Toshiba本文へジャンプ

東芝ホームテクノ株式会社

メニュー

お知らせ

2015-12-24
東芝ホームテクノ株式会社

自動調理300メニューを「カラー&タッチ液晶」で選べるオーブンレンジ「石窯ドーム」の発売について

-間口幅39㎝の広い庫内とお手入れしやすいフラットな庫内底面-

 当社は、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、「石窯ドーム」ER-ND200を2016年1月下旬から発売します。

ER-ND200の画像

 新製品は、総庫内容量注130L未満のオーブンレンジでは最多注2となる300の自動メニューを採用し、新搭載の4.3インチ「カラー&タッチ液晶」で簡単に選んで調理できます。そのため、料理が初めての方も、料理のレパートリーを増やしたい方も料理画像を見ながらメニューを選べる上、面倒な時間、温度の設定をせずメニューを決めるだけで調理を開始できます。

 また、総庫内容量注126Lで、間口幅39㎝の広い庫内に、お手入れしやすいフラットな庫内底面を採用した「ワイド&フラット」構造です。さらに、石窯のように高温ですばやく表面を焼き上げうまみを閉じ込められるよう、湾曲した庫内天井の「石窯ドーム構造」、オーブン温度270℃注3を採用しています。加えて、清掃の手間が減らせるように、天井ヒーターを埋め込み式にしました。さらに、庫内は、微細な粒子のセラミックコーティング(とれちゃうコート)により、調味料汚れ、油脂汚れなどを簡単に落とすこともできます。

「カラー&タッチ液晶」、「毎日」の画面(トップ画面)、メニュー画面例(鶏のから揚げ)

新製品の概要

新製品の概要
形名 総庫内容量 価格 発売時期 目標月産台数
ER-ND200 26L (W)グランホワイト オープン 1月下旬 1,000台

開発の背景と狙い

 2015年度のオーブンレンジの国内需要は、出荷台数で約270万台を見込んでいます(当社調べ)。昨今、核家族化、共働き夫婦の増加に伴い、家族構成は、単身世帯、2人世帯が著しく増加する傾向にあります。加えて、ライフスタイルにゆとりを求める、リッチシングル、DINKS、アクティブなシニア層などのユーザが徐々に増えています。当社は、こうした傾向を踏まえ、ライフスタイルにゆとりを求める方々が今後、料理に挑戦する機会、あるいは料理好きな方がレパートリーを増やす機会を後押しできるよう、十分な容量がありながら、豊富な自動調理メニューが簡単に選べ、省スペースに設置できる高機能なオーブンレンジを商品化し、発売します。

このページのトップへ

新製品の主な特長

1.300の自動メニューが選べる「カラー&タッチ液晶」

 新製品は、新搭載の4.3インチの「カラー&タッチ液晶」で、調理、設定、お手入れが簡単に選べます。トップ画面は、「毎日使うあたため機能」、「手動調理」、「300メニューが選べる自動調理」「おすすめの調理」、「設定やお手入れ」の5画面です。約6㎜の文字高さを標準文字サイズとし、横長の画面に、横幅70×高さ35㎜の大きな料理画像を表示できます。メニューの選択は、料理画像を見ながら、メニューを決めて開始すれば、面倒な時間、温度の設定はすべてお任せで調理できます。

「自動」の画面(トップ画面)、「おすすめ」の画面(トップ画面)

 自動メニューは、「料理のカテゴリー」、「食材」、「メニュー番号」、「50音」から選択できるほか、石窯メニュー、ノンフライといった「おすすめ」からも選択できます。自動調理300メニューは、お惣菜173メニュー、パン60メニュー、スイーツ67メニューの合計で、その中には、ノンフライメニュー10、手軽に短時間で調理できるお手軽メニュー65、料理教室のABCクッキングスタジオと共同開発した12メニューが含まれています。

2.270℃の高温で焼き上げるオーブン調理

湾曲天井の「石窯ドーム構造」

 新製品は、湾曲天井の「石窯ドーム構造」に、湾曲した埋め込み式天井ヒーターを使用しています。当社「石窯ドーム」シリーズ中、オーブン温度が上下ヒーター構造では最高の270℃注3です。ヒーターが湾曲しているため、熱が食品側に集まり、壁面側に熱が逃げにくくなることで、食品を効率的に加熱できます。また、セラミックコーティングの庫内壁面から発生する遠赤外線が、食材を包み込むように焼き上げます。  (「庫内まるごと遠赤注4」)。

 270℃注3の高温で石窯のように、すばやく表面を焼き上げ、旨みや水分を逃さず閉じ込めて焼き上げることで、「クリスピーピザ」、「鶏もも肉のロースト」、「焼きいも」、「焼きおにぎり」等を上手に調理できます。

「天井湾曲ヒーター」(イメージ)、270℃調理例「クリスピーピザ」

3.幅広いレンジ機能

 レンジ加熱時に、スイングする動きで庫内をくまなく確認する赤外線センサーで、食品の表面温度を検知しながら温めます。あたため温度を-10℃から90℃まで5℃刻みで設定できるため、食材に応じた温めができ、湯煎の代用にもなります(「お好み温度」)。

4.生活シーンに合わせて選べる「3つの解凍」

 ひき肉をほぐす、薄切り肉がはがせる状態で解凍する「スチーム全解凍」、包丁で切りやすく調理しやすいかたさまでスピーディーに解凍する「お急ぎ全解凍」、包丁が入りやすく、中が少し凍った状態に仕上げ、食卓に出す頃に食べごろになるように解凍する「さしみ(半解凍)」の「3つの解凍」機能をニーズに合わせて選べます。

「スチーム全解凍」、「お急ぎ全解凍」、「3つの解凍」、「さしみ(半解凍)」

5.間口39㎝のワイドな庫内&省スペース設置

 庫内の間口は、幅39㎝と食品の出し入れがしやすく、庫内中央は、20.5㎝の高さがあります。庫内底面は、お手入れしやすいフラット構造です。設置は、左右を合計6㎝、上方を10㎝開けるだけで、本体背面をぴったりと壁につけて設置できる省スペース設計です。

ワイド&フラット」構造、「省スペース」設置

6.お手入れが簡単な「とれちゃうコート」

 庫内(扉部と底面を除く)と角皿は、微細な粒子のセラミックコーティング(「とれちゃうコート」)により、調理後に付いた調味料汚れ、油脂汚れなどを簡単に落とすことができます。さらに、スチームで汚れを浮かす機能(「手間なしお手入れ」オート)もあります。角皿もコーティングにより、オーブンシートなしでも食材がこびりつきにくくなっています。

7.環境への配慮

 新製品は、待機時の消費電力はゼロで、省エネ基準達成率は100%注5です。また、電子ユニットの基板には鉛はんだを一切使用しないなど、環境に有害な物質の使用を控え、J-Moss注6対応しています。省エネのため、調理終了後、扉を開けてから2分後に自動で電源が切れる「オートパワーOFF」の機能を採用しています。

注1
総庫内容量とは、JISの規定に基づいて算出された容量です。
注2
2015年12月24日現在 国内家庭用100Vオーブンレンジ総庫内容量30L未満において
注3
270℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。過熱水蒸気で設定できる温度は250℃までです。また、設定温度が220~260℃のときは予熱温度は210℃になり、設定温度が270℃のときの予熱温度は250℃になります。
注4
扉部を除く
注5
省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です。区分名も同法に基づいています。
注6
J-Moss(日本工業規格JIS C0950)について JIS C 0950 :電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法

このページのトップへ

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
商品名 過熱水蒸気オーブンレンジ
形名 ER-ND200
(W)グランホワイト
レンジ 消費電力 1430W
高周波出力 1000W注7/600W・500W連続/
200W相当/100W相当
オーブン 方式 上下ヒーター方式
消費電力 1340W
ヒーター出力 1300W
温度調節範囲 発酵(30、35、40 、45℃)
オーブン(100~270℃)注3
過熱水蒸気調理 100~250℃注3
グリルヒーター出力 1040W
スチームヒーター出力 350W
外形寸法 幅480×奥行395×高さ350mm
庫内有効寸法 幅376×奥行320×高さ213mm
総庫内容量注1 26L
質量 約16㎏
省エネ達成率注5 100%
年間消費電力量注5 70.4kWh/年
区分注5
注7
定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(約3分間)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝生活家電ご相談センター(受付時間 9:00~20:00 365日)
0120-1048-76(フリーダイヤル 通話料:無料)
※フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話・PHSなどからのご利用 0570-0570-33(通話料:有料)

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ