東芝映像ソリューション株式会社

2017年9月25日
東芝映像ソリューション株式会社

AIと音声技術を活用した北米向け新商品について

 当社は、AIと音声技術を活用した音声対話デバイス「TH-GW10」を、北米市場に向け、2017年末頃を目途に発売いたします。当社では、これまでにさまざまなHome IoT関連の商品やサービスを提供してまいりました。これらのサービスにより培ってきた技術やノウハウと、機械学習やディープラーニングなどのAI(Artificial Intelligence:人工知能)を活用し、AV機器や家電機器などの多くの機器、多様なサービスとの連携も含め、ホームIoT関連のさまざまな商品やサービスを提供していく予定です。

北米向け音声対話デバイス「TH-GW10」
北米向け音声対話デバイス「TH-GW10」

新商品の背景と狙い

 近年、ホームIoTビジネスは世界規模で市場が拡大しております。 当社では、「みるコレ」や「タイムシフトマシン」など、AV機器を中心に、スマートでパーソナライズされたサービスを提供しています。また、これらサービス開発・運営から得られた技術やノウハウを活かしつつ、機器の連携だけでなく、より高度でスマートなサービスを提供すべく研究開発を進めております。当社はAI・音響技術・音声認識技術・IoT(Internet of Things)などの要素技術に加え、家電やAV機器など、ホームIoTビジネスに不可欠な製品群やサービスを有しています。
 これらの技術を活用し、テレビのみならず、ホームIoT関連のさまざまな機器やサービスと連携し、パーソナライズされた豊かな暮らしを提供することを目指し、2017年末をめどに北米市場向け新商品および関連する新サービスを展開する予定です。

当社商品・サービスの狙い(概略図)
当社商品・サービスの狙い(概略図)

北米向け新商品・サービスの概要

 「TH-GW10」は、ホームIoT関連のおもなサービスカテゴリー(ホームセキュリティ、ホームオートメーション、危険予知、エナジーマネージメント、ヘルスケア、情報・コンテンツサービス)に対応し、高性能マイクとBluetoothスピーカーを搭載した音声対話デバイスで、音声によるコマンドやスマートフォンからの操作により、さまざまなサービスをご利用いただけます。北米市場向けには自然言語応答サービスは Amazon社のAlexa Voice Service (AVS) を利用しており、既存の多くの情報サービスをご利用いただけます。

TH-GW10 が提供可能なホームIoT関連の機能・サービスの例
TH-GW10 が提供可能なホームIoT関連の機能・サービスの例

 TH-GW10は、ホームゲートウェイ機能と北米市場でニーズの高いモーションセンサー付きカメラを搭載しています。 これにより、一般的なスマートスピーカーで利用可能な情報・コンテンツサービスのみならず、より多くのホームIoTデバイスと簡単に接続できます。

TH-GW10 の位置づけ
TH-GW10 の位置づけ

TH-GW10の主な仕様

北米向け音声対話デバイス「TH-GW10」
項目 概要
スピーカ ボリューム調整・ミュート機能付きフルレンジスピーカ搭載
カメラ ライブカメラ・モーションセンサー対応動画撮影機能搭載
マイク ファートーク対応高感度マイク搭載
音声認識 Amazon Alexa™ 搭載
発話機能
対話機能
通信インターフェイス Wi-Fi、Bluetooth、Zigbee、Z-Wave
音声認識状態表示 マルチカラーLEDリング搭載
付属品 クイックスタートガイド、ACアダプター
寸法 88mm × 220mm × 88mm

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

  • ※ 各サービスを利用するには、別途IoTデバイスの購入や契約が必要な場合があります。
  • * Amazon Alexaは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • * Bluetoothは米国内におけるBluetooth SIG, Inc.の登録商標または商標です。
  • * ZigBeeは ZigBee Alliance の登録商標です。
  • * Z-Waveは Sigma Designs Inc. の商標です。
  • その他、本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • ※ 掲載されている情報(製品の価格や仕様、サービスの内容およびお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ