ニュース&トピックス

2018.5.8 当社所属の選手が「アジア太平洋ろう者サッカー選手権」で銀メダル獲得!

4月23日から韓国 昌原で開催された「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権」に当社所属の桐生聖明(総務部)が日本代表選手として出場しました。日本チームは予選リーグを首位で通過、準決勝ではタイと対戦し6対1で圧勝。決勝ではホスト国である韓国と対戦し、先制点を奪ったものの1対2で惜敗。悔しい銀メダルとはなりましたが、アジア太平洋地区2位という素晴らしい戦果を収めました。応援ありがとうございました。
大会の結果詳細は「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会 情報」をご覧ください。

【桐生聖明からのコメント】
日本チームにとって過去最高成績である準優勝となり、2020年のデフサッカーワールドカップへの出場権を獲得することができました。あと一歩のところで優勝は逃してしまいましたが、その悔しさを忘れずに次の大会に向けて、更に成長していけるように頑張ります。応援して下さった皆様に感謝致します。ありがとうございました。

2018.4.23 
当社所属の選手が「アジア太平洋ろう者サッカー選手権」に日本代表選手として出場

4月23日から韓国 昌原で開催される「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権」に当社所属の桐生聖明(総務部)が日本代表選手として招集されました。参加12か国を相手に約2週間、メダル獲得を目標として頑張って参ります。応援よろしくお願い致します。

詳細情報は「第4回アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会 情報」をご覧ください。

2018.3.28 Arm® コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2018 開催報告

2018年3月14日(水)に「Arm® コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2018」を開催しました。多数のご来場どうもありがとうございました。
東芝マイコンfacebookで会場の様子を掲載いたしましたので、ご報告いたします。
当日の講演内容はこちらをご覧ください。

講演項目会社名
IoT時代のセキュリティに求められるものアーム株式会社
あらゆるものがつながるIoT時代には、末端の機器に至るまでセキュリティ対策が必須となりますが、一方で、それぞれの機器は用途も異なればコスト制約も異なります。異なる要件を満たしつつ、ソフトウェアやハードウェアを共通化できるアーキテクチャとはどういうものなのか、Armが現在進めている取り組みについて紹介します。あわせて、mbedとCMSISのアップデートについても紹介します。
エッジモジュールに求められるコンパクト&セキュリティIARシステムズ株式会社
IARの高性能コンパイラは、IoTのエッジモジュールに求められる「コンパクト設計」「低消費電力」に対しても貢献。さらに、組み込み機器の「セキュリティ」に対するソリューションとして解析ツールに加え、開発中のEmbedded Trust (2/27プレスリリース)もご紹介。
APS 出張実験室  「東芝マイコンでサクッとIoTエッジノードを構築」インスケイプ株式会社
室長登壇!「ArmR コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2018」
IoT化に向けたエッジデバイス開発へのアプローチに対するヒントをモータ制御とセンシングに注力したArmコア搭載東芝マイコンのラインアップと共にArmエコシステムパートナーの皆様と共にご紹介します。
マイコン/FPGAボードの開発・試作・量産はセンシストにお任せ下さい!株式会社センシスト
センシストの紹介、マイコン評価ボードの活用例をご紹介します。
Arm開発環境 DTSインサイトがすばやい環境構築をお手伝い!株式会社DTSインサイト
1部:東芝マイコンにいち早く対応するMDK開発環境 そのメリットを解説
2部:簡単・高速・長時間ロギングを実現 Armコア対応RAM計測ツール Evrica
広がるIoT-Engineの概要とその応用事例ユーシーテクノロジ株式会社
IoTエッジノードとしてTRONプロジェクトが標準化を進める「IoT-Engine」この応用事例が広がっています。また、IoT-Engineに搭載されいるRTOS(μT-kernel)は米国電気電子学会(IEEE)でエッジノードのRTOSとして標準化が進められています。今回は、東芝マイコンを搭載したIoT-Engineや開発キットのご紹介や応用事例。IEEEで標準化が進めているμT-Kernelの紹介を行います。
東芝マイコン TX / TXZファミリーのご紹介東芝デバイス&ストレージ株式会社
東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
東芝デバイス&ストレージ株式会社はマイコン製品として、高精度アナログIPを搭載し高速動作・低消費電力を実現する新製品群TXZファミリー、実績のTXファミリーを展開 しています。製品ラインアップ、特長、応用例、サポート体制、今後の展開をご紹介します。
マイコンで実現するモーションセンシングソリューション東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
スマートフォン、IoT家電や自動車、ドローン、建物、道路など、情報取得用センサを制御するためのアプリケーション開発を効率化できるセンサハブソリューションを紹介します。
当社のセンサハブソリューションは、主要センサベンダのセンサをサポートし、日常動作の中でコンパスをキャリブレーションする技術を搭載しており、ユーザのキャリブレーション作業が不要です。また、センサフュージョンをライブラリで提供しており、お客様のソフトウエアに組み込むことが可能です。デモ展示も行いますので、このセンサハブソリューションの特徴と性能を体感いただけます。

2018.2.23 Arm® コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2018 開催のお知らせ

2018年3月14日(水)に「Arm® コア搭載 東芝汎用マイコン コラボセミナー 2018」を開催いたします。是非お申込みください。多数のご来場をお待ちしております。
※同業者様のご参加は、ご遠慮いただきますようお願いいたします。

開催概要

  • 会 期 2018年3月14日(水) 13:00~17:00 (受付12:40~)
  • 定 員 60名
  • 受講費 無料 (事前登録制)
  • 会 場 ラゾーナ川崎プラザソル
    神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ5F
  • 主 催 東芝デバイス&ストレージ株式会社
  • 協 賛 アーム株式会社、IARシステムズ株式会社、インスケイプ株式会社、株式会社センシスト、
    株式会社DTSインサイト、ユーシーテクノロジ株式会社  (50音順・敬称略)

※ArmおよびCortexはArm Limited (またはその子会社) のUSまたはその他の国における登録商標です

2017.11.13 Arm Tech Symposia 2017 Japan 出展のお知らせ

2017年12月8日(金) に東京コンファレンスセンター・品川にて開催されるアーム株式会社主催の「Arm Tech Symposia 2017 Japan」に出展いたします。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

セッション案内

セッションはお申込みが必要です。事前にお申込み下さい。 (事前登録制)

■Session C-3
 IoTプラットフォームにおけるセキュリティとロボティクステクノロジー

 本セッションでは、姿を現しはじめたIoTプラットフォームの形成を明らかにします。さらにエッジコンピューティングにおけるセキュリティーテクノロジーやロボティクス分野への応用を通して、キーとなるデバイスの役割りや求められるスペックの現状と将来像を説明します。これらを基に東芝高性能マイコンを用いた具体的なソリューションを提案いたします。

  • 講演時間 14:45~15:15
  • 会場 Track C
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    ミックスシグナルコントローラ統括部
    統括部長 玉野井 豊 氏

※ArmおよびCortexはArm Limited (またはその子会社) のUSまたはその他の国における登録商標です

2017.11.8
Embedded Technology 2017 (組込み総合技術展) 出展のお知らせ

2017年11月15日(水)~17日(金)に「Embedded Technology 2017 (組込み総合技術展) 」が横浜国際会議場(パシフィコ横浜)展示ホールにて開催されます。東芝マイクロエレクトロニクス株式会社からは、2つのデモ展示と各日ブース内セミナーでのプレゼンテーションを行いますので、是非ご来場ください。

開催概要

ブース内セミナー開催スケジュール

展示内容

■ACサーボリファレンスモデル(TMPM470)

TMPM470に搭載されたアドバンストベクトルエンジン(A-VE)、及びエンコーダとホール信号の同時使用により、3相BLDCモータの高速応答を実現する高速PWMベクトル制御駆動、及びRS485通信により並列動作を実現し、ロボティクス分野や、産業機器などのモータ・インバータ制御への利用を想定したACサーボのリファレンスモデルを紹介します。

■モーションセンシング ソリューション
 (TMPM066FWUG / TMPM365FYXBG / TMPM3H2FWQG)

スマートフォン、IoT家電や自動車、ドローン、建物、道路など、情報取得用センサを制御するためのアプリケーション開発を効率化できるセンサハブソリューションを紹介します。
 当社のセンサハブソリューションは、主要センサベンダのセンサをサポートし、日常動作の中でコンパスをキャリブレーションする技術を搭載しており、ユーザのキャリブレーション作業が不要です。また、センサフュージョンをライブラリで提供しており、お客様のソフトウエアに組み込むことが可能です。本デモ展示ではこのセンサハブソリューションの特徴と性能を体感いただけます。

※ArmおよびCortexはArm Limited (またはその子会社) のUSまたはその他の国における登録商標です。

2017.10.13 プリント基板ノイズ対策技術セミナー 講演のお知らせ

2017年11月8日 (水)に日本電気(株)/NECソリューションイノベータ(株)主催による「プリント基板ノイズ対策技術セミナー」が開催されます。当社からは、モータ制御用マイコンを適用したソリューションとモータ制御基板での熱・EMC解析事例についてご紹介します。是非ご来場ください。

参加料は無料ですが、事前登録制になっています。
下記公式サイトよりお申し込みお願いします。(申込〆切:11/1(水))

開催概要

  • 会期 2017年11月8日(水)
  • 会場 NEC玉川ルネッサンスシティホール
    神奈川県川崎市中原区下沼部1753
  • 主催 日本電気株式会社
    NECソリューションイノベータ株式会社
  • 公式サイト プリント基板ノイズ対策技術セミナー
  • 参加料 無料(事前登録制 (申込〆切:11/1(水))

講演内容

東芝モータ制御ソリューションとモータ制御基板での熱・EMC解析事例のご紹介

  • 講演時間 15:30~16:30
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    ミックスシグナルコントローラ統括部
    モータソリューション技術部 部長
    外山浩昭 氏
  • 概要 動くものには必ず使われるモータ。このモータを制御する基板では、熱やノイズの問題が常に発生し、システム開発者を悩ませます。一方で、工場の自動化やロボットによるサービス拡大など、モータ需要は今後、さらに増えていくことは間違いなく、モータ制御基板の熱・EMC対策の重要性は益々、高まっています。
    モータ制御用マイクロコントローラを開発する弊社では、モータ制御基板の熱やEMC対策についての取り組みも進めており、今回、小型モータ制御基板(25mm□)を用いた熱・EMC解析をおこないました。本セッションでは、この解析事例と東芝モータ制御ソリューションについて紹介します。

2017.9.21 APS SUMMIT 2017 SEP 講演のお知らせ

2017年9月28日(木) にインスケイプ株式会社主催の「APS SUMMIT 2017 SEP」が関内新井ホールで開催されます。東芝マイクロエレクトロニクスから、セッションにて講演を行いますので、是非ご来場ください。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

セッション

モータ制御アプリ開発への近道『モータ制御ソリューションマップ』の紹介

  • 講演時間 2017年9月28日(木) 15:40~16:00
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    ミックスシグナルコントローラ応用技術部
    ミックスシグナルコントローラ応用技術第一担当 主務
    関水 正樹 氏
  • 概要 さまざまな製品でモータが使用され、そのモータ自体の特性の違いから、モータ実装機器の特性、また精密且つ省電力の制御から高回転・ハイパワーなど動作のさせ方も多種多様で必要とされる制御機器に対し、東芝では導入から実際の実装例や回路例等も揃えたソリューションを準備しています。これらモータ制御ソリューションが、お客様の製品開発に対してどの様な手助けとなるのか、具体的な例を基にご紹介します。

展示内容

M470(TXファミリー) ACサーボリファレンスモデル

TMPM470に搭載されたアドバンストベクトルエンジン(A-VE)、及びエンコーダとホール信号の同時使用により、3相BLDCモータの高速応答を実現する高速PWMベクトル制御駆動、及びRS485通信により並列動作を実現するリファレンスモデルを紹介します。

2017.9.1 SNUG Japan 2017 講演のお知らせ

SNUG Japan 2017

2017年9月8日(金)に日本シノプシス合同会社主催によるSNUG Japan 2017がグランドプリンスホテル
新高輪 国際館パミールで開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスからは、2件の講演を行いますので、是非ご来場ください。

各セッションは受講無料です。下記公式サイトよりお申し込みをお願いします。

開催概要

  • 会期 2017年9月8日(金)
  • 会場 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
  • 主催 日本シノプシス合同会社
  • 公式サイト https://www.synopsys.com/snugjapan/

講演内容

[TM-1] PrimeTime SIG ~車載チップにおける先進のタイミング・クロージャとサインオフ

  • 講演時間 11:30~13:00
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    サポート&TEST技術統括部 デザインプラットフォーム技術部
    主務 菅井 勇雄
    ※他3社の講演があり、4件中3番目の講演になります。
  • 概要 最近の自動車には、安全性、インフォテインメント、コネクティビティ、さらに、ADASから自動運転に至るまで洗練されたアプリケーションのための多くの電子機器が搭載されており、IC設計者が自動車をコントロールしているといっても過言ではありません。この特別セッションでは、自動車用IC設計の最前線で活躍されているルネサス様、東芝様、パナソニック様の事例発表やシノプシスの最新技術発表、さらにQ&Aパネルセッションを通じ、最新のPrimeTimeのタイミング・クロージャとサインオフの進歩が車載チップの設計要件をどのように満たすことができるかについてご紹介します。奮ってご参加ください。

[IM-4] IC Compiler II向け設計環境の機能紹介および製品適用事例

  • 講演時間 15:10~15:50
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    デザインプラットフォーム技術部 デザインプラットフォーム第一担当
    安部 美保
  • 概要 近年の大規模かつ低消費電力のSoCレイアウトは、設計の複雑化による設計期間の増大が課題となっており、自動化された設計環境が不可欠です。東芝ではIC Compiler IIを利用した設計環境(デザインキット)を開発し、多数の製品テープアウトを実現しています。当社のデザインキットは製品個別の要求仕様に合わせたリファレンス・メソドロジを全自動で提供するシステムです。設計者は必要最低限の情報を指定するだけで、ファウンダリやノード(130nmから16nm)独自のレイアウト制約、シナリオ設定、多電源対応、周辺ツールとの自動インターフェイスなど、デザインに最適な設計環境を手にすることができます。本発表では、製品ノウハウを取り入れて進化し続けるデザインキット選り抜きの機能、製品適用事例と今後の課題についてご紹介します。

2017.8.7 当社所属の選手がデフリンピック・サッカー男子日本代表として出場

第23回夏季デフリンピック・サッカー男子日本代表が歴史的初勝利!

7/18からトルコのサムスンで開催された「第23回夏季デフリンピック(聴覚に障がいを持つ人のオリンピック)」のサッカー日本代表に当社所属の桐生聖明(総務部)が3大会連続で招集され、選手として出場しました。初戦で前回準優勝の強豪ウクライナから2対1でデフリンピックでの初勝利をあげたが、続くアルゼンチン戦はドロー。引き分け以上で予選突破が決まるイタリア戦でも、前半2点リードしたものの、後半アディショナルタイムに逆転され2対3で惜敗。勝ち点4で同率ながら得失点差で、初の予選突破はなりませんでした。

2017.7.11 CDNLive Japan 2017 出展・講演のお知らせ

CDNLive Japan 2017

2017年7月21日 (金)にCadence社主催による CDNLive Japan 2017が横浜ベイホテル東急で開催されます。東芝マイクロエレクトロニクスからは、Designer Expoでの展示とテクニカル・セッションにて講演を行いますので、是非ご来場ください。

各セッションは受講無料です。下記公式サイトよりお申し込みをお願いします。

開催概要

  • 会期 2017年7月21日(金)
  • 会場 横浜ベイホテル東急
  • ブース 東芝ストレージ&デバイスソリューション社出展スペース
  • 主催 日本ケイデンス・デザイン・システムズ社
    イノテック株式会社?ICソリューション本部
  • 公式サイト CDN Live Japan 2017

テクニカルセッション開催スケジュール

  • タイトル [A-4] 東芝ASIC開発の設計TAT改善に貢献するGenus-Physical Synthesis Solution
  • 講演時間 14:40~15:20
  • 講演会場 Room A
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    デザイン&インプリメンテーション統括部 デザインソリューション開発部
    デザインソリューション開発第一担当 主務
    早川 雅樹
  • 概要 競争の激しいASIC開発においては、難易度の高いデザインを短時間で設計する手法が求められます。このたび、ケイデンスの次世代物理合成ツールGenus-Physical Synthesis Solutionの評価を行い、従来の合成ツールによるPPA(Performance, Power, Area)を維持しつつ、2倍以上のTAT改善を実現できると判断し、弊社のASIC開発への採用を決定しました。本セッションではGenus-Physical Synthesis Solutionの採用決定までの経緯と現行の取り組みについてご紹介いたします。
  • タイトル [D-3] ESD/EMを考慮した素子形状検討の新手法
  • 講演時間 13:50~14:30
  • 講演会場 Room D
  • 講演者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    デザインプラットフォーム技術部 デザインプラットフォーム第二担当 主務
    佐藤 洋一、諏佐 聡子
  • 概要 従来はESD耐圧を満足する為に適切な素子形状と配線の構成を机上計算で検討していましたが、Virtuoso上でこの検討を行うユーティリティを開発し、作業時間を短縮しましたので御紹介致します。今後自動ツール適用への取り組みにより、更なるTAT短縮を目指しています。

展示内容

液晶ディスプレイ用映像処理IC【製品名:TC90195XBG・TC90175XBG】

TC90195XBGは、フレームメモリを搭載した2画面映像処理ICです。非同期の2つの映像信号を合成して同一パネルに表示出来るほか、2枚のパネルへ同時に映像表示することが可能です。また映像信号にSoCからのグラフィック信号をオーバーレイ表示する事も可能です。開発中のTC90175XBGは、フレームメモリを搭載しない単画面表示ICです。2画面表示を必要としないアプリケーションをターゲットにした製品になります。TC90195XBGとはピンコンパチブルになり、お客様のお使いになる用途に応じてICの置き替えが可能です。どちらもコンポジット信号入力および多種のデジタルフォーマットの映像入力に対応し、LCDに最適な画質調整が行えます。

TC90195XBG

Dual Display Controller

Dual Display Controller

2017.6.20 ARMR マイコン・ワークショップ 2017 出展のお知らせ

ARMR マイコン・ワークショップ 2017

2017年7月28日(金)にトランジスタ技術、Interfaceでお馴染みのCQ出版社主催による組み込み技術者向けイベント「ARMマイコン・ワークショップ 2017 センサと無線」がパシフィコ横浜 アネックスホールで開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスからは、デモ展示の他、ベンダセッションにてプレゼンテーションを行いますので、是非ご来場ください。

各セッション(受講無料)は事前登録制です。
下記公式サイトよりお申し込みをお願いします。

開催概要

ベンダセッション開催スケジュール

  • 時間 14:30~15:00
  • セミナータイトル 「TXZファミリーで実現する最新ソリューション」
  • 講師 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    ミックスシグナルコントローラ統括部 参事
    徳山 均

展示内容

※ARMはARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。
※TXZは株式会社 東芝の商標です。

2017.4.27 「第20回組込みシステム開発技術展(ESEC)」の出展について

「第20回組込みシステム開発技術展(ESEC)」の出展について

2017年5月10日(水)~12日(金)に「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」が東京ビッグサイトで開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスからは、2つのデモ展示と各日ブース内セミナーでのプレゼンテーションを行いますので、是非ご来場ください。

開催概要

  • 会期 2017年5月10日(水)~12日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ~17:00)
  • 会場 東京ビックサイト
  • 展示ブース 東芝グループブース(小間番号:西4-41)
    東芝ストレージ&デバイスソリューション社出展スペース
  • 主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
  • 公式サイト 第20回 組込みシステム開発技術展

ブース内セミナー開催スケジュール

展示内容

M470(TXファミリー)ACサーボリファレンスモデル

TMPM470に搭載されたアドバンストベクトルエンジン(A-VE)、及びエンコーダとホール信号の同時使用により、3相BLDCモータの高速応答を実現する高速PWMベクトル制御駆動、及びRS485通信により並列動作を実現するリファレンスモデルを紹介します。

関連リンクM470グループ

M4K4 (TXZTMファミリー) ベクトル制御リファレンスモデル

モータに特化した機能を搭載した新マイコンTXZ4シリーズ M4K4グループTMPM4K4に搭載されたアドバンストPMD (2ユニット)、12ビットADコンバータ(1 ユニット、変換速度 0.5 μs)により、64 pinマイコンで、コンプ/ ファンor電源動作が実現可能なリファレンスモデルを紹介します。

関連リンク少ピンワンチップで複数モータ制御を実現するマイコン(開発中)
 ※TXZ は株式会社 東芝の商標です。

2017.4.14 TECHNO-FRONTIER2017 出展のお知らせ

TECHNO-FRONTIER2017 出展のお知らせ

2017年4月19日(水)~21日(金)に「TECHNO-FRONTIER 2017」が千葉・幕張メッセにて開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスは、東芝ストレージ&デバイスソリューション社の出展においてマイコンのデモ展示と説明を行っております。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

  • 会期 2017年4月19日(水) ~21日(金) 10:00~17:00
  • 会場 幕張メッセ
  • 展示ブース 東芝グループブース (小間番号:4D-19)
    東芝ストレージ&デバイスソリューション社出展スペース
  • 主催 一般社団法人 日本能率協会
  • 公式サイト TECHNO-FRONTIER 2017

ブース内セミナー開催スケジュール

展示内容

M4K4 (TXZファミリー) ベクトル制御リファレンスモデル

モータに特化した機能を搭載した新マイコンTXZ4シリーズ M4K4グループTMPM4K4に搭載されたアドバンストPMD (2ユニット)、12ビットADコンバータ(1 ユニット、変換速度 0.5 μs)により、64 pinマイコンで、コンプ/ ファンor電源動作が実現可能なリファレンスモデルを紹介します。

関連リンク少ピンワンチップで複数モータ制御を実現するマイコン(開発中)

M470(TXファミリー)ACサーボリファレンスモデル

TMPM470に搭載されたアドバンストベクトルエンジン(A-VE)、及びエンコーダとホール信号の同時使用により、3相BLDCモータの高速応答を実現する高速PWMベクトル制御駆動、及びRS485通信により並列動作を実現するリファレンスモデルを紹介します。

関連リンクM470グループ

M340 (TXファミリー) 監視カメラリファレンスモデル

OIS機能搭載監視カメラのリファレンスモデルで、小型・省電力MCUであるTMPM343を使用し、内蔵の8 chモータドライバ、マイクロステップ回路、Programmable Servo Controller、ホールセンサインターフェイス回路と制御ソフトにより、OIS性能を1~20 Hzまで高めた他、Zoom/Focus/IRIS/IRCレンズのモータを高速高精度かつ低騒音で同時制御します。

関連リンクM340グループ

2016.12.12 2016 TRON Symposium -TRONSHOW- 開催のお知らせ

2016 TRON Symposium -TRONSHOW-

2016年12月14日(水)~16日(金) にトロンフォーラム主催の 2016 TRON Symposium -TRONSHOW- が東京ミッドタウン ホールにて開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスからは3つのセッションに登壇いたしますので是非ご来場ください。B-1ブースにて展示も行っております。

セッション案内

特別セッション:「TRONプロジェクトの考えるIoT Part 1:テクノロジ」

TRONプロジェクトが提唱する「アグリゲート・コンピューティング」は、オープンIoTを実現するために、軽いエッジノードと高度なアクセスコントロールを行うクラウド側とを連携させて、総体(Aggregate)として動作させるコンピューティングモデルです。エッジノード側で用いるデバイスのベースがIoT-Engineであり、多数のIoT-Engineへの高度なアクセスコントロール(ガバナンス管理)を行うシステムがIoT-Aggregatorです。
本セッションでは、各社におけるIoT-EngineとIoT-Aggregatorの取り組みをご紹介します。

  • 日時 12月14日(水) 15:30 ~ 16:30
  • 会場 シアター (1+2)
  • 登壇者 玉野井 豊 (東芝マイクロエレクトロニクス株式会社 ミックスシグナルコントローラ統括部 統括部長)

テクノロジセッション:「IoT-Engine」

TRONプロジェクトが提唱する「アグリゲート・コンピューティング」におけるエッジノードデバイスのベースがIoT-Engineです。
本セッションでは、各社におけるIoT-Engineの取り組み、およびそこで用いられている技術の詳細などをご紹介します。

  • 日時 12月16日(金) 13:00 ~ 14:30
  • 会場 シアター 1
  • 登壇者 廣里 暢盛 (東芝マイクロエレクトロニクス株式会社 ミックスシグナルコントローラ統括部 ミックスシグナルコントローラ応用技術部 ミックスシグナルコントローラ応用技術第一担当 主務)

特別セッション:「IoT時代におけるモータコントロールソリューションとは?」

  • 日時 12月16日(金) 15:00 ~ 16:30
  • 会場 シアター 1
  • 登壇者 玉野井 豊 (東芝マイクロエレクトロニクス株式会社 ミックスシグナルコントローラ統括部 統括部長)
    外山 浩昭 (東芝マイクロエレクトロニクス株式会社 ミックスシグナルコントローラ統括部 モータソリューション技術部 部長)
    鈴木 信行 (東芝マイクロエレクトロニクス株式会社 ミックスシグナルコントローラ統括部 モータソリューション技術部 主務)

2016.5.9 「第19回組込みシステム開発技術展(ESEC)」の出展について

無線機能搭載SDメモリカードやマイコンの新製品とIoTデバイスへの応用を紹介

2016年5月11日(水)~13日(金)に「第19回組込みシステム開発技術展(ESEC)」が東京ビッグサイトで開催されます。東芝マイクロエレクトロニクスは、東芝 ストレージ&デバイスソリューション社の出展においてマイコンの新製品紹介や展示、デモを行います。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

「第19回組込みシステム開発技術展(ESEC)」の出展について

「第19回組込みシステム開発技術展(ESEC)」出展の概要

2016.4.20 TECHNO-FRONTIER2016 出展のお知らせ

TECHNO-FRONTIER2016 出展のお知らせ

2016年4月20日(水)~22日(金) に「TECHNO-FRONTIER 2016」が千葉・幕張メッセにて開催されます。
東芝マイクロエレクトロニクスは、東芝ストレージ&デバイスソリューション社の出展においてマイコンのデモ展示と説明を行っております。多数の皆様のご来場をお待ちしております。

開催概要

  • 会期 2016年4月20日(水) ~22日(金) 10:00~17:00
  • 会場 幕張メッセ国際展示場ホール8、小間番号 : 8C-218
  • 公式サイト TECHNO-FRONTIER 2016
  • 主催 一般社団法人 日本能率協会
  • 入場料 来場事前登録で入場料無料となります。ご登録はこちらのページから(出展者セミナーのお申し込みにも来場事前登録で発行されるIDが必要です)

展示内容(概要説明、展示パネルPDF、デモセット)

位置制御サーボ(製品名:TMPM470)

TMPM470に内蔵されたモータのベクトル制御の提携処理をハードウエア化した回路「アドバンストベクトルエンジン」、「アドバンストエンコーダ」2ユニットの並列実行による2モータ(2軸)の位置制御サーボデモをご紹介します。

pdfIcon 展示パネル16tf-A-09 (PDF: 582KB)

OIS監視カメラ(製品名:TMPM343)

各種カメラレンズ業界トップレベルの光学式手振れ補正、フォーカスなどの動作を可能としたレンズユニット部の全モータ制御を小型1パッケージで制御可能としたTMPM343のデモをご紹介します。

pdfIcon 展示パネル16tf-A-08 (PDF: 489KB)

<低消費・高機能の新マイコン TXZ™ファミリー>
pdfIcon 展示パネル16tf-A-07 (PDF: 684KB)

2015.11.30 2015 TRON Symposium -TRONSHOW- 開催のお知らせ

2015 TRON Symposium -TRONSHOW-

2015年12月9日(水)~11日(金) にトロンフォーラム主催の 2015 TRON Symposium -TRONSHOW- が東京ミッドタウン ホールにて開催されます。東芝マイクロエレクトロニクス展示ブースに是非ご来場ください。

セッション案内

セッションはお申込みが必要です。下記よりお申込みをお願いいたします。

「TRONプロジェクトの考えるIoT Part 1:テクノロジ」

トロンフォーラムの考えるIoT ~「オープンAPI」「オープンデータ」「オープンソース」に関しての最近の活動やトロンフォーラム会員企業の最先端IoTのテクノロジを紹介します。

  • 日時 12月11日(金) 10:30 ~12:00
  • 会場 展示会場シアター1
  • 登壇者 東芝マイクロエレクトロニクス株式会社
    ミックスシグナルコントローラ統括部
    統括部長 玉野井 豊

展示内容

東芝のモータ制御技術およびセンシング技術を応用した事例として、
ロボットハンドをご紹介します。

2015.10.1 TOTO㈱様 自動水栓「アクアオート」に採用されました

TOTO㈱様の自動水栓「アクアオート」に東芝製カスタムマイコンが採用され、サイズ、機能、消費電力などの課題をクリアする画期的な自動水栓が実現しました。

インスケイプ株式会社発行の技術情報雑誌APS (ARM Partner Success) に採用事例記事が掲載され、過去にない低消費電力化(従来品の約1/2)、処理時間を可能な限り短縮するための工夫など、技術アイデア全てを盛り込んだカスタム品の開発経緯が紹介されています。

株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社webサイトにAPS電子版を掲載しましたので、どうぞご覧ください。

2015.8.1 本社移転のご案内

盛夏の候 貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび当社は8月17日より下記へ本社を移転することとなりました。
何とぞご高承の上、一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

本社概要
【新住所】 〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア東館9階
【新電話番号】 044-331-7800(代表)
【新FAX番号】 044-511-1061
【業務開始日】 2015年8月17日(月)

※現本社での業務は8月12日(水)17時15分までとなります。

2015.6.19 代表取締役社長に本脇喜博が就任いたしました。

藤田康彦の後任として代表取締役社長に本脇喜博が就任いたしました。豊かな社会と新しい価値の実現をめざしていきます。今後ともよろしくお願いいたします。

社長メッセージをご覧ください

2015.6.12 TRONフォーラムの会員となりました。

2015年度より東芝マイクロエレクトロニクス株式会社は、TRONフォーラムの会員となりました。リアルタイムOSのオープンソース化という従来のTRONの発展活動に加え、IoTの重要なキーパーツであるマイコン/RTOSを通したユビキタス・コンピューティングの目指す新たな活動に積極的に参画していこうと考えております。

TRON Forum

2015.6.12 マイクロコンピュータ新年度スケジュール公開のお知らせ

新年度がスタートし、はや2ヶ月経過しました!
新たな環境で4月を迎えられた方も、そろそろ身の回りが落ち着いてきたのではないでしょうか。マイコンに関する知識習得などが必要になった皆さま、ぜひ東芝マイクロコンピュータセミナーをご活用ください。マイコンの基礎からモータ制御まで、各種セミナーを取り揃えております。詳細は、株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社 webサイトをご覧ください。

2015.5.12 東芝マイクロエレクトロニクスのサイトをリニューアルしました

TOP

別ウィンドウマーク 別ウィンドウで開きます