東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 浸透探傷試験(PT)

浸透探傷試験(PT)

表面及び表面近くの傷を探傷

鋼・アルミニューム・銅などの金属素材及び、セラミック、ガラス等の幅広い検査を提供

特長と機能

  • PT(浸透探傷検査)とはMTと同様に表面および表面付近にある「傷」を検出する手法です。
  • 物の表面に浸透液を塗布すると、毛細管現象によって表面の亀裂に液が滲みこみ、傷の中の浸透液を微粉末の皮膜によって表面に吸い上げると、傷部に浸透液による模様が形成され、これを目視観察する検査手法です。

実績・用途

  • 鋼・アルミニューム・銅などの金属素材の表面及び表面近くの傷の探査
  • 金属素材及び、セラミック、ガラス等の表面及び表面近くの傷の探査