東芝映像ソリューション株式会社

2017年10月25日
東芝映像ソリューション株式会社

展示施設向けワイヤレス操作式案内表示システムを販売開始
-タブレット端末でディスプレイの多言語切替えや電源を一斉・個別に操作-

 当社は、ショールームや展示施設向けに、タブレット端末から無線で電源オン・オフやコンテンツ選択・画面切替えなどを一斉・個別に簡単に操作することができる表示システムを本日から販売開始します。

製品の概要

1. 概要

展示施設・ショールーム等において、来館者を案内・説明しながら、タイミングよく簡単に表示コンテンツの切替え操作を行うことができる案内表示システムです。

2. 製品の機能

  • 2-1.展示の説明用に設置されたサイネージディスプレイの操作をタブレット端末で一斉または個別に行うことができます。
    例1)表示コンテンツの切替え
    例2)ディスプレイの電源のオン・オフ
  • 2-2.表示コンテンツはMicrosoft PowerPointを使用して新規コンテンツの作成や既存コンテンツの更新ができるため、コンテンツ管理が容易です。静止画のスライドショーや動画表示にも対応しています。

3. 具体的な用途と導入効果

  • 3-1.タブレット端末のワンタッチ操作で、全ディスプレイ一斉ウェルカムメッセージ表示ができ、複数のディスプレイを使用して、より詳しい説明をすることが可能となり、来館者の満足度向上に貢献します。
  • 3-2.特定来館者グループのプロフィールに柔軟に対応したコンテンツ表示にタイムリーに切替えができます。たとえば、外国人の来館者に向けた多言語表示切り替えにも自在に対応が可能です。その他、小中学生や大学生等の特定来館者グループのプロフィールに合わせた表示コンテンツを事前に用意すればタイムリーで柔軟なコンテンツ表示切り替えが可能です。
  • 3-3.同一の説明員が複数のサイネージディスプレイを手元のタブレット端末で操作することができ、説明対応人員の業務負荷軽減をサポートします。
一斉切り替えのイメージ
一斉切り替えのイメージ
個別切り替えのイメージ
個別切り替えのイメージ

4. その他

本製品は東芝グループ内展示施設(川崎市)にサイネージシステム34台とともに事前設置済み・運用中です。導入事例の見学をご希望のお客様は東芝映像ソリューション株式会社の営業窓口又はWEB(http://www.toshiba.co.jp/vs/contact/index_j.htm)にてご連絡ください。
(サイネージディスプレイは85V型×2台、65V型×3台、55V型×8台、49V型×14台、42V型×7台が導入されています。)

価格

オープン価格

新商品の詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
http://www.toshiba.co.jp/vs/products/solution/showroom.htm

  • ※ Microsoft PowerPointは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • ※ その他の本文に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • ※ このページの画像はすべてイメージです。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ