東京エレクトロニツクシステムズ株式会社

お問い合わせ

サイトマップ


ホーム事業概要コア技術応用事例製品情報会社概要
応用事例

トップ > 応用事例 > 災害対応傷病者情報管理システム 概要

災害医療への個体識別技術 活用事例

災害対応傷病者情報管理システム
「 ICタグ + スマートフォン 」を災害用電子カルテとした診療情報管理システム

 はじめに

災害対応傷病者情報管理システムは、大規模災害時や緊急時の迅速な医療提供をICT(Information and Communication Technology)で支援することを目的とした診療情報管理システムです。
正確かつリアルタイムな情報の収集と共有化に優れており、災害医療におけるTriage(選別)、Treatment(応急処置)、Transportation(搬送)をトータル的にサポートします。

トリアージ判定だけでなく災害時の診療・治療全般にわたる診療記録の維持や傷病者全体に対する最も効果的な治療方針の決定など、広範囲の災害医療活動で適用が可能です。
広域かつ複数の場所で救助・医療活動が必要とされる状況において最もその威力を発揮し、災害初期時の診断・治療だけでなく、災害本部の活動や広域搬送など急性期におけるDMAT(Disaster Medical Assistance Team :災害派遣医療チーム)の活動を支援します。

本システムは、大阪府立急性期・総合医療センター様(都道府県に唯一の基幹災害医療センター)と共同で開発しました。

導入実績:
災害対応無線患者管理システム(3SPiders)
 「3SPiders」とは、大阪府立急性期・総合医療センター様のプロジェクトです。(別ウィンドウで開きます)

このページのトップへ

 システム概要

全体概要

※図を拡大表示する(別ウインドウで開きます)

・傷病者識別
 ICタグとスマートフォンによるスマートな患者情報の管理、識別が可能です。
 (ICタグはFeliCa、スマートフォンはおサイフケイータイ機能付きのAndroidスマートフォンを採用) 
・情報収集
 スマートフォンによる診断支援、およびシームレスなサーバへの情報伝達により、診療記録(紙カ
 ルテ)の収集やホワイトボードを使った診断結果の掲示など、人海戦術による管理手法から脱却で
 きます。
・情報集約
 サーバ機能を用いた迅速かつ容易な情報抽出により、履歴管理・集計・共有化による膨大な紙資
 料の整理作業を軽減できます。
・情報共有
 現場救護所、院内救護所本部、広域搬送拠点、自治体本部とのデータ連携・同期による、ミクロ、
 マクロの状況をリアルタイムに把握できます。

このページのトップへ

 主な機能

・トリアージによる傷病者診断(START法、PAT法、バイタルサインでの評価を支援)
・診断結果による疑い病名の確定支援
・傷病者/医療関係者状況の把握(人数・場所など)
・顔写真による身元不明者の安否確認支援
・薬剤オーダー、画像検査オーダーなどの診療活動支援
・血液ガス検査装置からの検査結果自動収集、配信
・広域搬送判定支援、広域搬送カルテ印刷(DMAT標準帳票に準拠)
・患者カルテ(診療記録)印刷
・クロノロジー登録・閲覧(動画、音声の添付も可能)
・自治体、災害拠点施設、関係機関との情報共有
・現場からのライブ中継(開発中)
・自治体本部、災害拠点病院、広域搬送拠点(SCU)でのTV会議(開発中)
・広域災害救急情報システム(EMIS)との情報連携(将来)

 商標

「災害医療への個体識別技術 活用事例」で記載されている商標は「商標について」を参照願います。

English

このページのトップへ

Copyright(C)2010-2018 TOKYO ELECTRONIC SYSTEMS CORPORATION,All Rights Reserved.