東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2014年8月21日
東芝ライフスタイル株式会社

同じ本体幅のまま内容積を増やした「マジック大容量」の冷凍冷蔵庫の発売について
−「野菜室がまんなか」レイアウト、静電式タッチオープン採用のガラスドアタイプ−

当社は、冷凍冷蔵庫の新製品として、10年前の当社機種と同じ本体幅685mmのままで定格内容積を142L注1増やした「マジック大容量」GR−H610FV(定格内容積605L、6ドア)を10月から発売します。

GR−H610FV GR−H560FV


新製品は、外気を遮断して冷気を逃がさないために用いる冷蔵庫背面の断熱材(ウレタン)を無くす、あるいは従来機種の約半分注2の厚さにすることで、冷蔵庫本体の外壁を薄くして庫内容積を増量しました。外壁の薄型化による断熱性能の低下を補うために、真空断熱材の配置変更と被覆面積の拡大を行うと同時に、小型省エネファンの採用、冷却器の効率を高め、大容量化と高い省エネ性能を両立させています。

本体幅の同じ10年前の冷蔵庫との容量比較


また、湿度約95%注3で野菜の鮮度を保つ野菜室を、真ん中に配置した使いやすいレイアウトです。野菜室は、新設計で広くなり2Lのペットボトルを6本、500ml缶や開封済みの調味料等も立てたまま収納できます。冷蔵室は、天井灯に加えドア側からも庫内を照らすLEDの「フロントブライト照明」、上から下まで明るく見渡しやすい新採用のガラス棚、収納する食品の高さに合わせて見直した棚の間隔等により、使いやすさにも配慮しています。加えて、静電タッチスイッチのタッチオープンドアも新搭載しました。近くに手をかざすと浮かび上がるタッチスイッチに軽く触れると扉が開きます。洋服のまま肘を触れるだけでも開けられます。

触れるだけで開くタッチオープン


他に550Lクラスで685mm幅のGR−H560FV(555L)を10月から、500L、450Lクラスで本体幅650mmのGR−H510FV(508L)、GR−H460FV(458L)を11月からGR−H610FVと併せて「マジック大容量」FVシリーズとして順次発売します。


また、鋼板・6ドア冷蔵室両開きのGR−H62FX (618L)、GR−H56FX (556L)、GR−H51FX (510L)、GR−H48FX (481L)を9月中旬から、ガラスドア・冷蔵室片開きのGR−H43GXV(426L)、鋼板・冷蔵室片開きのGR−H43Gを9月下旬から発売します。

GR−H62FX GR−H56FX GR−H51FX GR−H48FX

GR−H43GXV GR−H43G


新製品の概要

形  名 ド ア 形 態 定格内容積 価 格 発売時期 月産台数
GR−H610FV ガラス マジック大容量
6ドア
605L オー
プン
10月 2千台
GR−H560FV 555L 1千台
GR−H510FV 508L 11月 4千台
GR−H460FV 458L 3千台
GR−H62FX 鋼板 6ドア 618L 9月中旬 1千台
GR−H56FX 556L 1千台
GR−H51FX 510L 3千台
GR−H48FX 481L 3千台
GR−H43GXV ガラス 5ドア(片開き) 426L 9月下旬 4千台
GR−H43G 鋼板 7千台

冷凍冷蔵庫「マジック大容量 GR−H610FV」発売時期変更のご連絡とお詫び



商品化の背景と狙い

2014年度の国内家庭用冷凍冷蔵庫の需要は、消費税増税による駆け込み需要の反動減等により、前年度比約85%の約400万台を見込んでいます(当社予測)。またここ数年、500L以上の冷蔵庫の構成比が増加し、今年度も2割程度となると推定しています。

現在の日本の都市における住環境においては、冷蔵庫の基本ニーズのひとつとして、「限られた設置スペースの中で、より多くの食品を収納したい」が挙げられます。まとめ買い需要、嗜好の多様性で種類が増える調味料等、冷蔵庫の収納量増への要望は年々高まっています。当社はこうした背景を踏まえ、設置時に制約されがちな本体幅を変えずに容量を増加させた冷蔵庫を商品化し、発売します。


新製品の主な特長(GR−H610FV/H560FV/H510FV/H460FV)

1.本体幅を変えずに内容積を増量した「マジック大容量」

新製品は、高容積化技術(「マジック断熱構造」)により、本体幅を変えずに内容積を増量しました。本体幅685mmで2機種、650mmで2機種あります。このうち、GR−H610FVは、同じ本体幅685mmの10年前の当社機種(GR−W46FA)と比べて、142L注1増量しています。

1年前の当社冷蔵庫とのサイズ比較


当社独自の「マジック断熱構造」は、省エネ性能を損なうことなく冷蔵庫本体の外壁を薄くすることで庫内容量を増やす高容積化技術です。冷凍室背面では、冷気を逃がさず外気を遮断する断熱材(ウレタン)を従来機種の約半分の厚み注2に、冷蔵室、野菜室背面に業界で始めて注4ウレタンレス構造を採用し約60%注2、側面は平均約25%薄くしました。外壁の薄型化と同時に真空断熱材の最適配置と被覆面積の拡大により断熱性能を維持し、冷却器の表面積の拡大(約119%注5)、小型省エネファンの採用、仕切りヒーターの最適制御等により、高容積の実現と高い省エネ性能を両立しています。

真空断熱材の最適な配置 本体外壁の薄型化


2.使い勝手に配慮した庫内設計

冷蔵室:

ドア側から庫内を照らす「フロントブライト照明」を新たに採用しました。従来の天井灯だけでは上段の食品の影になっていた下段の食品も、全体を前から照らすことで従来機種比約1.6倍注6の明るさになります。新採用のガラス棚により、冷蔵室全体が明るく見渡しやすくなると同時に、新商品では収納する食品を想定して棚の高さの見直しを図り、使いやすさを改善しました。

ドア側から庫内を照らすフロントブライト照明


庫内を有効に使える新設計


野菜室:

当社だけの「野菜室がまんなか」のレイアウトに加え、野菜室の収納量を49L注1増やしました。大容量に加え、下段にはキャベツや白菜がまるごと入れられる高さを確保した他、ケース形状の変更により一段深くしたスペースを新たに設けて、冷蔵室に入りきらない開封済み調味料など高さのあるストック食材等も入れられるようにした収納上手な野菜室です。手前には、2Lのペットボトルを最大6本まで立てたまま収納できます。

収納上手な野菜室 GR−H610FV


冷凍室:

冷凍室は新設計により、買い物かご4.2個分の大容量注7となっています。冷凍室下段(上段ケース下内側寸法)は約22cmの深さがあるため、冷凍食品を立てて保存できます。収納力が向上し、置き場を選ばなくても山型パンや500mlの凍結用ペットボトルも立てたまま入れられます。

タテ収納でたっぷり入る冷凍庫


3.軽く触れるだけで開くタッチオープン(静電式)を採用したガラスドア

冷蔵室ドアには、新たに静電タッチスイッチ式のタッチオープンを採用しました。飲料などを収納してドアポケットが重くなったドアも、軽いタッチ操作で開けられます。また、手がふさがっている時にもひじや手の甲などで軽く触れるだけで簡単にドアを開けることができます。近くに手をかざすと表示が浮かび上がるタッチスイッチは、使用しない時は消灯します。


4.約95%注3以上の高湿度とピコイオンで野菜が長持ち、ラップなしでも乾燥しない

東芝独自のツイン冷却「野菜専用冷却」で冷蔵室、野菜室を効率よく冷やし、安定した低温と高湿度環境を実現します。水分をたっぷり含んだ冷気を1日20回以上送るため、野菜室は湿度約95%注3を維持して、野菜の鮮度を乾燥から守ります。また、ピコイオンにより庫内の冷気や食品、庫内壁面まで除菌注8、脱臭注9、ビタミン等栄養素増量効果が認められます。さらにセラミック低温触媒で、野菜の老化を促進するエチレンも分解注10し、野菜が長持ちします。

野菜の鮮度保持と栄養素


5.リビングとキッチンに合わせた新色

評価の高いクリアシェルホワイト色に加え、新色として木目調のグレインブラウン、大理石調のルーセントアイボリーを採用しました。ナチュラルからモダンまで、リビングとキッチンのインテリアトレンドに合わせられます。

ルーセントアイボリー シェルホワイト グレインブラウン


6.その他の便利な機能

・ecoモード:

当社独自の冷却システム(W−ツイン冷却)、断熱技術(高性能真空断熱材)、制御技術により、省エネを実現しています。さらに、節電サポート機能「節電」、「おでかけ」、「ピークシフト」により、最大約20%注13の節電が可能です。

・ピコイオン除菌:

冷蔵室と野菜室の冷気、食品や庫内壁面を除菌注8、脱臭注9します。

・フリーケース:

どこにでも置ける「フリーケース」と「小物スタンド」、「フリーケース」とセットでも使用可能な卵スタンドで、自分の好みで使いやすく庫内を整理することができます。

・熱もの冷凍:

炊き立てのご飯などを熱いまま冷凍し、おいしさを保ちます。

・野菜そのまま冷凍:

下ゆでなしで生のまま、野菜を簡単に冷凍する機能です。

・霜ガード冷凍:

冷凍室用冷却器の霜取り運転前にしっかり冷却することで冷凍室の温度上昇を抑え、−18℃を保持します。食品を冷凍焼けや霜つきから守り、おいしさをガードします。


7.ホームITシステム「フェミニティ」との接続で、スマートフォンでの庫内確認等も可能注14

東芝のホームITシステム「フェミニティ」に接続する注15ことで、外出先からスマートフォン、携帯電話での、節電サポート機能の設定、消費電力の確認などができます。また、故障予知診断に基づく通知、使用状況に応じた省エネ・節電対策のアドバイス、節電効果などの情報確認もできます。さらに、遠隔地に住む家族の生活状況を冷蔵庫の使用状況を通じて確認することもできます。遠隔地に住む家族が冷蔵庫を使用していない場合に通知するメールを特定のアドレスで受信することも可能です。

また、庫内カメラユニット(HNW−RCB1:別売)の設置により、外出先から冷蔵庫の庫内注16を確認できます。庫内カメラユニットは、設定した時刻に自動起動し、1日1回庫内を撮影して「フェミニティ」サーバに画像データを送信します。また、外出先のスマートフォン、携帯電話などからの撮影指示も可能です。庫内カメラを利用して、遠隔地に住む家族の食生活の様子を見守ることもできます。


注釈一覧

注1 2004年度当社従来機種GR−W46FA(定格内容積:463L、冷蔵室:246L、野菜室:90L、冷凍室:127L) 幅685o×高さ1,806mm×奥行688mmと新製品GR−H610FV(定格内容積:605L、冷蔵室:303L、野菜室:139L、冷凍室:163L) 幅685mm×高さ1,833mm×奥行745oとの比較。
注2 2013年度当社従来機種GR−G56FXVと新商品GR−H610FVとの比較。冷凍室背面の外壁厚さGR−G56FXV:88o、GR−H610FV:49o。冷蔵室・野菜室背面の外壁厚さGR−G56FXV:51mm、GR−H610FV:21o
注3 食品負荷有り時、当社試験結果による。運転状況や食品の量によって異なります。
注4 国内家庭用冷凍冷蔵庫において。新商品GR−H610FV、冷蔵室・野菜室背面ウレタンレス断熱構造。
2014年8月21日現在(2014年10月発売予定)。
注5 2013年度当社従来品GR−G62FXVと新商品GR−H610FVとの比較。【冷蔵用冷却器フィンの表面積】GR−G62FXV:1.44m2、GR−H610FV:1.72m2
注6 2013年度当社従来機種GR−G56FXVと新製品GR−H610FVとの比較。冷蔵室2段目中央において明るさGR−G56FXV:261ルクス、GR−H610FV:405ルクス、当社試験結果による。
注7 容量22Lのカゴを使用。GR−H610FVの冷凍室上段と下段合計の食品収納スペースの目安92L。
注8 【試験依頼先】(財)日本食品分析センター、【試験方法】寒天平板培養法、【除菌方法】ピコイオン噴霧による菌の除去、【対象場所】野菜室、冷蔵室、チルドルーム【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。
注9 ピコイオンユニットの働きにより、ニオイ分子を分解。全てのニオイがとれるわけではありません。
注10 セラミック低温触媒におけるエチレンガス分解の当社試験結果による。【試験方法】ガスクロマトグラフ法 【試験条件】試験空間:125L、風量:200L/min、初期濃度:20ppm、分解速度:38μL/h。
注11 にんじんを3日間保存した場合のビタミンA量測定。【測定方法】高速液体クロマトグラフ法、【測定結果】ピコイオン未付与: 838μg/100g、ピコイオン付与:1010μg/100g、当社試験結果を(財)日本食品分析センターにて分析。
注12 なすを3日間保存した場合のポリフェノール量測定。【測定方法】FOLIN-CIOCALTEU法、【測定結果】ピコイオン未付与: 0.12g/100g、ピコイオン付与:0.14g/100g、当社試験結果を(財)日本食品分析センターにて分析。
注13 ecoモード通常運転とおでかけ機能との比較。当社試験環境室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR−H610FVにおいて。周囲温度30℃時。ecoモード通常運転:冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定。扉開閉なし。製氷運転あり。おでかけ機能:おでかけ機能設定。1.1kWh⇒0.9kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。「おでかけ機能」効果の測定条件はJIS C 9801(2006年)測定基準とは異なります。
注14 NetReady対応機種は、GR−H610FV、GR−H560FV、GR−H510FV、GR−H460FV。
注15 別売りの「ホームゲートウェイ」「HAアダプタ」「庫内カメラユニット」及びパソコンまたはタブレットが必要です。無線通信を利用していますので電波の特性上、環境条件により通信距離、通信速度は異なります。
注16 庫内画像が確認できるのは、カメラの撮影範囲に限ります。


新製品の主な仕様

シリーズ マジック大容量、FVシリーズ
形  名 GR−
H610FV
GR−
H560FV
GR−
H510FV
GR−
H460FV
形  態 両開きタイプ(フレンチドア)
定格内容積 605L 555L 508L 458L)
  冷 蔵 室
<チルドルーム>
303L
<23L>
280L
<23L>
258L
<19L>
232L
<15L>
野 菜 室 139L 128L 114L 105L
冷 凍 室
<冷凍室下段>
163L
<127L>
147L
<114L>
136L
<105L>
121L
<93L>



685mm 650mm
奥行き 745mm 699mm 649mm
高さ 1,833mm
ecoモード
制御
節電
サポート
機能
節電、おでかけ、ピークシフト
強化処理
ガラスドア
タッチ
オープン
○(静電式)
ネットワーク
対応
除菌・脱臭 ピコイオン
冷凍機能 熱もの冷凍、野菜そのまま冷凍、一気製氷
一気冷凍、霜ガード冷凍(可変プレクールシステム)
そ の 他 全段ガラス棚、卵スタンド、フリーケース、小物ケース
本 体 色 (ZW)クリアシェルホワイト、(ZC)ルーセントアイボリー、
(ZM)グレインブラウン


シリーズ FXシリーズ Gシリーズ
形  名 GR−
H62FX
GR−
H56FX
GR−
H51FX
GR−
H48FX
GR−
H43GXV
GR−
43G
形  態 両開きタイプ(フレンチドア) 片開きタイプ
定格内容積 618L 556L 510L 481L 426L
  冷 蔵 室 307L 281L 262L 233L 224L
<チルド
ルーム>
<17L> <21L> <21L>
野 菜 室 144L 129L 119L 93L
冷 凍 室 167L 146L 129L 109L
<冷凍室
下段>
<123L> <113L> <101L> <88L>



750mm 685mm 600mm
奥行き 732mm 745mm 699mm 692mm
高さ 1,818mm 1,833mm 1,769mm 1,833mm 1,816mm
ecoモード
制御
節電
サポート
機能
節電、おでかけ、ピークシフト
強化処理
ガラスドア
タッチ
オープン

(静電式)
ネットワーク
対応
除菌・脱臭 ピコイオン ルネキャット®
冷凍機能 野菜そのまま冷凍、一気製氷、
一気冷凍、霜ガード冷凍(可変プレクールシステム)
そ の 他 全段ガラス棚、卵スタンド
本 体 色 (WS)
シェルホワイト、
(N)
レディッシュゴールド
(ZM)
グレイン
ブラウン、
(ZW)
クリア
シェル
ホワイト
(S)
シルバー、
(NP)
ピンク
ゴールド

ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する)東芝マテリアルの登録商標です。


掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。



▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright