社長メッセージ|企業情報|東芝マイクロエレクトロニクス

社長メッセージ

高い技術力で豊かな社会の実現に
貢献します
取締役社長山川 功

近年の通信・信号処理・電力制御技術などの進歩により、新しいエレクトロニクス製品の普及が加速的に進んでいます。その発展の中核には半導体の技術革新があり、その性能改善が人々のより快適な暮らしを実現させています。また、最新の半導体技術の活用により機器の省エネ化、高効率化、小型化などが可能となり、世界的な環境負荷軽減にも大きく貢献しています。

当社は1981年に東京芝浦電気株式会社の半導体設計エンジニアリング会社として誕生し、その後も株式会社東芝の半導体部門、さらに東芝デバイス&ストレージ株式会社を支える重要なパートナーとして歩み続けてまいりました。高い技術力とその蓄積を生かし、半導体製品の企画・開発・設計から評価、歩留&故障解析など半導体開発全般を担っています。さらには、開発した製品の利用技術を習得していただくための技術セミナーの開催などその活動を広げています。開発した半導体は、スマート家電やドローン、ロボットなどを含め、民生用から車載用、産業用など幅広い分野の製品に搭載されてます。

今後も、グローバルに多様化する社会の変化や真のニーズを俊敏にとらえ、お客様により満足していただける付加価値の高い製品を生み出し、魅力あるシステム・ソリューションを提言できるエンジニアリング会社をめざしていきます。

また、社会への責任と貢献を果たすため、CSR(Corporate Social Responsibility)を尊重することを基本としていきます。お客様にとっても、社員にとっても「魅力ある会社」になるとともに、東芝グループの半導体事業を通じて豊かな社会と新しい価値の実現をめざして邁進してまいります。

東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
取締役社長
山川功

TOP

別ウィンドウマーク 別ウィンドウで開きます