世界最高性能の放射光源SPring-8にみる東芝のシステム技術

熊谷 教孝   横溝 英明   米原 博人   平田  寛


要旨

 大型放射光施設SPring-8 (Super Photon ring-8 GeV) は, 世界最高性能の放射光を発生することのできる大型の共同利用基礎研究施設で, 日本原子力研究所と理化学研究所が共同で建設を行った。 東芝は,今まで培ってきた加速器技術をさらに発展させ, シンクロトロンの全体とりまとめに加え,蓄積リングの高周波システム, 線形加速器の高周波システムを担当した。 SPring-8は,1997年10月3日から放射光利用が開始され,現在も順調に運転されている。


Copyright(C)1999 TOSHIBA CORPORATION. All Rights Reserved.
HyperText(HTML), written by TOSHIBA DOCUMENTS CORPORATION