Toshiba本文へジャンプ

東芝ホームテクノ株式会社

メニュー

お知らせ

2018-5-8
東芝ホームテクノ株式会社

約1時間で初心者でも簡単にパンが作れる、「お手軽パン」メニュー新搭載!
時短・省手間機能が進化したオーブンレンジ「石窯ドーム」4機種新発売

 東芝ホームテクノ株式会社注1は、業界最高注2オーブン温度350℃注3の過熱水蒸気オーブンレンジ『石窯ドーム』の新製品として、あたため機能、時短・お手軽調理を進化させたフラッグシップモデル「ER-SD7000」、大型ホワイトバックライト液晶の「ER-SD5000」、オーブン温度300℃注4の「ER-SD3000」、オーブン温度250℃注5の「ER-SD100」を6月上旬より順次発売します。『石窯ドーム』は、高火力で調理時間短縮を可能にし、すばやく表面を焼き上げ食材の旨みや水分を閉じ込め料理が美味しくできると好評を得ています。

注1:
東芝ホームテクノ株式会社は、東芝ライフスタイル株式会社の子会社で、調理機器、アイロン、扇風機など小型製品を展開しています。

新製品の概要

新製品の概要
形 名 総庫内
容量注6
価格 発売
時期
目標
月産
台数
ER-SD7000 30L (W)グランホワイト (K)グランブラック オープン 6月上旬 5千台
ER-SD5000 30L (W)グランホワイト (R)グランレッド オープン 6月中旬 3千台
ER-SD3000 30L (W)グランホワイト (R)グランレッド オープン 7月上旬 8千台
ER-SD100 30L (W)グランホワイト オープン 7月中旬 3千台

 オーブンレンジを購入する理由として、美味しい料理が作りたい他に、「時短・省手間」、「レパートリーの広がり」といったニーズが高く、中でも、共働き世帯の増加と比例して、時短・省手間がより望まれる傾向にあります(当社調べ)。 そこで、新製品「ER-SD7000」では、毎日の食事のレパートリーが広がり、洗い物も減らせる「時短・省手間」を向上させました。オーブン調理では、生地作りから焼き上げまで通常4時間程度かかるフランスパンが約1時間でできる「お手軽パンメニュー」14レシピと、当社独自注7の深さ5cmの深皿を使い、‟切って・混ぜて・焼くだけ“の「スピード深皿メニュー」8レシピを新搭載しました。また、レンジ調理では、加熱ムラやはじけなど、あたため機能の不満を解消する「おかずあたため」機能を向上させ、加熱途中の食品の温度上昇の傾きにより加熱出力を切り替えることで、食品が硬くなりにくく、はじけを抑え、庫内も汚れにくくなりました。さらに、耐熱ボウルに食材を入れて加熱するだけの「スピードメニュー」の時間を短縮しました。当社は、本製品を通じて毎日の美味しい食事作りを簡単にし、充実した食卓を彩る「オーブンごはん」を提案します。

このページのトップへ

新たな特長 ※ER-SD7000に関して特記

1:こね不要!混ぜて・丸めて・焼くだけ、約1時間で自宅で簡単に手作りパンが作れる、
  14レシピの「お手軽パンメニュー」を新搭載。

2:毎日の献立に!切って・混ぜて・焼くだけの3ステップで20分以内に焼き上がる
  「スピード深皿メニュー」8レシピを新搭載。

3:毎日使うあたため機能の不満を解消!新「おかずあたため」で食品が硬くなりにくく、
  はじけを抑え、庫内も汚れにくい。

新製品の主な特長(ER-SD7000)

1.こね不要!混ぜて・丸めて・焼くだけ、約1時間で自宅で簡単に手作りパンが作れる、
  14レシピの「お手軽パンメニュー」を新搭載。

 生地をこねることに不安があったり、発酵や調理に時間がかかる等の悩みを解消し、「自宅で美味しいパンを作りたい」「焼きたてパンを食べたい」というニーズにこたえ、作り方も簡単で、たったの1時間でパンが作れる「お手軽パン」メニューを新搭載しました。
 通常4時間程度かかるフランスパン作りも、お手軽パンメニューでは約1時間でできあがります。へらを使いボウルで混ぜるだけで、手間となる‟こね作業“をする必要がなく、レンジで発酵することで発酵時間も大幅に短縮することを可能にしました。また、フランスパン専用粉やクープナイフなどの専用の材料や道具も不要で、家庭にある材料や道具で簡単に作ることができます。「お手軽パン」シリーズには、基本の丸パン、フランスパンの他に、メロンパンやカレーパン、ピザなど、豊富なラインアップのメニューを搭載しています。

■お手軽パン・通常のパン調理時間比較
 通常4時間程度かかるフランスパン作りも、お手軽パンメニューでは約1時間でできあがります。

■お手軽パン メニュー一例

2.毎日の献立に!切って・混ぜて・焼くだけの3ステップで20分以内に焼き上がる
  「スピード深皿メニュー」8レシピを新搭載。

 当社独自注7の深さ5cmの深皿を使用し、煮込み、焼き物、ごはん、麺類などお食事メニューから、パン、スイーツまで幅広い「深皿メニュー」 67レシピ注8を搭載しています。「食材を切って」、「深皿の中で混ぜて」、「焼き時間20分以内で焼き上げる」スピード深皿メニューに新たに8レシピを搭載し、全12レシピになりました。下ごしらえの省手間に加え、ボウルなどを使わないため洗い物の手間も省くことができ、さらに、焼き時間は20分以内と毎日の献立作りをサポートする「時短・お手軽」メニューです。

■スピード深皿メニュー 調理イメージ

■スピード深皿メニュー 一例

3.毎日使うあたため機能の不満を解消!
  新「おかずあたため」で食品が硬くなりにくく、はじけを抑え、庫内も汚れにくい。

 新搭載「おかずあたため」機能は、おかずをあたためる際、赤外線センサーで食品の温度変化を細かく検知し、段階的にレンジ出力をコントロールすることで、お肉の表面が硬くなるのを防ぎます。さらに、加熱途中の食品の温度上昇の傾きを検知し、最終工程のレンジ加熱出力を切り替える制御で食品のはじけを防ぐため、庫内も汚れにくくなりました。

■おかずあたため レンジ出力温度イメージ

4.その他の特長

 耐熱ボウルに食材を入れて電子レンジで加熱するだけの短時間自動調理「3分・5分・7分」のスピードメニュー注9の中でも、主菜になるお肉メインの「7分メニュー」は加熱制御を新しくし、従来の8分から時間を短縮しました。忙しい朝のお弁当作りや、さっともう一品の副菜、夕食の主菜におすすめです。

注2:
2018年4月1日現在 国内家庭用100Vオーブンレンジにおいて。
注3:
350℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を260℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。
過熱水蒸気、ハイブリッドで設定できる温度は300℃までです。また、設定温度が350℃のときは、予熱温度は300℃になります。
注4:
300℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り換わります。温度を240℃以上に設定したときも自動的に230℃に切り換わります。
過熱水蒸気で設定できる温度は250℃までです。また、設定温度が300℃のときは、予熱温度は270℃になります。
注5:
250℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に200℃に切り換わります。温度を210℃以上に設定したときも自動的に200℃に切り換わります。
また、設定温度が210℃以上のときは、予熱温度は200℃になります。
注6:
総庫内容量とは、JISの規定に基づいて算出された容量です。
注7:
2018年4月1日現在、国内家庭用100Vオーブンレンジ総庫内容量30L以上において。深さ5cmの深皿を使った「深皿メニュー」を搭載。
注8:
ER-SD7000の場合。ER-SD5000は、63レシピ。
注9:
3分・5分・7分に下ごしらえの時間は含みません。分量は2人分が目安です。
注10:
定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大5分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
注11:
定格高周波出力1000Wは短時間高出力機能(最大3分)であり、定格連続高周波出力は600Wです。600Wへは自動的に切り換わります。
注12:
自動あたためを含み、自動お手入れを除きます。
注13:
アレンジレシピ、バリエーションレシピ、ケーキ型サイズ、トッピングなどを含みます。
注14:
省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です。区分名も同法に基づいています。

このページのトップへ

新製品の機能比較

新製品の概要
  ER-SD7000 ER-SD5000 ER-SD3000 ER-SD100
オーブン最高温度 石窯ドーム 350℃注3 350℃注3 300℃注4 250℃注5
使いやすい
あたため上手
加熱ムラを抑える
直径20cm大型アンテナ
新「おかず」あたため NEW NEW NEW
時短・お手軽 スピード深皿メニュー NEW NEW
お手軽パンメニュー NEW NEW NEW NEW
3分5分7分のスピードメニュー NEW
(7分メニュー)
NEW
(7分メニュー)
NEW
(7分メニュー)
NEW
(7分メニュー)
お手入れ とれちゃうコート(角皿・庫内)
置きやすい 奥行39.9cm薄型コンパクト

新製品の主な仕様

新製品の主な仕様
  過熱水蒸気オーブンレンジ
形 名 ER-SD7000 ER-SD5000 ER-SD3000 ER-SD100
(W)グランホワイト
(K)グランブラック
(W)グランホワイト
(R)グランレッド
(W)グランホワイト
(R)グランレッド
(W)グランホワイト
レンジ 消費
電力
1430W
高周波出力 1000W注10/600W・500W連続/200W・100W相当 1000W注10
600W・500W連続
/200W・100W相当
1000W注11
600W・500W連続
/200W・100W相当
センサー ・1024ポイント
 赤外線センサー
・センター赤外線
 センサー
・温度センサー
・1024ポイント
 赤外線センサー
・温度センサー
・8つ目赤外線
 センサー
・温度センサー
・スイング
 赤外線センサー
・温度センサー
オーブン 加熱
方式
熱風循環加熱方式(2段調理可能) 熱風循環加熱方式(2段調理可能) 上下ヒーター加熱
消費
電力
1430W 1430W 1350W
ヒーター出力 1410W 1410W 1320W
温度
調節
範囲
100~300℃、350℃注3
発酵(30、35、40、45℃)
スチーム発酵(30、35、40、45℃)
100~250℃、300℃注4、発酵(30、35、40、45℃)スチーム発酵(40℃) 100~250℃注5
発酵(30、35、40、45℃)
過熱水蒸気 100~250℃、300℃注3 100~250℃注4 100~250℃注5
ハイブリッド 100~250℃、300℃注3 オートのみ オートのみ
グリル
ヒーター出力
1100W 1100W 1280W
スチーム
ヒーター出力
1000W 350W
自動メニュー
注12
470 158 113 90
総レシピ数注13 493 386 246 183
付属品 遠赤包み焼き角皿2枚、深皿1枚、焼網 遠赤包み焼き角皿
2枚、焼網
角皿(鉄板ホーロー)1枚、焼網
外形寸法 幅498×奥行き399×高さ396㎜ 幅498×奥行き399×高さ396㎜ 幅500×奥行き416×高さ388㎜
庫内有効寸法 幅394×奥行き314×高さ232㎜ 幅394×奥行き314×高さ232㎜ 幅398×奥行き330×高さ232㎜
総庫内容量注6 30L
省エネ
達成率注14
108% 104%
年間消費電力
注14
67.9kWh/年 70.4kWh/年 76.3kWh/年
区分注14 F F E

新商品についてのお客様からのお問い合わせ先

東芝生活家電ご相談センター(受付時間 9:00~20:00 365日)
0120-1048-76(フリーダイヤル 通話料:無料)
※フリーダイヤルは携帯電話・PHSなど一部の電話ではご利用になれません。
携帯電話・PHSなどからのご利用 0570-0570-33(通話料:有料)

プレスリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ