東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

2015年4月21日
東芝ライフスタイル株式会社

低湿度になると、野菜室の湿度を高める冷凍冷蔵庫の発売について
−水蒸気の吸収・放出を行う「うるおい補給カセット」を野菜室に新搭載−


当社は、3ドア冷蔵庫の新製品として、GR−H38SXV(定格内容積375L)を5月中旬から発売します。

3ドア冷蔵庫 GR−H38SXV


新製品の野菜室は、冷凍室と野菜室をしっかり断熱材で仕切り、気密性を高めることで野菜室の湿度を逃さない「うるおいラップ野菜室」を採用しています。よく使う野菜室は、3ドアのまんなかにレイアウトしています。野菜室内に設けた新搭載「うるおい補給カセット」は、中に湿度80〜60%の範囲で水蒸気の吸収・放出を行う調湿シートを入れています。野菜の収納量が多いと庫内は高湿度になり、野菜の収納量が少ないと低湿度になります。このシートは、野菜の収納量が多い高湿度時には、水蒸気を吸収して蓄えておき、野菜の収納量が少ない低湿度時には、蓄えておいた水蒸気を放出して、野菜室内の野菜の乾燥を防ぎます。

うるおいラップ野菜室 うるおい補給カセットの働き


また、冷蔵室内の棚にはすべて強化処理ガラスを採用しました。これにより、庫内奥のLEDライトの光が冷蔵室の棚を透過して行き渡るため、庫内全体が明るく見やすい上、ガラスのため汚れも拭き取りやすくなります。他に、「ecoモード節電機能注1」、「Ag低温触媒」による除菌注2・脱臭注3機能を搭載しています。正面ドアは、クリアガラス素材です。

他に、3ドア冷蔵庫の新製品として、GR−H38S(定格内容積375L)、GR−H34S(定格内容積340L)を5月中旬から発売します。


GR−H38S GR−H34S



注1 抑えめの運転をするために、食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度を約1℃〜2℃高めに設定します。冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定での1日あたりの消費電力量から算出。JIS C 9801(2006年)測定基準とは異なります。使用環境により節電効果は変わる事があります。
注2 【試験依頼先】(財)日本紡績検査協会、【試験方法】JIS L 1902 定量試験(菌液吸収法)、【除菌方法】Ag低温触媒による菌の除去、【対象場所】フィルター、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は実使用空間の実証結果ではありません。
注3  Ag低温触媒の働きにより、ニオイ分子を分解。すべてのニオイがとれるわけではありません。


新製品の仕様 

  東芝3ドア冷蔵庫
形 名 GR−H38SXV GR−H38S GR−H34S
外形寸法 幅600×奥行き672×高さ1,734mm 幅600×奥行き672×高さ1,608mm
ドア素材 クリアガラス 鋼鈑 鋼鈑
本 体 色 (ZW)
クリアシェルホワイト
(ZT)
クリアブラウン
(NP)
ピンクゴールド
(S)
シルバー
定格内容積 375L 340L
  冷蔵室
<チルド>
204L<12L> 169L<12L>
野菜室 83L(54L)注4
冷凍室 88L(59L)注4
制  御 ecoモード(節電機能)
ガラス棚 全段 チルドルーム
天井板のみ
チルドルーム
天井板のみ
除菌・脱臭 Ag低温触媒
2L
ペットボトル
収納数
冷蔵室 4本、野菜室 2本
うるおい
ラップ
野菜室

うるおい補給カセット付

注4 ( )内は、食品収納スペースの目安





掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright