東芝ライフスタイル株式会社

お問い合わせ

トップページ > ニュース&トピックス

プレスリリース

2015年10月15日
東芝ライフスタイル株式会社

画像・説明入りのビジュアル過去番組表採用のブルーレイディスクレコーダーの発売について
−業界初注1、録画中の追っかけ再生にも対応した「おでかけいつでも視聴」機能を搭載注2

当社は、ブルーレイディスクレコーダーの新製品として、指定した3チャンネルの番組をまるごと録画、視聴できるタイムシフトマシン注3を搭載した「レグザサーバー DBR-T670」を11月下旬に発売予定です。

レグザサーバー DBR-T670


新製品は、大画面化が進む液晶テレビに合わせGUI(グラフィカルユーザインターフェース)を一新し、快適な操作性を実現しました。また、番組名・出演者などの文字情報に加えて、番組の画像を見ながら番組を選べる「ビジュアル過去番組表注4」を新たに採用したことにより、番組を探す楽しさがさらに広がります。また、録画番組をスマートフォンやタブレットで視聴できる「おでかけいつでも視聴」機能を向上し、従来は番組の録画が終わるまで外出先で視聴ができなかった番組が、放送中でも最初から視聴できるようになりました。外出先で、スポーツ中継などをすぐに最初から楽しみたいときに便利です注5

ビジュアル過去番組表


さらに、ドラマやスポーツなど、ジャンルごとに並んだ番組リストから見たい番組を選べる「ざんまいプレイ」の使いやすさを高めました。タイムシフトマシン録画された番組に加えて、新たに録画(保存)番組、ネットワークで連携した他のレグザやレグザサーバーのタイムシフト録画番組からも選択できるようになりました注3。加えて、SeeQVault 対応USBハードディスクへのバックアップ機能を向上させ、録画した番組の整理や保管、引っ越しがより簡単にできるようになりました。

また、当社はタイムシフトマシン機能なしの「レグザブルーレイ DBR−T660/T650」と、2番組を同時に録画できる「レグザブルーレイ DBR−Z620/Z610」、DVDソフトの標準映像をより高精細・高画質に再生できる薄型ブルーレイディスクプレーヤー「DBP-S600」を11月上旬以降順次発売予定です。



新製品の概要

商品名 形 名 内蔵HDD 価格 発売予定
レグザサーバー DBR-T670 3TB(タイムシフト
マシン用に2,625GB
まで使用可能)
オープン 11月下旬
レグザブルーレイ DBR-T660/T650 2TB/1TB 11月上旬
DBR-Z620/Z610 1TB/500GB
ブルーレイディスクプレーヤー DBP-S600 11月中旬



新製品の主な特長(レグザサーバー・レグザブルーレイ)

1.画像が加わり、より番組探しが楽しくなったビジュアル過去番組表(DBR-T670のみ)

新製品DBR-T670は、番組名・出演者などの文字情報に加えて、画像を見ながら番組を選べる「ビジュアル過去番組表注4」を新たに採用したことにより、番組を探す楽しさをさらに味わっていただけます。従来の番組表と切り替えて表示できます。


2.一画面で8時間分を表示する番組表

従来は、6時間まで表示していた番組表を8時間の表示に変更しました。一画面で確認できる番組の数が約3割増え、操作時の反応スピードも早くなり、さらに使いやすくなります。


3.ジャンル別のリストから選べる「ざんまいプレイ」

新製品は、ドラマやスポーツなど、ジャンルごとに並んだ番組リストから見たい番組を選べる「ざんまいプレイ」に対応しており、おまかせ自動録画などで録画番組数が増えても、より快適に番組を探せます。また、DBR-T670は、ネットワークで連携した他の液晶テレビレグザやレグザサーバーに録画されているタイムシフト録画番組からも選択できるので、楽しめる番組の幅が広がります注3


4.業界初注1、録画中の追っかけ再生が可能な「おでかけいつでも視聴」

録画が完全に終了するまで視聴できなかった録画中の番組の視聴が、新製品は、放送を録画中でも視聴可能です注5。スポーツなど一刻も早く見たい番組の再生、放送中でも初めから再生して視聴したい時などに便利です。もちろん、外出先でリアルタイムの視聴も可能です注6


5.SeeQVault対応USBハードディスクのバックアップ機能を向上、より使いやすく

従来の「全番組バックアップ」機能に加えて、バックアップしていない番組だけをバックアップできる機能が加わり、録画した番組の整理や保管、引っ越しがより簡単にできるようになりました。


6.4Kアップコンバート機能に対応

ブルーレイディスク映像の4K(画素数は3840×2160)アップコンバート出力に対応しました。4K対応テレビとの組み合わせで普段見慣れたコンテンツもより高画質で楽しめます注7


7.さらにきめ細かな編集が可能に

フレーム毎の編集はもちろん、1フレーム後でもチャプター分割が可能になりました。プレイリスト編集と組み合わせることでよりきめ細かい編集が可能です。


8.「タイムシフトマシン」録画番組の保存機能が進化(DBR-T670のみ)

再生中でも保存ができることはもちろん、番組表からも連ドラの保存予約が可能になりました。保存予約できる件数も増え、タイムシフトマシンを活用した録画ライフがより充実します。


9.接続設定がかんたんな無線LAN内蔵(DBR-Z610を除く)

はじめての設定をわかりやすくリニューアルしました。また、無線LANを内蔵し、LAN接続がかんたんになりました。


10.録画した番組を手軽に転送できるTransferJet™アダプタ注8に対応(DBR-T670のみ)

専用のTransferJet™アダプタへ録画された番組を転送できます。転送後、対応のスマートフォン注9を専用のTransferJet™アダプタにかざすだけで、手軽に番組を転送することができます。



各機能の機種別対応表

形 名 DBR-T670 DBR-T660/T650 DBR-Z620/Z610
タイムシフトマシン
ビジュアル過去番組表
ざんまいプレイ 注10
新GUI(8時間番組表など)
4Kアップコンバート
録画中の追っかけ再生
(おでかけいつでも視聴)
編集機能強化
無線LAN内蔵
(Z610はオプション)
TransferJet™アダプタ注8対応


新製品の主な特長(ブルーレイディスクプレーヤー) 

新製品DBP-S600は、DVDソフトなどの映像をより精細感の高い画質に補正し、高画質で楽しめるXDE機能を搭載しています注11。また、1080/24p出力対応で、ブルーレイディスクを映画本来の動きで楽しめます。さらに、本機をつないだ別室にあるテレビからリビングのレグザにタイムシフト録画された番組を過去番組表形式から選んで楽しめます注12。今回新たに、リビングのレグザでユーザー好みに分類された番組を、本機をつないだ別室にあるテレビにリスト表示して楽しめるようになりました注13

新製品DBP-S60



注1 2015年10月15日現在、国内で販売されるブルーレイディスクレコーダーにおいて、録画中の番組を、事前に対応アプリをインストールしたスマートフォン、タブレット、PCなどの情報端末を用いて、最初から視聴できる機能を業界で初めて搭載しました。(東芝ライフスタイル調べ)。
注2 おでかけいつでも視聴は、一般社団法人 次世代放送推進フォーラムの「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件」に準拠しています。この機能を使用するには、事前に対応アプリをインストールしたスマートフォン、タブレット、PCなどの情報端末と本機をホームネットワーク内でペアリングしておく必要があります。端末とのペアリングは最大6台まで。ペアリングの有効期間は3カ月となります。再度ペアリングを実施すれば有効期間は更新されます。スマートフォン、タブレット用には、本機の「おでかけいつでも視聴」に対応した市販品のアプリが必要です。また、インターネットプロバイダーや回線事業者との契約・使用料が別途必要です。インターネットプロバイダーまたは回線事業者が採用している接続の方式や契約の約款、通信環境によってはご利用いただけない場合があります。ご利用のインターネット接続環境によりご利用いただけない場合があります。推奨環境はこちら(http://www.dixim.net)にてご確認ください。ご使用の環境、電波状況、ネットワーク速度などにより、映像や音声が途切れたり、正常に視聴できないことがあります。
注3 「タイムシフトマシン」を使用するには、お客様が初期設定しておく必要があります。「タイムシフト マシン」のシステムメンテナンス用に設定した24 時間のうち1 時間は、録画が一時中断されます。「タイムシフトマシン」用ハードディスクの空き容量が少なくなると、一時保管されている古い番組から自動的に削除されます。
注4 タイムシフトマシン機能や録画機能を用いてお客様自身が設定して録画した一時保管中の番組に限ります。
注5 宅内でのブルーレイレコーダーの稼働状況や通信環境などにより配信までの時間が異なります。
注6 放送局によってはリアルタイム視聴できないチャンネルがあります。通常録画用のチューナーが一つ必要になります。3チャンネルタイムシフト録画中や通常録画中で空きチューナーがない場合はリアルタイム視聴できません。また、リアルタイム視聴は実際の放送から数秒遅れでの視聴となります。
注7 4Kにアップコンバートできる映像は1080/24pで記録された市販のブルーレイディスクのみとなります。4K映像の視聴には、4K対応テレビ(別売)とHDMI®ケーブル(High Speed対応)での接続が必要です。
注8 下記の機器に対応予定です。詳しくは各社のホームページをご参照ください。
TransferJet™アダプタ
ブランド : 株式会社バッファロー
製品名称 : SeeQVault対応TransferJet™アダプター
製品型名 : BSCRTQ01/V
発売日 : 11月下旬予定
注9 下記の機器に対応予定です。詳しくは各社のホームページをご参照ください。
スマートフォン
ブランド : 富士通株式会社(NTTドコモ向け)
製品名称 : スマートフォン
製品型名 : F-02H
発売日 : 11月下旬予定
注10 DBR-T670は、タイムシフトリンク機器の過去番組、本機の過去番組、本機の録画(保存)番組に対応。DBR-T660/T650/Z620/Z610は、本機の録画番組のみに対応。
注11 ハイビジョン画質(1080/24p)の映像など再生している映像の解像度や本機に接続している機器の HDMI®出力解像度によっては、効果がないことがあります。
注12 家庭内ネットワークで「タイムシフトマシン」対応のレグザやレグザサーバーと接続する必要があります。無線LANを使用するためには別売の無線LANアダプター(D-WL1)およびアクセスポイントが必要です。
注13 本機能についての対応機種や詳細については、商品紹介ページ
http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/ をご覧ください。



Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、Blu-ray™ (ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。
SeeQVaultは、NSM Initiatives LLCの商標です。TransferJetは、ソニー株式会社の商標です。HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。




掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社個人情報保護方針

Copyright