Toshiba本文へジャンプ

東芝ホームテクノ株式会社

メニュー

お知らせ

2017-4-26
東芝ホームテクノ株式会社

圧力と真空の「合わせ炊き」でお米を芯から旨くするIHジャー炊飯器の発売について

 東芝ホームテクノ株式会社は、IHジャー炊飯器の新製品として「真空圧力IHジャー炊飯器」RC-10/18VXLを7月上旬から発売します。

 新製品は、羽釜にならった内釜(「鍛造かまど本丸鉄釜」)で、「真空」技術によりすばやく芯まで水を吸収させたお米を、大火力と炊き方に合わせた「圧力」で炊き上げる「合わせ炊き」により、ごはんの甘みと粘りをしっかり引き出します。
 「圧力可変コントロール」により炊飯時に圧力をかけて高温で加熱し、羽釜の形状にならった釜底60°の「丸み」と釜底5㎜の「厚み」を備えた独自の内釜で、大きな熱対流を生み出して炊きムラを抑えます。これに、お米に短時間で芯まで吸水できる「真空αテクノロジー」を加えた「合わせ炊き」で、お米本来の旨さを引き出します。
 また、健康志向の高まりを受け、従来の「雑穀米」コース、「麦ご飯」コースに加え、玄米と白米を混ぜて炊く「白米混合」コースを新採用しました。

 他に、圧力と真空、丸底60°の内釜の「合わせ炊き」、「真空圧力IHジャー炊飯器」RC-10/18VSLを6月中旬から、真空で丸底60°の内釜の「真空IHジャー炊飯器」RC-10/18VRLを6月上旬から発売します。

このページのトップへ

新製品の概要

新製品の概要
形名 容量 方式 本体色 発売日 価格 月産台数
RC-10VXL 1.0L 真空圧力IH (W)グランホワイト
(RS)ディープレッド
7月
上旬
オー
プン
5千台
RC-18VXL 1.8L
RC-10VSL 1.0L 6月
中旬
6千台
RC-18VSL 1.8L
RC-10VRL 1.0L 真空IH 6月
上旬
6千台
RC-18VRL 1.8L

主な特長の違い

主な特長の違い
  RC-10VXL
RC-18VXL
RC-10VSL
RC-18VSL
RC-10VRL
RC-18VRL
合わせ炊き 圧力+真空+丸底60度 真空+丸底60度
気圧コントロール 0.7~1.05気圧 0.7~1.0気圧
「本かまど」コース炊き分け 5段階 3段階
内釜 鍛造かまど本丸鉄釜 鍛造かまど銅釜
新採用の炊飯コース 白米混合コース

商品化の背景と狙い

 2017年度の炊飯器の国内総需要は、約560万台を見込んでおり、このうちIH方式の構成比は、台数で約7割を占めるとみています(当社調べ)。当社は、ごはんのおいしさにこだわり、「かまど炊きの味」のIHジャー炊飯器の商品化を目指しています。お米本来の旨さを引き出す炊き方に加え、健康志向に合わせて、初めて玄米ごはんを始める方でも、食べやすいように白米と玄米をブレンドして上手に炊けるコース等の便利な新機能を加えて、商品化し発売します。

新製品の主な特長(RC-10/18VXL)

1.真空技術でお米の芯まですばやく吸水する「真空αテクノロジー」

 新製品は、ひたし時に真空ポンプで内釜の中の空気を抜いて減圧することで、加熱前までにお米の芯まですばやく水を浸透させます(「真空αテクノロジー」)。また、真空と常圧を繰り返すことで、お米の芯まで吸水させ、お米本来のうまみ(甘み)を引き出します(「本かまど」コース)。こうして、引き出された旨み成分(おねば)は、お米の表面を包み込み、炊きたてだけでなく、冷めても美味しいので、おにぎりやお弁当でも美味しく召し上がって頂けます。

2.圧力を細かく制御する「圧力可変コントロール」

 炊飯時に内釜の中の空気を閉じ込めて気圧を上げ、細かく圧力を制御して、お米一粒一粒の芯まで加熱します。さらに高火力でしっかりお米に熱を加えることで、粘りや甘みを引き出して炊き上げます。

3.当社独自の「溶湯鍛造厚釜」

 「鍛造」とは、金属を槌で叩くことで内部組織の密度を上げ、強度を高める刀づくりなどで古くから知られる加工方法です。東芝の「溶湯鍛造製法」は、金型へ流し込んだ高温のアルミにおよそ500トンもの高圧をかけ、気泡の無い厚肉の釜を一気に成形します。厚さ、丸さ、素材、全てにこだわった密度・強度が高く、熱伝導率にも優れた内釜です。また、羽釜の形状にならった釜底60°の「丸み」と釜底5㎜の「厚み」を備え、大きな熱対流を生み出して炊きムラを抑えます。

4.玄米初心者でも始めやすく続けやすい玄米と白米混合の専用コースを新搭載

 食物繊維やビタミンB1が白米よりも豊富に含まれる玄米を、白米と一緒においしく炊ける専用コースと水の量が分かりやすい内釜水位線を新たに設けました。玄米と白米を混ぜて炊飯する場合、従来機種の白米コースでは玄米が硬く炊き上がり、玄米コースでは白米が煮崩れて炊き上がるため、圧力+真空を用い炊飯工程を見直して、新たに「白米混合コース」を開発しました。
 ひたしの工程で、真空ひたしと細かな温度調整を組み合わせることで、玄米の吸水を促しながら、白米も糊化させずに吸水でき、玄米と白米を共に食感の差が少なくなるように炊き上げています。また、圧力をかける強さと加熱時間を制御することで、玄米はふっくら、白米は煮崩れせず食べやすい食感で炊き上げることができます。

5.その他便利な機能

「真空保温」
真空機能によって内釜の中の空気を抜くことで、酸化によるごはんの黄ばみ、においの発生を防ぎます。また、水分の蒸発も防ぐのでご飯のぱさつきも抑えられます。白米は最大40時間の保温が可能です(エコ炊飯を除く)。
「そくうまコース」
すばやく吸水させる真空ひたしと圧力炊飯の組み合わせで、約28分注2の短時間でおいしく炊き上げます。
「釜底WAVE」
釜底の円周状の溝に沿って噴き上がる細かい泡によって熱の通り道をしっかり作り、沸騰力を高めます。

「ステンレスクリアフレーム」
(RC-10/18VXL、
RC-10/18VSL)
清潔感のあるステンレスクリーンフレームを採用しています。汚れてもさっと拭けてお手入れ簡単です。
注1
北海道産ゆめぴりか3合を、RC-10VXL「本かまどおすすめ」コース、RC-10HK「本かまど」コースで炊飯。お米の銘柄により異なる場合があります。
注2
電圧100V、室温・水温23℃、「白米そくうま」コースで3合炊飯(炊飯量、炊飯コース、室温、水温、水加減により炊飯時間は異なります)。

このページのトップへ

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
形名 RC-
10VXL
RC-
18VXL
RC-
10VSL
RC-
18VSL
RC-
10VRL
RC-
18VRL
発売日 7月上旬 6月中旬 6月上旬
最大炊飯容量 1.0L 1.8L 1.0L 1.8L 1.0L 1.8L
消費電力 1420W 1250W 1400W 1250W 1400W
種類 ジャー炊飯器(保温機能付き)
方式 真空圧力IH 真空IH
気圧コントロール 0.7~1.05気圧 0.7~1.0気圧

内釜名称 鍛造かまど本丸鉄釜 鍛造かまど銅釜
外面コーティング 銅コート
内面コーティング ダイヤモンドチタンコート
厚さ(釜底) 5㎜
WAVE加工 7本 9本 7本 9本 7本 9本
内釜保証 フッ素樹脂コーティング3年保証
炊飯 高火力カニ穴沸騰
真空うまみ
引き出し
内枠リング 備長炭入り遠赤外線コート 遠赤ブラックコート
保温機能
(最大保温時間)
真空保温(白米40時間)
エコ炊飯・麦ご飯・雑穀米・玄米・分づき米保温
(12時間)
真空保温(白米40時間)
エコ炊飯・麦ご飯
・雑穀米・玄米
・分づき米保温
(12時間)
炊飯コース 白米
・無洗米
本かまど、そくうま、早炊き、ふつう、
エコ炊飯(工場出荷時コース)、炊込み、
炊込みおこげ、おかゆ
本かまど、そくうま、
早炊き、ふっくら古米、
エコ炊飯(工場出荷時
コース)、炊込み、おかゆ
その他 玄米(本かまど、ふつう、白米混合、おかゆ)、
分づき米、雑穀米、麦ご飯
玄米(本かまど)、
分づき米、雑穀米、
麦ご飯
炊き分け
(白米・無洗米)
本かまど 5段階
(しゃっきり~もちもち)
本かまど 3段階
(本かまど、しゃっきり、もちもち)
調理コース パン発酵、パン・ケーキ、温泉卵
外形寸法 幅270
×
奥行360
×
高さ229
mm
幅297
×
奥行387
×
高さ267
mm
幅269
×
奥行333
×
高さ228
mm
幅299
×
奥行364
×
高さ267
mm
幅264
×
奥行326
×
高さ217
mm
幅295
×
奥行362
×
高さ256
mm
本体質量 約6.2kg 約7.9kg 約5.4kg 約6.7kg 約4.7kg 約5.9kg

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝生活家電ご相談センター(受付時間 9:00~20:00 365日)
0120-1048-76(フリーダイヤル 通話料:無料)
※フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話・PHSなどからのご利用 0570-0570-33(通話料:有料)

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ