東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 渦流探傷試験(ET)

渦流探傷試験(ET)

表面および表面近傍にある傷を検出

電気を流す導体に交流を流したコイルを近づけると、導体に過電流が発生します。
この渦電流は材料の表面に亀裂等があると、健全な状態と比較すると流れ方が変化します。
この渦電流の変化を捉えることによって傷を検出する方法です。

特長と機能

  • 特別な装置と技術を用い、以下の処理が可能です。
    • 検査結果が直接に電気出力として得られる為自動化できる。
    • 非接触式なので検査速度が速い。
  • 当社の特長
    • 蓄積した経験に基づく高度な検査
      原子力発電所の復水器、熱交換器における多数の経験
      機材の準備から報告書作成まで一貫した実施体制
    • 独自解析技術による評価
      検査結果と検査履歴のグラフィック表示
      検査データ及び記録のデジタル保存
      デジタル保存した検査データを用いたPC自動解析

図1 検査結果のマッピング

実績・用途

      
  • 銅合金、ステンレス、チタン等の非磁性材熱交換器細管の保守検査に広く用いられ、経年での減肉量進展比較が可能です。
  • 航空機などの特定部品(エンジン等)の定期検査、保守
  • 材質検査-金属探知、金属の種類、成分、熱処理状態などの変化の検出。
  • 寸法検査-検査品の寸法、膜厚、腐食状況及び変化の測定。
  • 形状検査-検査品の形状変化の判別。