社長メッセージ

豊かな社会と新しい価値の実現を
めざしていきます。
取締役社長本脇 喜博

真のパートナーとして自律した会社へ

エレクトロニクス技術はますます高度化され、クラウドと連携したシステムへと進化は止まりません。半導体は、その中核部品のひとつとして、テレビやスマートフォンなどの民生用をはじめ、車載用、産業用など幅広い用途で、今後の成長を期待されているあらゆる分野の製品に搭載され、人々の生活の豊かさと利便さを支えていきます。

当社は1981年に東京芝浦電気(株)の半導体設計エンジニアリング会社として誕生して以来、(株)東芝の半導体事業を支える重要なパートナーとして今日まで発展してまいりました。

現在、半導体製品の企画・開発・設計からコア・セル開発、EDA、評価、歩留&故障解析などの半導体開発に必要な要素技術に至るまで幅広い分野で活動しております。「お客様の声」を第一と考え、グローバルに多様化する社会の変化や真のニーズを俊敏にとらえ、魅力あるシステム・ソリューションを提言できるように努めています。

当社は『No.1 Design Company』を目標に付加価値の高い製品を生み出すため、ハードとソフトのバランスの取れたシステム設計力のあるエンジニアリング会社をめざしています。

これからも私たちは社会への責任と貢献を果たすため、CSR(Corporate Social Responsibility)を尊重することを基本とし、社員にとっても「魅力ある会社」になるとともに、東芝グループの半導体事業を通じて豊かな社会と新しい価値の実現をめざし邁進してまいります。

東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
取締役社長
本脇善博

TOP

別ウィンドウマーク 別ウィンドウで開きます