東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 製品情報 > 超音波検査用スキャナ > 小型タービンロータ探傷用スキャナ(TTR-1)

超音波検査用スキャナ

小型タービンロータ探傷用スキャナ(TTR-1)

特長

  • 特長1:スムーズな倣い機構
    プローブホルダ摺動部にリニアガイドを採用することにより、スムーズな倣い機構を実現。安定した探傷を提供します。
  • 特長2: 高い位置再現性
    剛性の高いガイドローラ及びフレームにより探触子の位置ずれが少なく、探傷位置の再現性が良いため、設備の経年変化を確認する定期検査にも適しています。
  • 特長3: 広い適用範囲
    お客様ニーズ対応したスキャナサイズの製作が可能。また、ホルダ部の形状を変更することにより、各メーカの探触子、種々の対象物に適用する事ができます。

TTR-1の写真

検査例

検査例1

検査例2

検査例3

TTR-1 仕様

型式 TTR-1
外形寸法 本体径φ750mm × 幅100mm
重量 組合せ時10Kg、倣い機構側5Kg、エンコーダ側5Kg
材質 ジェラルミン製(スキャナ本体)
検査対象寸法 シャフト径φ230~320mm、ロータ径φ360~660mm(カスタマイズ可能)
エンコーダーピッチ 0.2mm
使用可能温度 0~40℃
使用可能場所 屋内(雨水のかからない場所であれば、屋外使用可能)
付属品 専用ケース

※本仕様は予告なく変更する場合があります。