東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 検査サービス > 超音波探傷試験(UT)

超音波探傷試験(UT)

材料内部にある「きず」を検出

「放射線透過試験(RT)」の制約事項がなく平面きずや割れ状のきずの検出に有効

特長と機能

探触子により試験体内部に超音波を送信し,きずから反射したエコーを探触子が受信する。その送信~受信の時間からきずの位置を,得られたエコー高さをモニタに表示し,モニタ状の波形からきずの大きさや位置を推定する。

  • 小口径配管自動超音波探傷(以下の例)
    「放射線透過試験(RT)」の制約事項がなく従来型超音波探傷」よりも速く、簡便な「UT(超音波探傷試験)」技術
  • 特 徴
    • 超小型 前後分割探触子を開発、採用
    • ワンタッチで対象物への取付けが可能
    • 自動による検査の高度化を実現
    • 内部欠陥の大きさ、位置を画像として表示
    • データ処理の自動化と容易な合否判定

実績・用途

  • 小口径配管自動超音波探傷
  • ビルなどの鉄骨