東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2015年8月4日
東芝ライフスタイル株式会社

肉・魚・野菜の鮮度を長持ちさせる「マジック大容量」の冷凍冷蔵庫の発売について

当社は、冷凍冷蔵庫の新製品として、東芝独自の冷却機能と光触媒で肉・魚・野菜の鮮度とおいしさを保つ新機能を搭載した「マジック大容量」のFMシリーズ2機種を10月上旬から、FVシリーズ4機種を9月上旬から発売します。

FMシリーズ FVシリーズ


新製品は、同幅の設置スペース注1で容量増を可能にした「マジック大容量」、「野菜室がまんなか」レイアウトといった特長に加え、肉・魚などの鮮度とおいしさを長持ちさせるチルドルーム(「ツイン速鮮チルド」)、野菜をおいしく長持ちさせる野菜室(「新・霧ベール野菜室」)を新たに搭載します。チルドルームは、食品を凍らせないマイナス温度帯の冷気を一定時間連続して供給することで、当社従来機種の約2倍注2の速さで冷却し、鮮度とおいしさを保ちます。野菜室は、高湿度の冷気で野菜を乾燥から守り、光触媒(ルネキャット®注3)の働きで、除菌注4・脱臭注5することで、鮮度とおいしさを長持ちさせます。

チルドルームでひき肉を3日間保存後の比較 野菜室でブロッコリーを7日間保存後の比較


冷蔵室では「高さ自在棚」、整理に便利な「フリーケース&小物スタンド」に加え、チルドルームを上下2段に分けて食品を重ねずに整理できるようにしました。さらに、冷凍室下段には「仕切り板付き収納ケース」を採用し、形やサイズが豊富な冷凍食品の収納をより簡単にできるよう工夫する等、全室で使いやすさを向上しています。さらに、FMシリーズには上質感を高める新面材のプレミアムガラスドアを、FCシリーズにはフラットデザインの鋼板ドアを新たに採用しています。

「マジック大容量」のFCシリーズ2機種は9月下旬から、新たにフロントブライト照明(LED)を採用したガラスドア・冷蔵室片開きのGR−J43GXV(426L)を10月下旬から、鋼板ドア・冷蔵室片開きのGR−J43Gを9月上旬から発売します。

FC GXV Gシリーズ



 新商品の概要

  形  名 ド ア 形 態 定格内容積 価 格 発売時期 月産台数
FM
シリーズ
GR-J610FM プレミアム
ガラス
マジック
大容量
6ドア
605L オー
プン
10月
上旬
1千台
GR-J560FM 555L 1千台
FV
シリーズ
GR-J610FV ガラス 605L 9月
上旬
2千台
GR-J560FV 555L 2千台
GR-J510FV 508L 4千台
GR-J460FV 458L 3千台
FC
シリーズ
GR-J510FC 鋼 板 508L 9月
下旬
4千台
GR-J460FC 458L 4千台
片開き
タイプ
GR-J43GXV ガラス 5ドア 426L 10月
下旬
4千台
GR-J43G 鋼 板 426L 9月
上旬
7千台


商品化の背景と狙い

2015年度の国内家庭用冷凍冷蔵庫の需要は、前年度比約107%の約400万台を見込んでいます(当社予測)。またここ数年、500L以上の冷蔵庫の構成比が増加し、今年度は約2割程度となると推定しています。

新製品は「いつでも、食卓においしいを。」を開発コンセプトに、冷蔵庫の本質である「鮮度保持」機能に改めて焦点を当てました。チルドルーム、野菜室における食品の保存性能を向上し、「マジック大容量」機種のラインアップの拡大を図ります。


新製品の主な特長

1.肉・魚などの鮮度とおいしさを長持ちさせる「ツイン速鮮チルド」(FM/FVシリーズ)

新製品は、東芝独自の「W−ツイン冷却」により、食品を凍らせないマイナス温度帯の高湿度な冷気を約1時間連続して2つの吹出し口から2つのファンでパワフルに送り込み、当社従来機種の約2倍注2の速さで冷却。凍結、乾燥を避けて、肉・魚などの鮮度とおいしさを保ちます。

ツイン速鮮チルド 食品の冷却速度の違い


チルドルームの冷気の違い W−ツイン冷却とシングル冷却


また、冷蔵室・野菜室用冷却器の付近に新たに設けた光触媒が、ニオイ成分や細菌を分解し、二酸化炭素や水を生成します。チルドルーム内の二酸化炭素濃度が高くなることで、肉・魚の表面酵素の働きが抑性され、生鮮食品の鮮度を保ちます。冷凍せずに生鮮食品のおいしさを保つことで、解凍にかかる手間を省き、調理時間を短縮します。

ブリの切り身のおいしさの比較


2.野菜の鮮度とおいしさを長持ちさせる「新・霧ベール野菜室」(FM/FV/FCシリーズ)

東芝独自の「W−ツイン冷却」を活かした「やさい専用冷却」により、安定した低温注14かつ高湿度の冷気で冷蔵室、野菜室を効率よく冷やします。水分をたっぷり含んだ冷気を1日20回以上注15送ることで、野菜室は湿度約95%注16以上を維持し、野菜を乾燥から守ります。

光触媒が、野菜の呼吸を促すエチレンガスを分解し、水と二酸化炭素の生成を行うことで、気密性の高い野菜室内の二酸化炭素濃度を高めます。酸素濃度を大気組成よりも低くすることで、野菜の呼吸活動を抑性して鮮度を保ちます。更に、FMシリーズには「Ag抗菌野菜ボックス」を採用、銀イオン抗菌処理を施した容器で、より庫内を清潔に、より高い鮮度機能を発揮します。

新・霧ベール野菜室


野菜の成分比較


3.気になる庫内の冷気を除菌注4・脱臭注5 する光触媒「ルネキャット®注3

冷気の嫌なニオイ成分、細菌を光触媒が分子レベルで分解して、除菌注4・脱臭注5します。

ルネキャットの仕組み ルネキャット搭載部


ルネキャットの効果


ルネキャット®は東芝マテリアル株式会社が開発した、可視光でも除菌・消臭等の機能を発揮する可視光応答型光触媒です。「光触媒スプレー」として家庭用にも発売されている東芝独自の技術です。庫内に設置されたLEDの光を吸収して強い酸化力の活性酸素や水素ラジカルを形成し、活性酸素に触れたニオイ成分や有害物質を強い酸化力で分子ごとに分解します。分解された分子は空気中の酸素などと結合し二酸化炭素や水になるため、人体への影響もありません。

4.「マジック大容量」と便利な「野菜室がまんなか」レイアウト(FM/FV/FCシリーズ)

9年前の当社従来機種と同幅の設置スペース注1で105Lの容量増を可能にした「マジック大容量」は、東芝独自の高容積化技術(「マジック断熱構造」)により、高い省エネ性能に欠かせない断熱性能を保ちながら薄型化を実現しています。また、冷蔵庫の中でも開閉回数が多い野菜室を真ん中に配置した使いやすい「野菜室がまんなか」レイアウトにより、立ったまま野菜を取り出すことができるので、重たい野菜の出し入れも楽にできます。さらに、野菜室内に、高さのある食品やドレッシングなどを収納できるスペースを設けています。

500L 定格内容積105L 605L


大きな鍋も入る広々とした庫内 野菜を立ったまま出し入れ


5.使い勝手と整理整頓の工夫(FM/FVシリーズ)

(1)2段に分けて保存しやすい「ツイン速鮮チルド」

チルドルームを2段に分けて、収納スペースを広げ、食品を重ねずに整理できるようにしました。探しやすく、食品の種類、使い方に応じて保管場所も分けられます。

2段式のツイン速鮮チルド


(2)冷凍室下段を整理しやすくする「仕切り板付き収納ケース」

形やサイズが豊富な冷凍食品を収納しやすくする「仕切り板付き収納ケース」を冷凍室下段に採用しました。倒れやすい冷凍食品を立てて収納できるだけでなく、前後左右好きな場所で間仕切ることができ、収納食品を探す手間や使い忘れのムダを減らします。

仕切り板付き収納ケース


6.リビングやキッチンに合わせた多彩なデザイン

FMシリーズは、「華紬(はなつむぎ)」をコンセプトに織物にも似た華やかさと繊細さが織りなす美しいテクスチャーを業界初注22のメタル蒸着フィルムを使用することで実現したプレミアムガラスドアモデルです。ぬくもりを感じるこだわりのデザインが、キッチンと調和して上質感と落ち着きを演出します。ガラスの透明感と輝きを一層際立たせるフレームレスガラス面材のFVシリーズに、キッチンと調和するフラットなデザインを採用した鋼板ドアのFCシリーズを新たに加え、ご自宅のインテリアに合わせて選んでいただける多彩なラインアップを揃えました。

メタル蒸着フィルムを使用したシルキーブラウン 鋼板ドアのFCシリーズ


7.その他の便利な機能(FM/FV/FCシリーズ)

・ecoモード:

当社独自の冷却システム(W−ツイン冷却)、断熱技術(高性能真空断熱材)、制御技術により、高い省エネ性能を実現しています。さらに、節電サポート機能「節電」、「おでかけ」により、最大約20%注23の節電が可能です。

・タッチオープン(静電式):

触れるだけでドアをラクに開けることができます。FM/FVシリーズは、手を近づけるとスイッチ部が浮かび上がるように表示されます。

・フロントブライト照明(LED):

冷蔵室のLED照明。天面に加え、ドア側からも庫内を明るく見やすく照らします。

・フリーケース:

どこにでも置ける「フリーケース」と「小物スタンド」、「フリーケース」とセットでも使用可能な「卵スタンド」で、自分の好みで使いやすく庫内を整理することができます。

・たっぷり保湿冷蔵:

うるおいをたっぷり含んだ高湿度約85%注16の低温冷気で、すみずみまで冷却。乾燥しやすい食品の食感やおいしさをしっかり守ります。

・熱もの冷凍:

炊き立てのご飯などを熱いまま冷凍し、おいしさを保ちます。

・野菜そのまま冷凍:

野菜を下ゆでなしで生のまま簡単に冷凍する機能です。

・霜ガード冷凍(可変プレクール):

冷凍室用冷却器の霜取り運転前に冷凍室を冷やし込むことで温度上昇を抑え、−18℃以下を維持します。食品を冷凍焼けや霜つきから守り、おいしさをガードします。

タッチオープン 必要な分量を使えて便利な野菜そのまま冷凍


注1 2006年度GR−W50FS(500L)幅685×奥行698×高さ1,818mmと、新商品GR−J610FV(605L)幅685×奥行745×高さ1,833mmの比較。
注2 試験用負荷の中心温度が室温(20℃)から2℃に達するまでの時間を、2014年度GR−H610FVと新商品GR−J610FVで比較(FM・FVシリーズも同様の性能を有しています)。
注3 ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する)東芝マテリアル(株)の登録商標です。
注4  【試験依頼先】(財)北里環境科学センター、【試験方法】410L試験ボックス内に浮遊菌液を置き、ルネキャット®除菌・脱臭ユニットを作動させ、菌の量の変化を測定、【対象場所】野菜室、冷蔵室、チルドルーム、【試験結果】99%以上の除菌効果を確認。試験結果は、実使用空間の実証結果ではありません。
注5 ルネキャット®除菌・脱臭ユニットの働きにより、ニオイ分子を分解。全てのニオイがとれるわけではありません。
注6 新製品GR−J610FV。
注7 2014年度GR−H610FV。
注8 2014年度GR−G38S。
注9 K値を基に算出。「従来機種チルド」で4%、「ツイン速鮮チルド」で10%劣化抑制となり、従来機種チルドに比べ劣化抑性効果は約2.5倍。K値とは、おもに魚の鮮度を評価する指標です。
注10 イノシン酸の定量分析。「従来機種チルド」で8%、「ツイン速鮮チルド」で31%増となり、従来機種チルドに比べ約4倍旨み成分が増加。
注11 ドリップ量を基に算出。「従来機種チルド」で24%、「ツイン速鮮チルド」で44%増となり、従来機種チルドに比べ約2倍保水性が向上。
注12 せん断力価を基に比較。「従来機種チルド」で6%、「ツイン速鮮チルド」で7%増となり、従来機種チルドと同等の食感を保持。
注13 色調(明度、赤み、黄み)の初期値からの変化を基に算出。「従来機種チルド」で18%、「ツイン速鮮チルド」で32%変色を抑制。従来機種チルドに比べ変色抑性効果は約2倍。
注14 気温や食品の量、扉開閉後、霜取り中及び霜取り終了後など、状況によっては温度が変わることがあります。
注15 運転環境や条件により、回数は増減することがあります。
注16 食品負荷有り時、当社試験結果による。運転状況や食品の量によって異なります。
注17 2011年度GR−E38N。シングル冷却、低温触媒脱臭採用機種。
注18  ブロッコリーを7日間保存した場合の遊離グルタミン酸測定。【測定方法】グルタミン酸自動分析法、【測定結果】ブロッコリー保存7日後、初期値との比較において81.8%アップ。【試験依頼先】(財)日本食品分析センター。全ての野菜のグルタミン酸が上がるわけではありません。実使用状態での試験結果ではありません。
注19 ブロッコリーを4日間保存した場合のビタミンA測定。【測定方法】高速液体クロマトグラフ法、【測定結果】ブロッコリー保存4日後、初期値との比較において11.8%アップ。【試験依頼先】(財)日本食品分析センター。全ての野菜のビタミンAが上がるわけではありません。実使用状態での試験結果ではありません。
注20 当社9年前機種GR−W50FS。
注21 食品のイメージは、当社9年前機種GR−W50FSと新製品GR−J610FVとの食品の収納量の差です。
注22 2015年8月4日現在、国内メーカー家庭用ノンフロン冷凍冷蔵庫において。メタル蒸着フィルムを使用したガラス面材を使用。新製品GR−J610FM/J560FM。
注23 ecoモード通常運転とおでかけ機能との比較。当社試験環境室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態のGR−J610FVにおいて。周囲温度30℃時。ecoモード通常運転:冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定。扉開閉なし。製氷運転あり。おでかけ機能:おでかけ機能設定。1.1kWh⇒0.9kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。「おでかけ機能」効果の測定条件はJIS C9801(2006年)測定基準とは異なります。



新製品の概要

シリーズ FMシリーズ FVシリーズ
形  名 GR−
J610FM
GR−
J560FM
GR−
J610FV
GR−
J560FV
形  態 両開きタイプ(フレンチドア)
定格内容積 605L 555L 605L 555L
  冷 蔵 室 303L 280L 303L 280L
<チルドルーム> < 26L> < 22L> < 26L> < 22L>
野 菜 室 139L 128L 139L 128L
冷 凍 室 163L 147L 163L 147L
<冷凍室下段> < 127L> < 114L> < 127L> < 114L>
外形
寸法
685mm
奥行き 745mm 699mm 745mm 699mm
高さ 1,833mm
ecoモード制御
節電サポート機能 節電、おでかけ
強化処理ガラスドア
タッチオープン ○(静電式)
ネットワーク対応
除菌・脱臭 ルネキャット®
チルド機能 ツイン速鮮チルド
野菜機能 新・霧ベール野菜室
(Ag抗菌野菜ボックス)
新・霧ベール野菜室
冷凍機能 熱もの冷凍、野菜そのまま冷凍、一気製氷
一気冷凍、霜ガード冷凍(可変プレクール)
そ の 他 フロントブライト照明(LED)、全段ガラス棚、卵スタンド、
フリーケース、小物スタンド、仕切り板付き収納ケース
本 体 色 (XT)シルキーブラウン (ZW)クリアシェルホワイト
(ZC)ラピスアイボリー
(ZM)グレインブラウン

ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する)東芝マテリアル株式会社の登録商標です


シリーズ FVシリーズ FCシリーズ
形  名 GR−
J510FV
GR−
J460FV
GR−
J510FC
GR−
J460FC
形  態 両開きタイプ(フレンチドア)
定格内容積 508L 458L 508L 458L
  冷 蔵 室 258L 232L 258L 232L
<チルドルーム> < 20L> < 17L> < 19L> < 15L>
野 菜 室 114L 105L 114L 105L
冷 凍 室 136L 121L 136L 121L
<冷凍室下段> < 105L> < 93L> < 105L> < 93L>
外形
寸法
650mm
奥行き 699mm 649mm 699mm 649mm
高さ 1,833mm
ecoモード制御
節電サポート機能 節電、おでかけ
強化処理ガラスドア
タッチオープン ○(静電式)
ネットワーク対応
除菌・脱臭 ルネキャット®
チルド機能 ツイン速鮮チルド ワイドチルド
野菜機能 新・霧ベール野菜室
冷凍機能 熱もの冷凍、野菜そのまま冷凍、一気製氷、
一気冷凍、霜ガード冷凍(可変プレクール)
そ の 他 フロントブライト照明(LED)、
全段ガラス棚、卵スタンド、
フリーケース、小物スタンド、
仕切り板付き収納ケース
フロントブライト照明(LED)、
全段ガラス棚、卵スタンド、
フリーケース、小物スタンド
本 体 色 (ZW)クリアシェルホワイト
(ZC)ラピスアイボリー
(ZM)グレインブラウン
(WS)シェルホワイト、
(N)レディッシュゴールド


ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する)東芝マテリアル株式会社の登録商標です


シリーズ 片開きタイプ
形  名 GR−
J43GXV
GR−
J43G
形  態 片開きタイプ
定格内容積 426L 426L
  冷 蔵 室 224L 224L
<チルドルーム> < 17L > < 17L >
野 菜 室 93L 93L
冷 凍 室 109L 109L
<冷凍室下段> < 88L > < 88L >
外形
寸法
600mm
奥行き 692mm
高さ 1,833mm 1,816mm
ecoモード制御
節電サポート機能 節電、おでかけ
強化処理ガラスドア
タッチオープン ○(静電式)
ネットワーク対応
除菌・脱臭 ルネキャット®
チルド機能
野菜機能 新鮮湿度野菜室
冷凍機能 熱もの冷凍、野菜そのまま冷凍、
一気製氷、一気冷凍、霜ガード冷凍
(可変プレクール)
そ の 他 フロントブライト照明(LED)
全段ガラス棚
全段ガラス棚
本 体 色 (ZW)クリアシェルホワイト
(ZC)ラピスアイボリー
(S)シルバー
(NP)ピンクゴールド


ルネキャット®は(可視光でも消臭・除菌等の機能を発揮する可視光応答型光触媒に関する)東芝マテリアル株式会社の登録商標です





掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright