採用情報

先輩メッセージ

電力安定供給の「要」となる仕事 [大橋 祐二](フィールド技術部 GIS試験技術担当 2009年入社)

職場風景写真:変電機器の保守点検業務

当社を志望した理由は、電気・電力系の仕事で社会に役立てる仕事をしたかったからです。現在は希望通り、開閉装置(GIS)の点検作業手順書などを作成し、点検業務を行っています。

現地での点検を通じて改めて思ったのが、電力を安定して供給するためにGISは重要な機器であり、早く独り立ちして、電力の安定供給や信頼性確保に貢献したいと思います。

将来の目標は、海外でのGIS点検を任せて頂くこと。そのために英語を勉強し、また必要な資格取得にもチャレンジします。一人前の技術者になるまで長い道のりですが、先輩の方々も優しく仕事を教えてくれます。あわてず一歩ずつ仕事を身につけていきたいです。

このページのトップへ

ものづくりの場で実力をつける[星野 誉大](製造部 受入検査担当 2009年入社)

職場風景写真:三次元測定器による部品検査業務

ものづくりをする仕事に興味があり、この会社で働きたいと思いました。現在は、各種測定器を使ってガス遮断器(GCB)用の精密油圧部品の検査をしています。

ガス遮断器といっても、自分の生活とは無関係なものに思えていたのですが、実は社会の基盤を支えている重要な技術です。その精密油圧部品の検査を任されているわけですが、入社当初は図面を見てもよくわかりませんでした。先輩に教えていただき、実物を見ることで次第に図面を読めるようになりました。そうすると測定器の使い方も理解が進みます。以前は何もわからずアレコレと先輩に質問していたのですが、今は考えをまとめた上で質問したり、相談できるようになりました。

自分が検査したものに問題があったら、その後の製造工程に大きな支障を来たします。一方で自分が検査した部品が組み立てられて製品となり、社会の役になっていると考えると大きなやりがいを感じます。検査の奥深さも実感しています。もっと様々な部品を検査できるようになりたいというのが私の目標。検査員としてさらなる実力をつけるため、技能検定の機械検査1級に挑戦し、合格することができました。

このページのトップへ