Toshiba本文へジャンプ

東芝ホームテクノ株式会社

メニュー

お知らせ

2016-3-24
東芝ホームテクノ株式会社

静かな運転音のプレミアムIH調理器の発売について

-業界トップクラス注1の高火力で沸騰が早く、高さを低く抑えて鍋から取り出しやすい薄型タイプ-

 当社は、IH調理器の新製品として、MR-Z30Jを2016年4月下旬から発売します。

MR-Z30Jの画像

 新製品は、IH調理器の当社従来機種注2より14dB低い運転音(「静音34dB注3」)です。また、業界トップクラス注1の高火力(「ハイパワー1420W」)で、本体の高さも業界トップクラス注1の薄さで従来機種注2比で約2/3に抑えました(「薄型39㎜」)。これらの3つの特長により、食事中の会話やテレビの音声をさえぎりにくい静かな運転音で調理でき、すばやい加熱注4により約1Lの水を従来機種注2比で約40秒早く沸騰注5できます。さらに、本体を低くすることで、鍋などの中の料理が見やすく取り出しやすくなっています。「静音化」は、従来の大型冷却ファン1機を小型静音冷却ファン2機に替えたことで、「薄型化」は、冷却ファンの配置変更により実現しました。

 本体は、黒を基調として、操作部をサテンゴールドで配色した高級感のあるデザインに仕上げており、さらにトッププレートも当社従来機種注2よりも広くしたため、鍋の安定感が増して、使いやすくなりました。

注1
日本国内で発売されている家庭用卓上IH調理器100Vにおいて、2016年3月24日現在
注2
当社13年度機種MR-F20
注3
火力最大での運転時(運転音は日本電機工業会自主基準に基づく測定方法により、当社実測(当社標準鍋を使用)。)
注4
鍋の種類によっては加熱が弱くなることもあります。
注5
水1Lの100℃に達する時間を比較(初期温度26℃)。当社13年度機種MR-F20(1300W):6分27秒、新製品MR-Z30J(1420W):5分49秒、蓋使用時。使用する鍋により異なります。
注6
厚さ(高さ)の比較。当社13年度機種MR-F20:59㎜、新製品MR-Z30J:39㎜

このページのトップへ

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
形  名 MR-Z30J
本 体 色 (K)ブラック
発 売 日 2016年4月下旬
消費電力 1420W
加熱方式 IH
火力調整 60W相当~1420W(7段階)
電源コードの長さ 2.0m
タイマー 1分~9時間55分
調理コース 加熱・揚げ物・煮込み・保温
対応鍋サイズ 直径12㎝-26㎝
運転音 最大火力時34dB注3
外形寸法 幅320㎜×奥行355㎜×高さ39㎜
本体質量 約3.1kg(電源コードも含む)

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝生活家電ご相談センター(受付時間 9:00~20:00 365日)
0120-1048-76(フリーダイヤル 通話料:無料)
※フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話・PHSなどからのご利用 0570-0570-33(通話料:有料)

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ