東芝電力検査サービス株式会社

HOME > 製品情報 > 3D超音波検査装置 (Matrixeye™) > スポット溶接検査用Matrixeye™ST

3D超音波検査装置 (Matrixeye™)

スポット溶接検査用Matrixeye™ST

特長

    世界初の3DSAFT-PA(3次元開口合成法とフェーズドアレイの融合)機能を備えた高解像度・高感度な超音波検査装置

  • 特長1: 分かりやすい検査装置
    独自開発の開口合成手法を用いて溶接内部を3次元で画像化します。
  • 特長2: 自動良否判定
    3次元画像から接合径を測定し、溶接状態を自動で判定します。 ブローホールの有無も判定可能です。
  • 特長3: 圧接検出機能
    超音波の性質上、検出が困難な圧接状態を自動判定する機能を独自に開発。
  • 特長4: 測定箇所を画面に表示
    測定対象が含まれる画像・図面をデータベース化し、画面上で指示することが可能です。

スポット溶接検査用Matrixeye™STの写真

スポット溶接検査用Matrixeye™STの写真

検査例

  • 検査結果画面

    スポット溶接検査用Matrixeye™STの検査結果画面

  • 検査例

    スポット溶接検査用Matrixeye™STの検査例

スポット溶接検査用Matrixeye™ST 本体 仕様

項目 仕様 ※ 備考
全般 環境温度 5~35℃
相対湿度 20-80%結露なきこと
 
表示 10.4インチ液晶パネル SVGAUSB  
操作方法 タッチパネル、キーボード、マウス  
装置寸法 305 × 210 × 130mm 突起を除く
装置重量 約5kg (バッテリー1個搭載時)  
電源電圧 AC 100-240VまたはLiイオンバッテリー  
バッテリー使用時間 2h、4h (2個使用時)  
画像化処理部 画像合成処理 SAFT(開口合成)処理  
画像化領域(メッシュ数) 48 × 48 × 1024  
送受信部 送受信CH数 64ch  
同時励振数 1~64ch  
出力電圧 20~180V  
ゲイン 0~50dB  
受信アンプ帯域 0.5~25MHz  
CPU CPU Atom D510 1.66GHz  
メモリー 2GB  
ハードディスク 500GB  
OS Windows7 Ultimate for EMB  
プローブ CH数 最大64ch  
プローブ周波数範囲 2MHz~15MHz  
外部インターフェイス USB USB 2.0 × 4  
付属品 キーボード  
マウス  
バッテリー2個  
バッテリー充電器  
ACアダプター  
電源ケーブル  
カップラント(ソニコートBS-400)  

※本仕様は予告なく変更する場合があります。

スポット溶接検査ソフトウェア 仕様

項目 仕様 備考
対応板枚数 2枚組または3枚組  
板厚一括設定 複数の溶接点の板厚組み合せ情報を一括で設定。Exelで作成した一覧を溶接点情報ファイルに書き出す。  
画像化条件設定 異なる材質に応じた画像化条件を選択する  
表面調整機能 画像化される検査対象の表面位置を調整  
カップリングチェック機能 測定中(画像化中)シュー端面と検査対象表面との気泡をチェックする。  
平行チェック機能 測定中(画像化中)シュー表面と検査対象内面の平行度をチェックする。  
結果表示 良否判定(Good、Small、Open、Thin、Stick) あらかじめ設定された閾値により判定する。
接合部の長径および短径  
接合部径((長径 + 短径) / 2)  
接合部径の閾値 n√tmin (最も薄い板厚)
圧痕深さ  
接合部厚さ  
保存データ一覧 保存したデータの一覧をCSVファイル形式で書き出す。  

※本仕様は予告なく変更する場合があります。

  • Matrixeye、Finethrough、Ultimageは全て株式会社東芝の登録商標です。
  • Microsoft、Windows、ExcelはMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。