東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 磁粉探傷試験(MT)

磁粉探傷試験(MT)

表面及び表面近くの傷を探傷

各種プラント・船舶・各種機械類等の検査

特長と機能

  • PTと同様に表面および表面付近にある「傷」を検出する手法です。
  • 強磁性体を磁化させるとそれに磁気の流れが発生し、品物の表面近傍に亀裂などがあると、この磁束が亀裂の部分で空間に漏洩します。このとき、亀裂の両側で極性がわかれるため、その部分が小さな磁石になります。この状態で微細な鉄粉をふりかけると、この粉が亀裂の部分に吸い着き模様ができます。
  • この模様により品物の表面の検査を行う方法です。

実績・用途

  • 各種プラント
  • 船舶
  • 機械類