東芝エレクトロニックシステムズ株式会社

お問い合わせ

サイトマップ


ホーム事業概要コア技術応用事例製品情報会社概要
会社概要

トップ > 会社概要 > 調達方針

調達方針

東芝グループの基本方針

  1. 法令・社会規範等を遵守します。
  2. 調達取引先(候補を含み、以下同じとします。)・調達品選定等の際には環境負荷低減に十分に配慮した調達活動を実施します。
  3. 調達取引先に対して公正な取引の機会を提供します。
  4. 調達取引先と、相互理解と信頼関係に基づく調達活動を実施します。

調達取引先の選定方針

取引開始にあたっては、以下の6条件を満たしている企業を優先的に選定し、継続取引の際も優先します。

  1. 法令、社会規範等を遵守し、人権、環境への配慮を重視していること。
  2. 経営状態が健全であること。
  3. 東芝グループに供給する資材・役務の品質、価格、納期が適正水準にあること。
  4. 安定供給能力と、需給変動への柔軟な対応力があること。
  5. 東芝グループ製品に貢献できる技術力を有していること。
  6. 不測の災害等発生時においても、供給継続能力を有していること。

調達取引先様へのお願い

東芝グループは、広範な商品群を有し、グローバルに事業を展開する企業として、あらゆる視点から、ステークホルダーの皆様からのご要望を考慮し、また当社が参加する国連グローバル・コンパクト(UNGC)、RBA (Responsible Business Alliance)行動規範の趣旨に沿って調達活動を推進しております。つきましては、調達取引先の皆様におかれましても、下記要請項目を実行されるようお願いいたします。また、皆様の調達取引先につきましても、東芝グループ調達方針をご理解いただき、本項目を推進する旨、要請をお願いいたします。

  1. 法令・社会規範の遵守
    調達取引先の皆様が事業活動を行っている以下を含む各国・地域の関連する法令・社会規範の遵守をお願いします。
    • 関連する法令等(各国・地域の独禁法、商法、下請法、外為法、個人情報保護法、著作権法など)の遵守・徹底
    • あらゆる利害関係者への贈賄(違法な贈与、支払、対価、金銭的または金銭以外の利益供与)の禁止
  2. 人権・労働安全衛生への配慮
    調達取引先の皆様の事業活動において、基本的人権を尊重するとともに、安全で清潔な職場環境の実現に努めるよう以下の遵守をお願いします。また、「東芝グループ責任ある鉱物調達方針」へのご理解とご協力をお願いします。
    • 強制労働・非人道的な扱い(奴隷を含む)・人身売買・児童労働・差別の禁止
    • 適切な賃金の支払と労働時間の管理、従業員の団結権の尊重など
    • 安全で清潔な作業環境の実現
    *「東芝グループ責任ある鉱物調達方針」
    https://www.toshiba.co.jp/sustainability/jp/performance/social/procure.htm#responsible_minerals

  3. 環境への配慮
    環境への取り組みを、経営の重要課題の一つとして位置づけ、環境に調和した商品作りを推進する活動への積極的な取り組みと以下の推進をお願いします。
    • ISO14001準拠の環境保全体制の整備と外部認証取得の推進
    • 有害化学物質の削減等環境負荷の小さい部品・原材料の調達(グリーン調達)の実施
    • 環境保全活動(環境方針策定・システム整備・教育実施など)の推進
  4. 健全な事業経営の継続
    継続的な取引を実行するためには、事業経営状態が健全であることが重要です。従いまして、調達取引先の皆様の経営方針・経営状況(財務状況を含む)の開示をお願いします。

  5. 優良な品質の確保
    お客様に提供する商品の品質維持・向上を図るため、東芝グループと連携してISO9001に準拠した品質保証体制の整備、必要な外部認証取得への協力と法令・規制等及び以下の遵守をお願いします。
    • 各国・地域の安全基準(国内電安法・JIS、米国UL、欧州CEマーキング、中国CCCなど)の遵守
    • 東芝グループの求める仕様・品質を満足する資材・役務の継続的な提供
    • 重要な品質特性、特に法令や基準への適合を保証する文書・記録や検査データの適切な管理と保管
    また、東芝グループが求める品質保証活動をまとめた 「お取引先様のための東芝品質保証ガイドライン」「お取引先様のための東芝ソフトウェア品質保証ガイドライン」、およびソフトウェアの脆弱性対策をまとめた 「お取引先様のための東芝製品セキュリティ品質保証ガイドライン(ソフトウェア編)」 のご理解とご活用をお願いします。

  6. 適正価格での提供
    お客様に経済面で満足頂ける商品を提供するため、常に市場競争力のある価格での資材・役務の提供と、継続的な価格低減努力の推進をお願いします。

  7. 確実な納期の確保と安定供給体制の構築
    お客様に対する商品の継続的な供給と急激な需給変動の要請に応じるため、確実な納期の確保と、安定的かつ柔軟な資材・役務の供給体制の構築をお願いします。

  8. 技術力の向上
    お客様のニーズに基づいた安全で優れた商品を提供するために、継続的な技術力の向上をお願いします。

  9. 不測の災害等発生時の供給継続
    不測の災害(天災、疫病、火災、暴動、テロ、戦争、内乱等)発生時に、当社グループと、皆様の調達取引先様を含めたサプライチェーン情報を共有しながら供給継続に向けてご協力頂くとともに、平時のリスクマネジメント活動へのご協力をお願いします。

このページのトップへ

グリーン調達方針

東芝グループは、「人と、地球の、明日のために。」を経営理念の主文に掲げ、事業を通じて社会の発展に貢献していくという変わらぬ信念を示しています。創業時から培ってきた発想力と技術力を結集し、複雑化・深刻化する社会課題解決に立ち向かい、新しい未来を始動させることが、私たちの存在意義です。

この理念のもと、当社グループ独自の信頼性の高いサービスと最先端の技術で社会課題の解決をめざすとともに、持続可能な開発目標(SDGs)の達成にも貢献し、さらなる企業価値の向上を図っていかなければなりません。持続可能な社会の実現に貢献し、かつ企業として持続的な発展をめざすためには、長期的な視点で世界の潮流に対応しながら、豊かな価値を提供し続けていくことが重要と考えています。

そこで東芝グループでは2020年、脱炭素化や循環経済への対応などグローバルな視野に立った新たな長期ビジョンとして、「環境未来ビジョン2050」を策定しました。「環境未来ビジョン2050」は「豊かな価値の創造と地球との共生をめざした環境経営を通じて持続可能な社会の実現に貢献する」ことを目的としています。具体的には、「気候変動への対応」「循環経済への対応」「生態系への配慮」の3分野への取り組みを推進し、持続可能な社会、すなわち脱炭素社会・循環型社会・自然共生社会の実現をめざします。

私たちが取り組むべき課題は多種多様ですが、製品を「つくる」段階から、お客様が「つかう」段階、そして役割を果たした後に再び資源として「いかす かえす」段階まで、様々な環境影響を製品のライフサイクル全体で総合的に評価する必要があります。東芝グループでは「つくる」段階での取り組みのひとつとして、グリーン調達を推進しています。

グリーン調達とは、積極的に環境保全を推進している調達取引先様から、環境負荷の小さい製品・部品・材料等を調達することです。有害化学物質等の環境負荷・リスクの低減を考慮した事業活動を進めるためには、サプライチェーン全体にわたる活動が不可欠であり、ビジネスパートナーである調達取引先様のご協力が欠かせません。

調達取引先の皆様には、持続可能な社会構築に向けて、グリーン調達へのご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

なお、当社は、「東芝インフラシステムズ株式会社 グリーン調達運用ガイドライン」に準じた活動を推進しております。

*「東芝インフラシステムズ株式会社 グリーン調達運用ガイドライン」
https://www.toshiba.co.jp/infrastructure/company/procure/green.htm


このページのトップへ

Copyright