東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2015年10月14日
東芝ライフスタイル株式会社

4Kレグザハイエンドモデル「Z20Xシリーズ」の発売について
−レグザ史上最高の高コントラスト注1、広色域で高画質を実現−

当社は、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、新開発のバックライトと新パネルを配したディスプレイシステムに加え、さらなる4K高画質化を可能にする新開発の映像処理エンジンを搭載した65V型、58V型、50V型の「Z20Xシリーズ」を11月上旬から発売します。

レグザZ20Xシリーズ


新製品は、輝度と色域注2を大幅に向上させたLEDを背面全体に配置した新開発の全面直下LEDバックライトと外光の拡散反射を低減した新パネルを組み合わせた「レグザパワーディスプレイシステム」を搭載するとともに、新開発の映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」を採用し高画質を実現しています。LED光量を緻密に調節するエリアコントロールを搭載し、さらなる輝きと引き締まった黒を実現するとともに、超解像技術などのさまざまな映像復元技術により、精細で色彩豊かなリアリティある映像を再現しています。

また、さらなる高音質を実現するため、性能を強化した「ラビリンスバスレフ型BOXスピーカー」に加え、新たにドームツィーターを搭載した「レグザパワーオーディオシステム」を採用しています。さらに、同時発売のレグザサウンドシステム「RSS‐AZ55」と組み合わせることで、サウンドシステムとテレビのツィーターを同時に再生する新開発の「シンクロドライブ」方式により、厚みのある豊かな高音質が楽しめます。

加えて、放送済みの番組をいつでも好きなときに見られる「タイムシフトマシン」注3と、番組名やジャンル、タレント名などから好きな番組やネット動画をすぐに見つけられる「みるコレ」注4を搭載しています。さらに、リモコンに向かってこれらの言葉を話しかける注5ことで簡単に操作できます。



新製品の概要

商品名 シリーズ 形 名 画面サイズ 価 格 発売日
液晶テレビ
「4Kレグザ」
Z20X 65Z20X 65V型 オープン 11月上旬
58Z20X 58V型
50Z20X 50V型



商品化の背景と狙い

近年、リビングで大画面、高画質な映像を楽しむために、4Kテレビの市場が急速に拡大しています。このような環境の中、東芝はリアリティを追求し感動を最大化することがテレビの本質と考え、ディスプレイ技術や映像エンジンの開発に取り組み、高画質化技術HDR(ハイダイナミックレンジ)もさらに進化させた、レグザ史上最高画質のハイエンドモデル4KレグザZ20Xシリーズを発売します。ミドルモデルのJ20Xシリーズ、スタンダードモデルのG20Xシリーズを合わせた3シリーズで、4Kテレビ市場でのシェア拡大を狙います。



新製品の主な特長

1.新開発レグザパワーディスプレイシステム

(1)高輝度、広色域LEDによる全面直下LEDバックライト

液晶パネルの背面全体にLEDバックライトを配置した「全面直下型LED」に、新開発の高輝度、広色域LEDを採用することにより輝度と色域注2を大幅に向上しました。

(2)「ハイコントラストブラックパネル」

外光と映像の拡散光を低減させた新開発のパネルによって、HDR映像表示に必要な明暗のコントラストとフォーカス感が向上しました。

パネル断面図の比較


2.新高画質エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」

超解像技術をはじめとするさまざまな画像復元技術を搭載し、レグザパワーディスプレイシステムとの相乗効果によって、質感・立体感・精細感を高め、HDR映像にふさわしい高画質を実現しました。

4KレグザエンジンHDR PRO


(1)「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」

全面直下LEDの点灯時間と駆動電流を複合制御する技術を新たに開発し、輝度のダイナミックレンジを拡大しました。従来よりもさらにきめ細かくエリアごとのバックライトを制御することで、ピーク輝度の高さと黒の締まりを両立し、高コントラストを実現しています。

出力映像 全面直下LEDバックライト制御


(2)「アドバンスドHDR復元プロ」

カメラ撮影時に圧縮される高輝度映像を、新アルゴリズムを用いて輝度ヒストグラムから圧縮特性を高精度に推定して復元することにより、映像の立体感、精細感、色彩をリアルに再現します。

照りつける日差しや日の光を浴びる物体の輝きを再現


(3)「4K広色域復元プロ」

ハイビジョン方式スタジオ規格により圧縮された色域を復元して色表現領域を拡大することで、自然で豊かな色を再現します。拡大したパネルの色域を活用し、色表現領域がさらに拡大しました。6144項目のデータベースを参照し、64もの色軸による高精度な色空間変換を行うほか、新たに低彩度の色の補正機能を強化し、淡い色の繊細なニュアンスなど、オリジナルに近い自然な色を再現します。

(4)「4KマスターリファインPRO」

精細でクリアな映像を再現するため、動いているシーンのノイズ低減処理を強化するとともに、画面の部分ごとのノイズ量に応じて複数フレーム超解像処理とノイズ低減処理を適切に組み合わせた、「ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像」を搭載しました。また、さまざまな角度の斜めエッジに対応した「マルチアングル自己合同性超解像」により、特にアニメやゲームなどの映像や字幕の斜めエッジをよりなめらかにします。さらにエッジ周辺に発生しがちなモスキートノイズを抑える「絵柄構造適応型MPEG-NR」でクリアな映像を実現します。特にいつも見ている地上デジタル・BSデジタル放送、ブルーレイソフトがよりクリアな映像で楽しめます。

字幕などの斜め線もなめらかに再現


(5)HDMI®のHDRフォーマット入力対応

新しくHDMI®で規格化された「HDRフォーマット」(Ultra HD Blu-ray™の4K-60PのHDR信号(4:2:2 12bit/HDCP2.2対応)に対応しているため、従来のテレビでは表現できなかった明るさと暗さの幅を持つHDRフォーマットの映像信号を再現可能になります。高輝度、広色域全面直下LEDとの相乗効果で「リアリティ」、「立体感」、「精細感」が大幅に向上した美しい高画質映像を再現します。



3.「レグザパワーオーディオシステム」

耐入力向上と低歪化した「ラビリンスバスレフ型BOXスピーカー」に加え、テレビ前面のスリットに新開発のドームツィーターを搭載しました。さらに効率的にピークパワーを供給する新開発のスマートパワーオプティマイザーを採用したマルチアンプにより、総合出力46Wを実現し、優れた高域再生と、ダイナミックレンジの広いクリアな音質が楽しめます。

前面放射型ドームツィーター ラビリンスバスレフ型BOXスピーカー


さらに、別売りのレグザサウンドシステム「RSS‐AZ55」とテレビ本体のドームツィーターから同時に音声を出すシンクロドライブ方式を新たに開発し、より厚みのある豊かな高音質が楽しめます。

シンクロドライブイメージ


4.「タイムシフトマシン」注3

放送済みの番組をいつでも好きなときに見られる「タイムシフトマシン」に対応しており、利便性、快適性が向上しています。

・「始めにジャンプ」注6

放送中の番組を、ボタン1つで番組の冒頭から楽しむことができます。

・「過去番組表」

放送済みの番組を一覧で表示する過去番組表から見たい番組を簡単に選んで見られます。

・「新ざんまいスマートアクセス」注7

ジャンルごとに並んだ放送済みの番組のリストから、見たい番組を選べます。また、レグザクラウドサービス「TimeOn」やYouTube™注8なども選べます。

・「ボイス機能」注5

リモコンに番組名などを話しかけることにより、簡単に見たい番組を探すことができます。

始めにジャンプ 過去番組表 新ざんまいスマートアクセス ボイス機能



5.レグザクラウドサービス「TimeOn」「みるコレ」サービス注4

“好きなタレント”、“恋愛ドラマ”、“おすすめアニメ”、“特定スポーツチーム”など、興味のあるテーマに関連したコンテンツ情報をまとめた「みるコレ パック」から、録画番組注9の再生やシーン再生、YouTube™の再生注8、録画予約をすることができます。さらに、興味のあるテーマに対しておまかせ録画を設定すれば、関連する番組を自動で録画予約できます。また、リモコンに番組名、ジャンル、人物名などを話しかける注5ことにより、「みるコレ パック」や録画番組、シーンなどを横断的に検索できます。

みるコレサービス 画面


6.4K放送や4K配信サービスに対応注10

「スカパー!プレミアムサービス」チューナーを内蔵しています。「Channel 4K」や「スカパー!プレミアムサービス」の4K専門チャンネルの番組を4K画質で録画することも可能です。また、「Netflix」、「ひかりTV4K」、「4Kアクトビラ」など、さまざまな4Kのネット配信サービスに対応しています。


7.「SeeQVault」対応注11

「SeeQVault」対応にソフトウェアアップデート注12することで、SeeQVault対応USBハードディスクやSDメモリーカードに録画した番組を、SeeQVault対応のレグザやレグザブルーレイに接続して視聴できます。将来テレビを買い替えるときも、録画した番組をSeeQVault対応のレグザで、引き続き楽しめます。


8.「4Kゲーム・ターボ プラス」

ゲームに必要な高画質処理を行いつつ画像処理時間を短縮し、約0.6フレーム注13の低遅延を実現しました。格闘ゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできます。さらに1080p 120Hz入力にも対応し、約0.05フレームの低遅延を実現しました。


9.デザイン

四辺とも同じ幅のナローフレーム(狭額縁)と高い質感のリアルメタルスタンドを採用し、省スペースでデザイン性の高い引き締まったフォルムを実現しました。

ブラックとクロームのコントラストによる上質感 薄さ、細さを追求した簡潔な美


10.環境への配慮

電子・電気部品に鉛フリーはんだを使用するなど、EUのRoHS指令注14、およびJ−Moss注15に適合する対応をしています。



新レグザサウンドシステム「RSS-AZ55」の発売について

レグザZ20Xシリーズと組み合わせることで、テレビと同時に音声が出るシンクロドライブ方式対応のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」を11月上旬から発売します。

レグザサウンドシステム RSS‐AZ55


新製品レグザサウンドシステムは、高域特性を改善した新開発フルレンジスピーカーを搭載したサテライトスピーカーとバスレフ型サブウーファーを、総合出力80W注16のマルチアンプで駆動することで、厚みのある豊かな高音質を実現します。 また、テレビの後方のスペースに設置することでテレビ前面がすっきりし、レグザのリモコンで手軽に操作注17もできます。 さらに、番組のジャンル情報でサウンドモードを自動調整する「オート」モード注18も搭載し、映画や音楽などそれぞれのコンテンツに適したサウンドで楽しめます。



商品名 形 名 価 格 発売日
レグザサウンドシステム RSS‐AZ55 オープン 11月上旬


詳細は商品紹介ページ http://www.toshiba.co.jp/regza/ をご覧ください。


注1 コントラスト比約15倍(当社2014年発売モデルZ9Xシリーズとの比較)
注2 スーパーハイビジョン規格ITU-R BT.2020の色域を約80%カバー。当社2014年発売モデルZ9Xシリーズと比較して色表現領域が約70%向上。
注3 別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクが必要です。タイムシフトマシン機能を用いてお客様自身が設定して録画した一時保管中の番組に限ります。
注4 「みるコレ」についての詳細はレグザクラウドサービス「TimeOn」ページ[http://www.timeon.jp/]をご覧ください。
注5 ご利用には別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクおよびインターネットへの接続環境が必要です。お買い上げ後にソフトウエアの更新が必要な場合があります。なお、本機能の注意事項については、Z20Xのざんまいスマートアクセスのボイス機能に関するご注意[http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/z20x/recording.html#zanmai_info]をご覧ください。
注6 本機能は、タイムシフトマシンで録画中の番組に対してのみ動作します。
注7 別売の「タイムシフトマシン」対応USBハードディスクが必要です。また、「タイムシフトマシン」及び「タイムシフトリンク」で接続された機器で録画した番組のみが対象となります。
注8 選択するジャンルや人名などのキーワードによって、シーン再生の有無など表示される内容は異なります。
注9 対象となる録画番組はタイムシフトマシンで録画した番組と通常録画番組です。USBハードディスク接続時に対応しています。
注10 4K試験放送の「Channel 4K」や「スカパー!プレミアムサービス」の4K放送の録画については、2015年内にソフトウェアアップデートで対応予定です。くわしくは当社ホームページ[http://www.toshiba.co.jp/regza]をご覧ください。なお、サービス側の指定による録画禁止コンテンツの録画はできません。また、「ひかりTV」ビデオサービスとテレビサービス、「ひかりTV4K」ビデオサービスは2015年11月、「ひかりTV4K」テレビサービスと「4Kアクトビラ」は2015年内にそれぞれソフトウェアアップデートで対応予定です。視聴にあたっては、それぞれのサービスとの契約やインターネット接続などが必要になります。「Netflix」のサービスの詳細については、Webページの[NETFLIX.JP]をご覧ください。
注11 対象はSeeQVault対応の東芝のテレビやレコーダー、PCであり、他社機器への動作を保証するものではありません。番組は通常録画番組として録画されますので、SeeQVault形式へ変換する必要があります。4Kコンテンツは、SeeQVault形式の番組に変換できません。SeeQVault対応機器について、くわしくは当社ホームページ[http://www.toshiba.co.jp/regza]をご覧ください。
注12 ソフトウェアアップデートで2016年春に対応予定です。
注13 HDMI® 1920×1080 60Hz, 2560×1440 60Hz, 3840×2160 60Hz, 4096×2160 60Hz入力時の映像遅延
注14 RoHS: Restriction of the use of certain Hazardous Substances EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
注15 J-Moss(日本工業規格JIS C0950)について JIS C 0950:電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法
注16 総合出力(非同時駆動)。音声出力表示はJEITAで定めた測定法に基づいて測定したものです。JEITAとは社団法人電子情報技術産業協会のこと。
注17 対応するレグザとHDMI®ケーブル(市販品)で接続する必要があります。
【動作確認済み機種】 Z20Xシリーズ/G20Xシリーズ/J20Xシリーズ/Z10Xシリーズ/Z9Xシリーズ/J9X/Z8シリーズ/Z8Xシリーズ/J8シリーズ/G9シリーズ/Z7シリーズ/J7シリーズ/S10シリーズ/S8シリーズ(2015年10月現在)
注18 対応するレグザとHDMI®ケーブル(市販品)で接続する必要があります。
【動作確認済み機種】 Z20Xシリーズ/G20Xシリーズ/J20Xシリーズ/ Z10Xシリーズ/Z9Xシリーズ/J9X/Z8シリーズ/Z8Xシリーズ/J8シリーズ/G9シリーズ/Z7シリーズ/J7シリーズ(2015年10月現在)


添付資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader® が必要です。ダウンロードしてご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロード


Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray™は、Blu-ray Disc Associationの商標です。HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の商標です。SeeQVaultは、NSM Initiatives LLCの商標です。その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。




掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright