東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 3次元寸法測定

3次元寸法測定

3次元測定による高精細な寸法測定及び測定結果の評価

3次元寸法測定は、測定位置の3次元データを採取し、高精細な測定結果を提供します。3次元測定器はポータブルタイプのため、出張測定が可能であり、大掛かりな測定用補助具(定盤,ストレートエッジなど)等の準備も不要です。従来の測定器を用いた測定時間に比較し、大幅な時間短縮が可能です。また、ご要望に応じ、提示された寸法許容差に対する判定,評価も実施します。

特長と機能

  • 2種類の3次元測定器を使用し、部品などの小さなものから、組み立てが完了した大きな 構造物まで高精細な寸法測定が行え、また、機器等の据付位置の測定、メンテナンス品, 試作品等でのリバースエンジニアリングデータの採取など、多様な寸法測定のニーズに対応 することが可能です。

当社の特徴

  • 2種類の3次元測定器を使用した寸法測定
  • 発電所等の検査で蓄積された経験に基づく寸法測定
  • 機材の準備から報告書作成まで一貫した実施体制

実績・用途

  • タンク、配管、蒸気タービン、発電機等の構造物の寸法検査
  • 大型回転機器等の芯出し作業
  • 部品、倣い機構等へのリバースエンジニアリングデータの採取