東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2014年5月13日
東芝ライフスタイル株式会社

お惣菜調理に便利なワンタッチキーを加えたオーブンレンジ「石窯ドーム」の発売について
―油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」調理と「ハイブリッド」調理の6つのワンタッチメニュー―

当社は、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、「石窯ドーム ER−MD500」を6月上旬より発売します。

石窯ドーム ER−MD500


新製品は、従来機種に搭載の100レシピのパン調理に加え、新たに日頃のお惣菜調理が簡単にできる自動調理6メニューをワンタッチキーに採用しました。ワンタッチキーで、油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」3メニューと、オーブン加熱と過熱水蒸気を組み合わせた「ハイブリッド」3メニューが手軽に調理できます。

ハイブリッド調理例 ノンフライ調理例 ワンタッチキーとメニュー

新製品は、パン、お菓子・ケーキをしっかり焼き上げられるよう、熱風の循環を促す湾曲天井の「石窯ドーム構造」、業界最高注1350℃注2の高温、200℃まで約5分の早い予熱、焼きムラを抑える左右反転ファンの熱風を備えています。これに加えて、毎日のお惣菜調理が簡単にできるワンタッチキーを搭載しました。自動調理メニューは、オーブン加熱と過熱水蒸気を組み合わせたヘルシーなハイブリッド調理(3メニュー)と油で揚げないノンフライ(3メニュー)です。お惣菜調理は、ハイブリッド調理の他に高温350℃までのオーブン調理、高温の水蒸気で食品の余分な油脂を落としてカロリーカット調理が可能な過熱水蒸気調理の3通りの調理ができます。

加熱の仕組み


他に、「石窯ドーム構造」と「庫内まるごと遠赤注3」によりオーブン温度350℃注2の「石窯ドーム ER−MD400」を6月中旬より、オーブン温度300℃の「石窯ドーム ER−MD300」を7月上旬より、オーブン温度250℃の「石窯ドーム ER−MD100」を7月中旬より発売します。

石窯ドーム ER−MD400 ER−MD300 ER−MD100


新製品の概要

形 名 総庫内容量 価格 発売時期 目標月産台数
ER−MD500 31L (W)グランホワイト
(R)グランレッド
オー
プン
6月上旬 5千台
ER−MD400 6月中旬 3千台
ER−MD300 30L 7月上旬 8千台
ER−MD100 (W)グランホワイト 7月中旬 3千台

開発の背景と狙い

2014年度の国内オーブンレンジ市場は約270万台を見込んでいます(東芝調べ)。オーブンレンジ購入時に重視する機能は、高機能機種ほど「オーブン機能」が高く、購入後に作ってみたい料理は、1位 パン、お菓子・ケーキ、2位 焼き物です(東芝調べ)。

石窯料理のおいしさは、「高温ですばやく表面を焼き上げ、食材のうまみと水分を閉じ込めて焼き上げる」ことが秘訣であるため、当社オーブンレンジは、パン、お菓子・ケーキ作りに適した「高温、短時間予熱、焼きムラ低減」の性能向上に努めてきました。この基本性能を踏まえ、毎日使うお惣菜の中でも、特に焼き物を簡単においしく調理できる新製品を商品化し、発売します。


新製品の主な特長

1.ワンタッチキーで選べる「ハイブリッド」調理と油で揚げないヘルシーな「ノンフライ」調理

「ハイブリッド」調理:

新搭載のオートメニューは、ハンバーグの場合、表面はこんがり、中は旨みを残してジューシーに焼けるよう、高火力のオーブンで表面を焼いた後、過熱水蒸気の潜熱で加熱し、再び高火力で焼き色を付けるオーブン調理に過熱水蒸気調理を組み合わせて調理します。

ハイブリッド調理の例


「ノンフライ」調理:

「鶏のから揚げ」などの “油で揚げない揚げ物(ノンオイルフライ)調理”が可能です。「かき揚げ」「さつまいもの天ぷら」「えびの天ぷら」を新たに加えました。

油で揚げないからヘルシーで、油はねの心配や、油の後始末などの面倒もありません。

油で揚げないノンフライ


2.350℃の高温で焼き上げるオーブン機能

庫内に熱風をすばやく循環させる湾曲天井の「石窯ドーム構造」と、庫内のセラミックコーティングによる遠赤(「庫内まるごと遠赤注3」)により、業界最高注1350℃注2の高温と200℃まで約5分の早い予熱が可能です。さらに、周囲にスリットを設けた「遠赤包み焼き角皿」により、上下2段の調理でも、熱風が庫内上下に循環するため、食品を前後左右から包み込んで焼き上げます。

庫内まるごと遠赤 遠赤包み焼き角皿


3.左右交互の風向で均一な焼き上がりを目指す「焼き色上手なくるりん熱風」(ER−MD500)

新製品は、熱風の向きを交互に変える正逆反転ファンの採用により、焼きムラの原因となっていた熱風の片寄りを抑えます。「焼き色上手なくるりん熱風」は、モーター2個を使用して自動で熱風ファンを正逆反転させることで風向が変わります。これにより、熱風ファンの回転方向が同じため起こる一部の焼きムラが、少なくなります。

オーブン調理 焼き色の違い


4.ABCクッキングスタジオ開発レシピを含む全369レシピ注4(ER−MD500)

ABCクッキングスタジオ開発のお惣菜

新製品の付属料理集のメニュー数は、369注4レシピです。オーブンレンジ購入目的の上位に入る(当社調べ) パン、スイーツ調理を重視して、パン100レシピ、スイーツ101レシピを掲載し、お惣菜は、168レシピを掲載しました。料理教室のABCクッキングスタジオによる開発したお惣菜レシピ15が含まれています。


5.本格せいろ蒸しと適温スチーム調理

たっぷりのスチーム(1分間に最大24mL)だけで蒸し料理を行う本格せいろ蒸し調理を搭載し、蒸し器を使うことなく手作りシューマイや小龍包などの本格的な蒸し料理が楽しめます。また、スチームで庫内温度をコントロールする適温スチーム調理では、35℃〜95℃の5度刻みの設定ができるため、“す”が立たないなめらかな仕上がりの茶わん蒸し、温度の違いで食感が異なるなめらかプリンなどが楽しめます。

小龍包 茶わん蒸し プリン


6.簡単、便利な「スピードメニュー」

耐熱ボウルだけで簡単にできる「スピードメニュー」です。付属の料理集では、3分メニュー11レシピ、5分メニュー12レシピ、8分メニュー10レシピを掲載しています。耐熱ボウルだけのレンジ加熱で調理できるため、洗い物が少なくて済み、朝などの忙しい時に便利なメニューです。

ABCクッキングスタジオ開発レシピ スピードメニューとアレンジレシピの例


7.お手入れが簡単な「とれちゃうコート」、「親水性クリーンコート」

調理後のお手入れは、庫内に付いた調味料、油脂汚れなどを簡単に拭き取ることができます。庫内(扉部と底面を除く)と角皿は微細な粒子のセラミックコーティング(「とれちゃうコート」)、庫内底面は「親水性クリーンコート」により、汚れが落としやすくなります。さらに、スチームで汚れを浮かす機能(「手間なしお手入れ」オート)があります。角皿もコーティングにより、オーブンシートなしでも食材がこびりつきにくくなっています。

スチームで汚れを浮かし、簡単に拭き掃除


8.幅広いレンジ機能

レンジ加熱時に、スイングする赤外線センサーが、食品の表面温度を検知しながらあたためます。庫内を幅広く温度検知するため、二品同時あたためも可能です。あたため温度を−10℃から90℃まで5度刻みで設定できるため、食材に応じたあたためができ、湯煎の代用にもなります(「お好み温度」)。

二品同時あたため 温度を設定してあたため お好み温度


9.背面・左右を壁面にピッタリ付けて設置可能(ER−MD500)

上方は10cmの余裕が必要ですが、背面と左右の壁面は壁にピッタリ付けて設置できます。

背面・左右は壁面に付けて設置



注1 2014年5月13日現在 国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて
注2 350℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に250℃に切り換わります。温度を260℃以上に設定したときも自動的に250℃に切り換わります。過熱水蒸気、ハイブリッドで設定できる温度は300℃までです。
また、設定温度が260℃以上のときは予熱温度は250℃になります。
注3 扉部を除く
注4 新製品ER−MD500において、アレンジメニュー、バリエーションメニュー、ケーキ型サイズ、トッピングを含む
注5 スピードメニューの3分、5分、8分は下ごしらえなどの時間は含みません。


新製品の主な特長

  ER−MD500 ER−MD400 ER−MD300 ER−MD100
庫内構造 石窯ドーム構造・庫内ワイド&フラット・庫内まるごと遠赤注3
焼き色上手な
くるりん熱風
レシピ数注4 369 312 229 171
内スピードメニュー数注5 33 32
設置(左右) 左右ピッタリ 選べる設置


新製品の主な仕様

  過熱水蒸気オーブンレンジ
形  名 ER−MD500 ER−MD400
(W)グランホワイト
(R)グランレッド
(W)グランホワイト
(R)グランレッド
レンジ 消費電力 1430W
高周波出力 1000W注6/600W・500W連続/200W相当/100W相当
オー
ブン
方  式 熱風コンベクション方式(2段調理可能)
消費電力 1430W 1420W
ヒーター出力 1400W 1390W
温度調節範囲 発酵(30、35、40 、45℃)
スチーム発酵(30、35、40 、45℃)
オーブン(100〜300、350℃)注2
過熱水蒸気調理
ハイブリッド調理
100〜250℃・300℃注2
グリルヒーター出力 1100W
スチームヒーター出力 1200W
本格せいろ蒸し
適温スチーム温度注7 35℃〜95℃
焼き色上手なくるりん熱風
センサー 8つ目スイング赤外線センサー
外形寸法 幅500×奥行465
×高さ412mm
幅500×奥行460
×高さ412mm
庫内有効寸法 幅386×奥行300×高さ241mm
総庫内容量注8 31L
質  量 24kg 23kg
庫内コート とれちゃうコート
底面コート 親水性クリーンコート
省エネ達成率注9 115% 114%
年間消費電力量注9 63.9kWh/年 64.4kWh/年
区  分注9


注6 定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(約5分間)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
注7 温度は庫内下段に角皿を入れ角皿の中心の黒色アルミニウム(擬似負荷)の温度を測定しています。
注8 総庫内容量とは、JISの規定に基づいて算出された容量です。
注9 省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です。区分名も同法に基づいています。


  過熱水蒸気オーブンレンジ
形  名 ER−MD300 ER−MD100
(W)グランホワイト
(R)グランレッド
(W)グランホワイト
レンジ 消費電力 1430W
高周波出力 1000W注10/600W・500W連続/200W相当/100W相当
オー
ブン
方  式 熱風コンベクション方式
(2段調理可能)
上下ヒーター方式
消費電力 1420W 1350W
ヒーター出力 1390W 1320W
温度調節範囲 発酵(30、35、40 、45℃)
スチーム発酵(40℃)
オーブン(100〜300℃)注11
発酵(30、35、40 、45℃)
オーブン(100〜250℃)注12
過熱水蒸気調理 100〜250℃注11 100〜250℃注12
グリルヒーター出力 1100W 1280W
スチームヒーター出力 350W
適温スチーム温度注7 −(オートメニューのみ)
センサー スイング赤外線センサー
外形寸法 幅500×奥行450
×高さ388mm
幅500×奥行416
×高さ388mm
庫内有効寸法 幅398×奥行330×高さ232mm
総庫内容量注8 30L
質  量 18kg 17kg
庫内コート とれちゃうコート 遠赤・脱臭ブラックコート
底面コート
省エネ達成率注9 104% 104%
年間消費電力量注9 70.6kWh/年 76.3kWh/年
区  分注9


注10 定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(約3分間)であり、定格連続高周波出力は600Wです。
600Wへは自動的に切り換わります。
注11 300℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り替わります。温度を240℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。過熱水蒸気で設定できる温度は250℃までです。また、設定温度が240℃以上のときは予熱温度は230℃になります。
注12 250℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り替わります。温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。また、設定温度が210℃以上のときは予熱温度は200℃になります。



掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。



▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright