東芝グループで培ったITとデータイノベーションの東芝デベロップメントエンジニアリングだからできる新たなソリューションです。

 

QlikViewとは?

 

QlikViewのコンセプト

Simplifying Decisions Everyone,Everywhere -----
(だれにでも、シンプルな意思決定を、どこででも)

QlikViewは、QlikTech社(本社:アメリカ ペンシルベニア州)で開発された
BIプラットフォームです。
QlikViewプラットフォームは各部門における現場のビジネスユーザが、それぞれ革新的な
意思決定を行ない、最大限の能力を発揮できるよう真のセルフサービスBI(製品の操作感を
シンプルにすることで、ITに精通していなくてもデータ分析をできる環境)をご提供します。

               コンセプト

 

従来のBIとの違い

これまでのBIシステムの問題点は、「何が問題なのかを知るためのシステムのはずなのに
何が問題かを最初に決めなければシステムの導入ができない」-----

QlikViewは、使用するデータを最初に決めてしまえば、個々のビジネスユーザが自分で思考しながら、任意のデータを自由な視点から簡単に可視化することが可能です。

   従来との違い

QlikViewの3つの特徴


1.シンプル

QlikViewは従来のBIツールと異なり、「データソース」「ユーザインタフェース」「分析エンジン」など、必要となる
全てのコンポーネントがQlikViewに含まれます。作成したアプリケーションも「QVWファイル」と呼ばれるファイル一つで管理されるため、サーバを介した情報共有も すばやく実現でき、システム運用における負荷も軽減されます。

なお、Officeライクな操作感かつ直感的なUIですので、 初めて触る方でもスムーズに
ご利用いただけます。


2.連想技術

QlikViewに取込まれたデータは「連想技術」によって関連性のあるデータ全てと連動します。
それによりユーザは決められた分析ルートではなく、あらゆる切り口から自由な発想でデータを分析する事が可能となるため、新たな事実や課題をタイムリーに発見することができます。また、同じ項目内の文字列、数値を一つのキーワードに凝縮する「超正規化」を行う事でデータを大幅に圧縮します。(経験則で元データの約5分の1〜20分の1)

連想技術
3.インメモリ

QlikViewでは使用する全てのデータをメモリに展開することで、ハードディスクのI/Oによるボトルネックを完全に排除しています。これによってメモリのみに依存した高速演算処理が可能になり、検索リクエストやデータ抽出等に対して 圧倒的に速いレスポンスを提供します。

 

東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

QlikViewのシステム要件

 

QlikView November 2017の動作環境は以下の通りです。

QlikView DeskTop

 

OS Windows 7 x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
Windows Server 2008 x64 Edition
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
CPU Intel Core 2 Duo 以上を推奨
メモリ 4GB以上推奨 ※1
HDD容量 300MB以上の空き容量が必要
セキュリティ Microsoft Active Directory
NTLM
サードパーティ認証 ※2

 

QlikView Server

 

OS Windows Server 2008 x64 Edition
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
開発及びテスト用:
Windows 7 x64
Windows 8.1 x64
Windows 10 x64
CPU Multi-core x64 互換
メモリ 4GB以上推奨 ※1
HDD容量 450MB以上の空き容量が必要
セキュリティ Microsoft Active Directory
NTLM
サードパーティ認証 ※2
webサーバ QlikView Web Server
Microsoft IIS 7、7.5、8、8.5 または 10
マネージメント コンソール用
ブラウザ
Microsoft Internet Explorer 9、10 及び 11
Firefox(最新バージョン)
Google Chrome(最新バージョン)
.NET framework . NET Framework 4.5.2以上

 

QlikView サポートブラウザ

 

  AccessPoint
QlikView ポータル
Microsoft
Internet Explorer用
QlikView
QlikView AJAX
クライアント
Microsoft Internet
Explorer 8

(32ビットプラグイン)
 
Microsoft Internet
Explorer 11

(32ビットプラグイン)
Microsoft Edge  
Firefox
(最新バージョン)
 
Apple Safari
9.0、10.0
 
Google Chrome (Windows / Macの最新バージョン)  
Mobile Safari
(iOS 9/10 デバイス)
 
Android Phones & Tablets
(Google Chrome 5.0以降)
 
Good Access  


※1 QlikViewはインメモリ分析技術を採用しています。QlikView製品に必要とされるメモリは、
  取り扱うデータの容量によって変動する場合があります。
※2 サードパティー 認証を使用するには、「QlikView Server Enterprise Edition」が必要となります。

 

東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

私たちに出来ること

 

企業に蓄積される膨大なデータの活用、種々システムにより散在してしまったデータの統合、更にはステークホルダーとのデータ連携等、データを一元化し総括的な可視化・分析による、迅速な経営課題の顕在化と改善活動の推進等・・・
経営効率向上に向け、アジャイルな開発・短期間で経営の可視化・分析プラットフォームを
構築するには、もはやQlikViewは欠かせないツールとなっています。

 

東芝デベロップメントエンジニアリングは・・・

永年、東芝グループ内企業でのITシステム構築、さらにQlikViewを用いたデータ活用に
貢献してきた実績とノウハウを活かし、“部門レベルからグローバルレベルまでの
情報共有化とQlikView活用成果の最大化”に向け、導入支援から
アプリケーション開発支援、円滑な運用に向けての運用支援まで
トータルでサポート。

お客様の“こんな経営の可視化・分析を実現したい!!”を叶える

QlikView Elite-Solution providerです。


パートナー

 

 

QlikView活用のソリューション

 

導入支援⇒運用サポートまで、東芝内グループ企業でのQlikView活用ノウハウをもとにお客様のQlikViewソリューションをトータルでサポートさせて頂きます。

ソリューション図

 

   
お客様にマッチした導入提案 何を実現したいですか?  
お客様とお話しさせて頂くことから始めます!!  

 ・お客様のビジネスにフィットするQlikView導入をご提案  
 ・QlikViewの体験
導入サポート お客様の円滑なQlikView活用に向けて
 ・QlikViewインストール/設定支援
 ・QlikView教育プログラム
 ・当社サポート窓口によるFAQ対応、最新ソフトの提供

アプリケーション開発サポート お客様のQlikView活用領域拡大に向けて  
 ・お客様の実現イメージ共有によるアプリケーション開発  
 ・ご要求を満足する為の最適なデータモデルの構成  
 ・ストレスなく分析・絞込検索できるテンプレートの開発  
 ※お客様のプロジェクト参画、オンサイトでの開発等にもご対応可能です
運用サポート お客様のQlikView活用成果の最大化に向けて
 ・アプリケーションの管理・性能向上に向けた改修対応
 ・運用パフォーマンス監視・安定稼働監視

課題解析フィードバック お客様課題解決への解析支援⇒フィードバックに向けて
 ・QlikViewで顕在化された課題等は当社品質工学推進部門と
  連携し、品質工学/高度統計手法等による課題解析を支援。
 ・新たな制御因子等の監視はQlikViewにフィードバック 
   
   


 

東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

QlikView活用のご紹介

 

QlikViewで構築する経営ポータル

 

までExcel等で数値の羅列から、意思決定していた部分をQlikViewに置き換えることで、以下のような経営ポータルを実現できます。

  

QlikViewで構築する経営ポータル図

 
 

QlikViewで経営情報を可視化・分析

 

QlikViewならば、事業活動に於ける意思決定に必要な情報を 様々な視点で可視化・分析することができます。

  

QlikViewで経営情報を可視化・分析

 

データソース


本活用例では、以下データソースをQlikViewに取込み可視化・分析しています
・販売データ:「売上」、「販売先」、「商品」などのデータ
・原価データ:「材料」、「経費」、「工数」などのデータ
・固定費データ:「人件費」、「固定経費」、「配賦」などのデータ

  データソース

 

各ケースに於ける、可視化・分析活用例を以下リンクにてご紹介します

計画差異


1.計画(予算)に対して売上/営業利益の見込はどの様に変化しているか?
2.変化確認:計画に対して何がどう変化したのか?


見込状況


3.見込確認:現在の売上見込はどの様なリスク状況にあるのか?
4.詳細確認:商品別の収益性はどの様な状況にあるのか?

 


東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

QlikView無償評価版のご案内

 

QlikView Personal Editionは個人での利用のみに限定した無償版QlikViewです。他のユーザが作成したQlikViewファイルの閲覧や自分が作成したファイルの共有等はできませんが、QlikViewにおけるフル機能を使用することが可能です。

まずはQlikViewの世界を体験してみてください。

 

    QlikView(無料版)ダウンロード リンク

 

※リンク先は外部サイト(QlikTech社)、別ウィンドウで開きます。
※QlikViewパーソナル版は最新バージョンがご使用になれます。

 

東芝電子エンジニアリング株式会社は2019年4月1日をもちまして
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社と統合致しました。
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社のサイトはこちら>

QlikView導入事例

      東芝様導入事例イメージ
  株式会社東芝 インフラシステムソリューション社
産業・自動車システム事業部様
  生産から出荷までの点在するシステムを収集・統合し
可視化の範囲を拡大することで、品質管理の質向上と
生産性向上を図る
  株式会社東芝 インフラシステムソリューション社 産業・自動車システム事業部では、パワーエレクトロニクス技術を組み込んだハイブリッド自動車向けインバータ、モータの開発・製造・販売を行っています。自動車向けインバータ、モータを構成する部品の多くは自社グループ内で内製しています。自動車向け商品の品質はゼロディフェクトを目標としており、トレーサビリティの確保についても、顧客個別要求や品質マネジメントシステム“ISO/TS16949”の規程によって、不具合時の迅速な対応が義務付けられています。 また構成している部品についても同様に、各々の仕組みにて日々データは蓄積され、市場や後工程からの問合せに対し、”短時間でリスク範囲の把握と原因究明“が可能な仕組み作りが要求されています。 東芝では、これを実現する為にQlikViewを導入し、多量データを集計・可視化し、データにおける調査・分析に費やす時間を大幅に短縮して、自動車向け商品の品質を日々向上させています。


→  導入事例を読む
   
※ 記載されている社名・部署名等は作成日現在のものとなります。予めご了承くださいますようお願い致します。