東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2015年8月27日
東芝ライフスタイル株式会社

約30秒で高温風が吹き出し、「パワフル気流」ですばやく暖まるエアコンの発売について

当社は、ルームエアコンの新製品として、約30秒注1で高温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」とすばやく暖かさが広がる「パワフル気流」を搭載した「プラズマ空気清浄機能付エアコン DRシリーズ」10機種を11月下旬から発売します。

RAS-B406DR


新製品DRシリーズは、暖房運転開始後約30秒で約40℃の高温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」と、室内機の正面約25m注2(左右約15m注3)まで温風が届く「パワフル気流」により、足もとまですばやく暖めることができます。

また、適用床面積20畳相当注4の家庭用空気清浄機の集じん性能を発揮する新開発の「プラズマ空清」が、部屋を暖めながら空気の汚れを除去します。空気中に浮遊するウイルスを99%抑制注5し、PM2.5を99%除去注6します(家庭用空気清浄機におけるPM2.5に関する日本電機工業会自主基準(HD−128)に適合)。 花粉やカビ・細菌についても99%除去注7します。

さらに、エアコン内部を清潔に保つために、運転停止後にすべて自動で、エアフィルターの清掃、送風路のカビ発生を抑制する乾燥運転、「マジック洗浄熱交換器」の自動洗浄、「プラズマ空清」によるエアコン内部の脱臭と付着菌の減少注8を行います(「プレミアムクリーン」)。加えて、ダストボックスに溜まったエアフィルターのホコリを掃除機で付属のお掃除ノズル注9を使用し、ダストボックスを取り外すことなく吸い出せる「楽ダストボックス」を新搭載しました。

他に、寒冷地向けルームエアコンの新製品として、外気温度−27℃で運転可能な「DRNシリーズ」4機種を9月下旬から発売します。

楽ダストボックスの簡単お掃除





新製品の概要

形 名 本体色 価格 発売時期 月産目標台数
RAS−B225DR (W)グランホワイト オープン 11月下旬 1万台
RAS−B255DR
RAS−B285DR
RAS−B365DR
RAS−B405DR
RAS−B406DR
RAS−B566DR
RAS−B636DR
RAS−B716DR
RAS−B806DR



商品化の背景と狙い

2015年度の国内エアコン需要は、770万台を見込んでいます(当社調べ)。エアコン購入時の重視点は、「省エネ性」、「冷暖房性能」に次いで、「清潔性やお手入れ」が挙げられます(当社調べ)。また、近年、住宅の高気密・高断熱化の進行により暖房機としてエアコンを使用する傾向が高まったことにより、エアコンに求められる暖房性能、省エネ性能も変化しています。当社は、こうした傾向を踏まえ、高い省エネ性、快適性の追求と清潔性、お手入れを向上したルームエアコンを商品化し、発売します。

新製品「DRシリーズ」の主な特長

1.約30秒注1で高温風が出る「秒速ダッシュ暖房」とすばやく暖かさが広がる「パワフル気流」

新製品は、エアコン停止中もエナジーセーブコンプレッサーによる予熱運転により、暖房運転開始後約30秒で約40℃の高温風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」を搭載しています。「秒速ダッシュ暖房」は、1日2回時刻予約が設定可能で使用に合わせ予約時刻から2時間以内ならいつでも対応しています。  また、高性能室内ファンとダブルビッグルーバーによる「パワフル気流」により、室内機の正面約25m注2、左右約15m注3まで温風が届きます。14畳の部屋の床全体の平均温度は約25℃注10、中央部の床上5cmの最高温度は約35℃注11になります。これらにより、エアコン暖房時の不満点として挙げられる、お部屋が暖まるまでの時間と足もとの温度の低さ(当社調べ)に対応しています。

さらに、「人サーチセンサー」との組み合わせにより、快適気流の「風よけ」設定で、暖房の風を直接人に当てない運転もできます。


パワフル気流の到達距離 風よけ設定


2.適用床面積20畳相当注4の家庭用空気清浄機集じん性能を発揮する「プラズマ空清」

新製品は、「プラズマ空清」の集じん部の改良により、空気清浄機の能力を示す日本電機工業会規格(JEM1467)の空気清浄適用床面積は、従来機種注12の16畳から20畳へと集じん性能を向上しました。空気中に浮遊するウイルスを99%抑制注5、家庭用空気清浄機におけるPM2.5に関する日本電機工業会自主基準(HDー128)に適合しPM2.5を99%除去注6し、花粉やカビ・細菌も99%除去注7します。「プラズマ空清」は、暖房・冷房との併用運転だけでなく、空気清浄のみの単独運転としても使えます。また、マジック洗浄熱交換器に付着(帯電)した汚れは、冷房・除湿時に出るドレン水とともに屋外へ自動排水されるので面倒な集じんフィルター等の交換も不要です。さらに、空気の汚れを「空質センサー」で検知して集じん機能を自動制御し、室内機の「エアモニター」(LEDランプ)で、空気の状態(空気が汚れている状態:オレンジ⇒きれいな状態:青)をお知らせします。

空質センサーとエアモニター プラズマ空清とマジック洗浄熱交換器


3.エアコン内部を自動で清潔に保つ「プレミアムクリーン」

運転停止後に、エアコン内部のエアフィルターの清掃、送風路のカビ発生を抑制する乾燥運転を行い、その後、プラズマ空清によるエアコン内部の脱臭と付着菌の減少注8を自動で行います。また、付着した汚れが水で流れ落ちやすい特殊な処理を熱交換器の表面に施した「マジック洗浄熱交換器」により、冷房・除湿時に発生するドレン水により表面に付着した汚れを屋外へ排出します。

さらに、エアフィルターの清掃でダストボックスに溜まったホコリを掃除機で付属のお掃除ノズル注9を使用し簡単に吸い取ることができる「楽ダストボックス」を新搭載しました。部屋のお掃除のついでにダストボックスのお手入れができます。

プレミアムクリーン


4.運転ロスを低減し快適と省エネを制御する「エナジーセーブコンプレッサー」

低負荷時でも高効率運転を可能にした「eco i−savingインバータ制御」を新採用した容量可変方式「エナジーセーブコンプレッサー」により、消費電力45W注13での冷房・暖房運転が可能です。さらに、温度と湿度の変化に応じた省エネ制御により、設定温度付近での断続運転による電力ロスや温湿度変化を抑制する最小能力0.2kW運転(6.3kW〜8.0kWクラスは0.3kW)が可能です。DRシリーズの最小能力は、定格能力の10分の1未満です。1次エネルギー消費量の少ないエアコンとして、低炭素住宅認定プログラム注14においては、一般のエアコンとは別区分の、容量可変型注15として評価されています。

また、扇風機並みの小さい電力45W注13での「節電」運転も選べます。「節電冷房」は、室温よりも約5℃低い涼しい風を届けるため、冷えすぎが気になるおやすみ時、冷房の苦手な女性、お年寄り、乳幼児がいるご家庭におすすめです。「節電暖房」は、少しの間部屋を留守にする時の冷え込み防止、冬の寒い朝の室温低下抑制のためにおやすみ時に運転して使用すると快適です。

エナジーセーブコンプレッサー リモコンによる節電設定


5.電気のムダを省く「ecoモード」

人の位置、活動量を見る「人サーチセンサー」、室内の明るさを判別する「明るさ(日あたり)サーチセンサー」を搭載しています。「ecoモード」時に、センサーが状況を検知して、気流の向きと冷・暖房能力を自動制御し電気のムダを省き注16ます。また、不在節電を設定(不在設定時間を1時間単位で1〜3時間から選択)することで、エアコンを消し忘れて部屋を離れた場合、段階的にエアコンの運転を弱め電気のムダ使いを抑制します(30分以上の不在で最小能力運転にし、その後不在設定時間になると、エアコンは自動で停止)。

人サーチセンサー 不在節電 明るさサーチセンサー


6.東芝HEMS接続注17で、スマートフォンからの遠隔操作も可能

エネルギーの見える化として導入が進んでいるHEMSの標準プロトコルであるECHONET Lite注18に対応しています。東芝HEMSとの接続注17で、スマートフォン注19での運転状態の確認、運転/停止、運転モード設定、温度設定などの操作が外出先から可能です。また、室内が高温になるとメールでお知らせする見守り機能も対応しています。

注釈一覧

注1 RAS−B406DRにおいて、当社試験室にて、外気温2℃、室温10℃、「ダッシュ」あり設定時、予熱1時間後に暖房運転。予熱運転により340W の電力を消費します。使用条件により温風が吹き出す時間は異なります。予熱運転は外気温10℃未満、室温15℃以下の場合に入ります。出荷時は「ダッシュ」設定:なしになっています。
注2 RAS−B406DRにおいて、オープンスペースで測定。風量「パワフル」設定時、左右風向ルーバーは正面スポット位置、上下風向ルーバーは風量最大位置において、エアコン本体から25mの地点に風が到達(風速0.2m/s以上)することを確認(当社調べ)。ルーバーの位置・お部屋の状況により到達距離が25mにならない場合があります。
注3 RAS−B406DRにおいて、オープンスペースで測定。風量「パワフル」設定時、左右風向ルーバーは最大調節可能位置、上下風向ルーバーは風量最大位置において、エアコン本体から15mの地点に風が到達(風速0.2m/s以上)することを確認(当社調べ)。ルーバーの位置・お部屋の状況により到達距離が15mにならない場合があります。
注4 2015年11月下旬から発売予定の新製品DRシリーズ、単相200V機種において、日本電機工業会規格(JEM1467)の空気清浄適用床面積に基づく。単相100V機種は、空気清浄機15畳相当の能力。
注5 ウイルスの抑制効果については、第三者機関による試験方法・試験結果に基づいています。実験用の発生装置を使ったもので製品に同様の効果があることを保証するものではありません。また設置した部屋の環境や使用状況によって異なります。【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m3試験チャンバー(密閉空間)内にウイルス(1種類)を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的にチャンバー(密閉空間)内の浮遊ウイルスを捕集し、ウイルス数を測定。【試験結果】空清運転前に比べ38分で99%減少。【報告書No. 】北生発26_0060号 実使用空間での実証結果ではありません。
注6 PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。このエアコンでは0.1μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。
試験方法:日本電機工業会 自主基準(HD−128)判定基準:0.1〜2.5μm の微小粒子状物質を32m3(約8畳)の密閉空間で99% 除去する時間が90分以内であること。実使用空間での実証結果ではありません。
注7 カビ、細菌、花粉の除去効果については、第三者機関による試験方法・試験結果に基づいています。実験用の発生装置を使ったもので製品に同様の効果があることを保証するものではありません。また設置した部屋の環境や使用状況によって異なります。実使用空間での実証結果ではありません。
カビ:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m3試験チャンバー(密閉空間)内にカビ胞子(1種類)を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的にチャンバー(密閉空間)内の浮遊カビを捕集し、カビ数を測定。
【試験結果】空清運転前に比べ31分で99%減少。【報告書No. 】北生発26_0062号 
細菌:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m3試験チャンバー(密閉空間)内に菌(1種類)を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的にチャンバー(密閉空間)内の浮遊菌を捕集し、菌数を測定【試験結果】
空清運転前に比べ52分で99%減少。【報告書No. 】北生発26_0061号
花粉:【試験機関】 新日本空調(株)【試験方法】60m3評価試験ルーム内に30μmのAPPIE標準粉体を浮遊させ、エアコンを空清運転。経時的に評価試験ルーム内(室内中央・床上120cm)の粉体数を測定【試験結果】 空清運転前に比べ6分で99%減少。
注8 【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】25m3試験チャンバー(密閉空間)内に菌(1種類)を浮遊させ、エアコン内部に菌を付着させるため2時間冷房運転後停止。その後、プラズマ空清ユニット通電運転を行い、運転前後の菌数を測定。【試験結果】プラズマ空清ユニット通電運転前に比べ50分で96%減少【報告書No.】北生発2015_0086号   脱臭については「エアコン内部にあらかじめタバコ集を付着させ、プラズマ空清ユニット通電有無による脱臭効果を確認。(エアコンの吹出口にて、においモニターで測定)通電なしに対し、臭気は20分で92.7%減少(当社調べ)
注9 スティックタイプ、ハンディタイプなど一部の掃除機では、付属のお掃除ノズルが取り付けられない場合があります。
注10 RAS−B406DRにおいて当社環境試験室(14 畳)にて、外気温2℃、室温10℃、設定温度25℃パワフル運転にて「ダッシュ」あり設定時。予熱1時間後に暖房運転。使用条件により到達時間・温度は異なります。
注11 RAS−B406DRにおいて当社環境試験室(14 畳)にて、外気温2℃、室温10℃、設定温度25℃パワフル運転にて「ダッシュ」あり設定時。予熱1時間後に暖房運転。床上5cm中央部の最高温度。使用条件により到達時間・温度は異なります。
注12 2014年度機種RAS−406SDRとの比較。
注13 節電運転時、消費電力45W。RAS−B712DR、B802DR除く。使用条件により設定温度にならない場合があります。「節電冷房」外気温27℃、設定温度「26℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力。「節電暖房」外気温15℃、設定温度「20℃」、風量「自動」で運転。安定運転時の消費電力(ご使用条件により消費電力や室温が変化する場合があります)。
注14 「独立行政法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)」発行の住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラムVer.1.13[平成26年10月10日更新]
注15 容量可変型の名称は、「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」において、圧縮容量を能力に応じて可変する機構を有し、小能力域での効率を高めたコンプレッサーで、またエアコンの最小能力を定格能力の10分の1未満とすることができるコンプレッサーのみ使用することができます。エナジーセーブコンプレッサー搭載SDRは、この容量可変型のうち、「可変気筒方式」として、すでにその小能力域での効率の高さについて実証されています。
注16 RAS−B406DRにおいて当社独自の条件により評価しております。冷房:当社環境試験室14畳間において、通常冷房運転とecoモード運転(風あて時)との比較。居住者がエアコンから右方向に1名位置し、外気温33℃、設定温度26℃、風量自動のときの、安定時1時間の消費電力量比較。通常冷房運転時111Wh、ecoモード運転(風あて時)82Wh。暖房:当社環境試験室14畳間において、通常暖房運転とecoモード運転(風あて時)との比較。居住者がエアコンから右方向に1名位置し、外気温7℃、設定温度23℃、風量自動のときの、安定時1時間の消費電力量比較。通常暖房運転時291Wh、ecoモード運転(風あて時)241Wh。エアコンの設置環境、ご使用条件により効果は異なります。
注17 別売のホームゲートウェイ、エアコン用アダプタが必要。フェミニティ倶楽部に登録し、月額サービス料金が発生します。
注18 ECHONET Liteは、エコーネットコンソーシアムにて2011年7月に策定されたHEMS構築のための通信規格です。
注19 iPhone iOS 7以降対応。外出先からのON/OFF、温度設定のみ可能。



新製品「DRシリーズ」の主な仕様

おもな
畳数
形 名 電 源 冷房定格
能力
暖房定格
能力
使用冷媒
6畳 RAS−B225DR 単相
100V
2.2kW 2.5kW R32
8畳 RAS−B255DR 2.5kW 2.8kW
10畳 RAS−B285DR 2.8kW 3.6kW
12畳 RAS−B365DR 3.6kW 4.2kW
14畳 RAS−B405DR 4.0kW 5.0kW
14畳 RAS−B406DR 単相
200V
4.0kW 5.0kW
18畳 RAS−B566DR 5.6kW 6.7kW
20畳 RAS−B636DR 6.3kW 7.1kW
23畳 RAS−B716DR 7.1kW 8.5kW
26畳 RAS−B806DR 8.0kW 9.5kW



寒冷地モデルDRNシリーズ

寒冷地向けルームエアコンの新製品として、DRシリーズと室内機のデザインが同じで、外気温度−27℃で使用可能な「DRNシリーズ」4機種を9月下旬から発売します。10畳用2.8kWクラスで暖房能力が業界No.1注20、−5℃の外気温でも、吹出し温度が約55℃注21の高温風で、足もとを38℃注22に暖めます。−15℃の外気温でも定格暖房能力を発揮注23し、6時間の連続運転注24が可能です。また、約1分注25で40℃の高温風を吹出す「ダッシュ暖房」、底板凍結防止機能付きで凍結を防止し、−27℃の外気温でも運転が可能です。最小運転能力0.2kW注26で、設定温度到達後でも連続運転するエナジーセーブコンプレッサー、家庭用空気清浄機の適用床面積16畳に相当する集じん性能の「プラズマ空清」搭載(家庭用空気清浄機におけるPM2.5に関する日本電機工業会自主基準(HD−128)に適合)。

RAS-406DR


底板凍結防止機能 ON/OFFを抑えて、室温を下げることなく温かさを維持 暖房最小能力0.2kW



注20 家庭用エアコンにおいてJIS低温時暖房能力8.2kW。2015年8月27日現在。
注21 RAS−406DRNにおいて当社環境試験室(14畳)にて、外気温−5℃・室温8℃・設定温度30℃・風量自動時の吹き出し口付近の最高温度(風量低下率22%)
注22 RAS−406DRNにおいておいて当社環境試験室(14 畳)にて、外気温−5℃、室温8℃、設定温度30℃自動運転にて床上5cm中央部の最高温度。「ダッシュ」あり設定時。予熱1時間後に暖房運転。使用条件により到達時間、温度は異なります。
注23 RAS−286DRN、406DRNの最大能力(ピーク時)。RAS−566DRN、636DRN除く。
注24 RAS−406DRNにおいて、当社環境試験室(14 畳)にて、外気温−15℃、設定温度23℃、風量自動にて高温風運転時。使用条件 により連続暖房運転時間が短くなる場合があります。
注25 RAS−406DRNにおいて、当社試験室にて、外気温2℃、室温10℃、「ダッシュ」あり設定時、予熱1時間後の暖房運転開始後。予熱運転時、最大440Wの電力を消費します。使用条件により温風が吹き出す時間、予熱運転時の消費電力は異なります。
注26 RAS−286DRN,406DRN,566DRNの最小運転能力。RAS−636DRNは最小運転能力0.3kWです。



寒冷地モデル「DRNシリーズ」の概要

形 名 本体色 価 格 発売日 月産目標台数
RAS−286DRN (W)グランホワイト オープン 9月下旬 2千台
RAS−406DRN
RAS−566DRN
RAS−636DRN



新製品「DRシリーズ」の主な仕様

おもな
畳数
形 名 電 源 冷房定格
能力
暖房定格
能力
使用冷媒
10畳 RAS−286DRN 単相
200V
2.8kW 4.0kW R32
14畳 RAS−406DRN 4.0kW 5.0kW
18畳 RAS−566DRN 5.6kW 6.7kW
20畳 RAS−636DRN 6.3kW 7.1kW




掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright