東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 放射線透過試験(RT)

放射線透過試験(RT)

内部にある「欠陥」を検出

重要な機器や配管の内部欠陥を検出するのに優れた検査方法。

概要

調査物の内部にある「欠陥」を検出する非破壊検査の手法。
重要な機器や配管の内部欠陥を検出するのに優れた検査方法として、広く利用されています。

特長と機能

X線やγ線などの放射線の透過作用を利用して試験体中のキズを検出する試験方法です。放射線の進行方向に平行で、進行方向に奥行きのある内部キズ(欠陥)の検出に優れています。例えば、ブローホールのような球状キズの検出に優れている。しかし、ラミネーションや傾きのある割れなどは、場合によっては検知できないこともあります。
放射線透過試験は、上述のように内部キズ(欠陥)の検出に優れており、平面的ではありますがキズ像として視覚に訴えることが可能で、エックス線フィルムによるキズ像の永久的記録も得られるため、記録性にも優れています。

RT撮影 配置例

RTフィルム一例

フィルム観察器

実績・用途

金属材料の溶接部等や非金属材料に幅広く適用可能。