東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2015年6月10日
東芝ライフスタイル株式会社

「全面直下LED」と新開発映像エンジンを搭載し、
高輝度・高画質映像を実現した「4Kレグザ G20Xシリーズ」の発売について
−HDMI新規格HDRフォーマット入力にバージョンアップ対応注1

当社は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、高輝度で広色域の「全面直下LED」と新開発の映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載し、リアルで立体感ある精細な映像を実現した55V型、49V型、43V型の4K注2テレビ「G20Xシリーズ」を6月30日から発売します。加えて、この新製品はHDMI新規格のHDR(ハイダイナミックレンジ)フォーマット入力にバージョンアップ対応します。

上位モデルのZ10X、J10Xシリーズに加えて、この新製品でレグザ4K注2モデルを3シリーズに拡充します。

レグザG20Xシリーズ


新製品は、上位モデルと同様に、液晶パネル背面全体に高輝度広色域LEDを配置し広い輝度レンジを実現した「全面直下LED」で立体感のあるリアルで精細な映像を高画質で再現します。

全面直下LEDパネル 新エンジン4KレグザエンジンHDR


新開発の映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」に、いつも見ている地上デジタル、BSデジタル放送や、ブルーレイソフトの映像も4K注2画素の緻密な映像で映し出す「4Kマスターリファイン」などの高画質機能を搭載しました。これにより、高輝度広色域の「全面直下型LED」と相まって、精細感や自然な色彩、輝きある映像を再現します。また、従来のレグザエンジンCEVOに比べ約3倍の処理能力を持ち、快適な操作性を実現しています。

加えて、従来よりも高コントラストなHDRフォーマット映像のHDMI入力にもバージョンアップで対応注1します。

他に、“好きな番組やネット動画をすぐ楽しめる”「みるコレ」注3サービスを加えたレグザクラウドサービス「TimeOn」に対応します。このサービスにより、お気に入りのジャンルや人名などから、録(と)り貯めた番組やYouTube™動画を一覧からすぐに選んで楽しめます。お気に入りの番組を自動録画したり、録画予約したりできます。

従来のTOPページ 新しいTOPページ


今後、「ひかりTV 4K」、「NETFLIX(ネットフリックス)」、「4Kアクトビラ」など、さまざまな4Kのネット配信サービスにも対応を予定しています注4

録画機能注5では、地デジ3チューナーに加えBS/110度CSデジタルチューナーを3チューナー内蔵することで、地デジやBS/110度CS放送のチャンネルを視聴しながら、放送時間が重なった2つの番組をUSBハードディスクに同時に録画できる「BSも地デジも見ながらW録」を搭載しています。

また、「SeeQVault」に対応注6することで、本機でSeeQVault対応USBハードディスクに録画した番組を、当社SeeQVault対応のレグザブルーレイに接続して手軽に視聴したり、簡単にブルーレイディスクに残すことができます注7。将来テレビを買い替えるときも、SeeQVault対応のテレビへなら、SeeQVault対応USBハードディスクに録画しておけば簡単に録画番組を引っ越しできます。

さらに、「タイムシフトマシン」対応の「レグザサーバー」を接続することで、テレビのリモコン1つでタイムシフトマシン内蔵モデルのように快適に使用できる「タイムシフトリンク」を搭載しています。


注1 2016年2月にソフトウェアのアップデートで対応予定です。
注2 画素数は3,840×2,160です。
注3 2015年7月中にサービス開始予定です。
注4 「ひかりTV4K」「NETFLIX」は2015年9月、「4Kアクトビラ」は2015年内にそれぞれソフトウェアアップデートで対応予定です。視聴にあたっては、それぞれのサービスとの契約やインターネット接続などが必要になります。
「NETFLIX」のサービスの詳細については、今後、NETFLIX社から発表される予定です。
注5 USBハードディスク接続時に対応しています。
注6 ソフトウェアアップデートで2015年10月に対応予定です。
注7 対象はSeeQVault対応の東芝のテレビやレコーダー、PCであり、他社機器への動作を保証するものではありません。番組は通常録画番組として録画されますので、SeeQVault™形式へ変換する必要があります。4Kコンテンツは、SeeQVault形式の番組に変換できません。SeeQVault対応機器について、くわしくは当社ホームページ[www.toshiba.co.jp/regza]をご覧ください。


 新商品の概要

商品名 シリーズ 形 名 画面サイズ 価 格 発売日
液晶テレビ「レグザ」 G20X 55G20X 55V型 オープン 6月30日
49G20X 49V型
43G20X 43V型


商品化の背景と狙い

4Kテレビは、幅広い層のお客様がリビングテレビの大画面として選択し始めたため、需要が急速に拡大しています。

当社は、より多くのお客様に4K高画質を楽しんで頂くために、従来の全面直下型LEDを採用した高画質・高機能Z10Xシリーズ、J10Xシリーズに加え「全面直下LED」と「4KレグザエンジンHDR」で高画質なスタンダード4KモデルG20Xシリーズを商品化します。


新製品の主な特長

1.豊かな色と輝きを再現する「全面直下LED」

テレビのLEDバックライトには、液晶パネル背面全体にLEDを配置した全面直下型LEDと、上下または左右にのみLEDを配置したエッジ型LEDの2つのタイプがあり、新製品で採用した「全面直下LED」では、バックライトLEDが画面全体を高輝度かつ高コントラストで照らすことでパネルの映像再現力を引き出し、精細感ある豊かな色彩のリアルな映像を映し出します。

さらに、広色域パネルの採用と「全面直下LED」の輝度を緻密にコントロールすることで、色表現範囲が拡大し微妙な色の違いまでも繊細に描き出します。


2.新高画質エンジン「4KレグザエンジンHDR」

(1)「4Kマスターリファイン」

彩度に合わせた輝度の高域成分の補正や、文字の周りの目立つデジタルノイズ低減などの高画質化処理により、いつも見ている地上デジタル・BSデジタル放送、ブルーレイソフトなどの映像も4K注2画素の緻密な映像で楽しめます。

(2)「広色域復元」

映像送信の際に圧縮された色域を復元して色表現領域を拡大することで、自然で豊かな色を再現します。

(3)「インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元」

HDRフォーマットの映像だけでなく、これまでの映像も撮影するカメラによって異なる高輝度領域の圧縮特性を精度高く推定して復元し、明るく輝くシーンの中の白い部分を立体的に再現します。

(4)4K瞬速ゲームダイレクト

ゲームに必要な4K注2高画質処理を行いつつ、画像処理の遅延時間を、レグザ史上最速の約0.05フレーム(約0.83msec)注8に短縮。アクションゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。

広色域復元のイメージ インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元のイメージ



注8 HDMI 1080p60Hz入力で、画面サイズ「ネイティブ」または「フル(ジャスト)」選択時。HDMI 4K60p入力で、画面サイズ「4Kフル」選択時。


3.HDMI新規格HDR入力フォーマット対応

新しくHDMIで規格化された「HDRフォーマット」入力に対応しているため、従来のテレビでは表現できなかった明るさと暗さの幅を持つHDRフォーマットの映像信号を再現可能になります。これにより、高輝度、広色域全面直下LEDとの相乗効果で「リアリティ」、「立体感」、「精細感」が大幅に向上した美しい高画質映像を再現できます。

HDR映像の効果


4.4K配信が1台で楽しめる注4

HEVCデコーダーを内蔵し、「ひかりTV 4K」、「NETFLIX(ネットフリックス)」「4Kアクトビラ」など、さまざまな4Kのネット配信サービスに対応し、外付けのチューナーなしで高精細かつ臨場感あふれる映像をお楽しみいただけます。


5.「SeeQVault」対応注7

「SeeQVault」対応のUSBハードディスクやSDメモリーカードに録画した番組を、別の対応機器で再生することができます。また、USBハードディスクに録画した番組は、対応のレコーダーに接続してブルーレイディスクに残すこともできます。さらに、将来テレビを買い替えた時も、SeeQVault対応のテレビなら、同じSeeQVault対応のUSBハードディスクに録画した番組が引き続き楽しめます。


6.BSも3チューナー搭載で「BSも地デジも見ながらW録」

地デジに加えBS/CSデジタルチューナーも3チューナー搭載し、ほかの番組を視聴しながら、2つの裏番組をUSBハードディスクに同時に録画できます。BSでも放送時間が重なった2番組をUSBハードディスクに同時に録画することが可能になりました。


7.「タイムシフトリンク」

「タイムシフトマシン」対応の「レグザサーバー」注10をHDMI接続すると、放送済の番組表から見たい番組をすぐ再生できる過去番組表の表示や、現在放送中の番組注11を簡単に番組の冒頭から見ることができる「始めにジャンプ」など、テレビのリモコン1つでタイムシフトマシンの機能を快適に操作できます。


注10 連携可能対応レグザサーバー:DBR-M590/M490、D-M470/M430、DBR-T560/T550/T460/T450、DBR-M190/M180
注11 HDMI接続しているレグザサーバーでタイムシフトマシン録画中の番組に対してのみ動作します。

8.「レグザパワーオーディオシステム」

豊かな低域再生を実現する「ラビリンスバスレフ型BOX」と組み合わせた「高能率&高耐入力スピーカー」を合計出力20Wのハイパワーアンプで駆動し、明瞭な音声と迫力の低音を再現します。また、東芝独自の音源分離技術によりリモコンのボタン1つで人の声が聞き取りやすくなる「クリア音声」を搭載しています。映画やドラマはセリフが明瞭になり、バラエティ番組などでは背景音を抑え、小さい音量でも人の声がはっきりと聞こえます。


9.省スペースで引き締まったフォルムを実現したミニマルデザイン

四辺とも同じ幅のナローフレーム(狭額縁)と高い質感のリアルメタルスタンドを採用し、省スペースでデザイン性の高い引き締まったフォルムを実現しました。また、スタンドネックカバーを装備し、ケーブルの配線をきれいに整理できます。

画面に集中しやすいナローフレーム 高い質感のリアルメタルスタンド ケーブルの配線をきれいに整理するスタンドネックカバー




HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)、Blu-ray(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。YouTubeは、Google Inc.の商標です。その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。



添付資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader® が必要です。ダウンロードしてご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロード




掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright