安全健康基本方針|企業情報|東芝マイクロエレクトロニクス

安全健康基本方針

安全で快適な職場づくりと
心身の健康保持促進をめざして

東芝マイクロエレクトロニクス(株)は、東芝グループおよび東芝デバイス&ストレージ(株)の安全健康基本方針に基づき、「地球内企業」として世界各国の文化や習慣を尊重しながら、半導体製品の設計・開発の事業活動を展開していきます。そのために、全ての事業活動において生命・安全・法令遵守を最優先し、全社をあげて「安全で快適な職場環境づくりと心身の健康保持増進」を推進します。

  1. 安全健康を経営の最重要課題の一つに位置づけ、「安全健康管理活動の継続的な改善」により「業務に起因する負傷および疾病の予防」に努めます。
  2. 労働安全衛生法規等および当社が決めた指針および自主基準などを遵守します。
  3. 次の事項について目的・目標を定め実行します。
    • (1)労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発するリスクの低減、特に当社の業務環境における以下のリスクの低減。
      • ①構内歩行や運搬作業等におけるリスク(転倒、落下)
      • ②実験室・評価室内の作業に伴うリスク
      • ③脚立(高所)作業に伴うリスク
      • ④シュレッダー作業に伴うリスク
      • ⑤地震に伴うリスク
    • (2)構外(通勤途上等)に於ける安全意識高揚、危険要素の認知および安全行動の実践、励行。
    • (3)全従業員が個々の能力を十分発揮するための心身の健康保持増進、当社の実態に則したメンタルヘルスならびに生活習慣病等の改善と効果的支援に注力する。
    • (4)従業員の安全衛生意識及び職場安全衛生活動を醸成する為の安全衛生情報の共有。
  4. 当社の事業にかかわるすべての人の安全と健康を確保するため、取引先に対して安全健康への取り組みを求め、支援します。
  5. 私たちの安全健康に関する取り組みや成果を積極的に公表し、社会の安全健康管理水準向上に貢献します。

2018年6月20日
東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
取締役社長
山川功

TOP

別ウィンドウマーク 別ウィンドウで開きます