東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 製品情報 > 非破壊検査機の原理 > 3D超音波検査装置 Matrixeye™(開口合成法)の原理と特長

非破壊検査機の原理

3D超音波検査装置 Matrixeye™(開口合成法)の原理と特長

広いビームを電子走査して送信し、全開口で受信することで、多数の経路で超音波を送受信。受信した多数の超音波データから3D画像を生成することで以下の特長を有する。

  • 全深度に渡って均一にフォーカス
    (単眼、フェーズドアレイはフォーカス部以外で解像度が低下)
  • 多数の超音波波形を重ね上げることでS/Nが改善できる

Matrixeye™(開口合成法)の原理と特長

  • Matrixeye、Finethrough、Ultimageは全て株式会社東芝の登録商標です。