東芝映像ソリューション株式会社

2017年11月6日
東芝映像ソリューション株式会社

バズーカウーファー「RSS-BA51」の発売について
-今お使いのテレビに迫力の重低音を手軽にプラス-

 当社は新製品として、テレビと組み合わせて臨場感あふれる重低音を再現できる、バズーカウーファー「RSS-BA51」を12月上旬から発売します。

バズーカウーファー「RSS-BA51」
バズーカウーファー「RSS-BA51」

 新製品は、「デュアルポートバスレフ型バズーカウーファー」を搭載し、出力40Wのアンプで駆動することで、臨場感あふれる重低音を実現します。
 また、テレビのヘッドホン端子(音声出力端子)に接続し、テレビの後方に設置することで、テレビの視聴を妨げることなく手軽に高音質を楽しめます。さらに、テレビの電源と連動注1するので操作も簡単です。

新製品の概要

商品名 形名 実用最大出力 価格 発売日
サブウーファー RSS-BA51 40W(JEITA) オープン 12月上旬

新製品の特長

1.迫真の重低音再生で音の感動を高める「デュアルポートバスレフ型バズーカウーファー」

 円筒形(バズーカ型)のエンクロージャーの両端に3インチの高性能ウーファーを搭載し、それぞれのウーファーの負荷が同一となるように適正化されたデュアルポートバスレフ型とすることで、迫真の重低音再生を実現し、音楽・ライブ映像のベースやドラム音が重厚になり、より臨場感あふれる迫力のサウンドで楽しめます。また、両端のウーファーは同一位相で動作させることで相互の振動をキャンセルしキャビネットの共振を抑えます。
 さらに、150Hz以下の低域をバズーカウーファーが再現することで、人の声も聞き取りやすい自然な質感でよみがえります。

迫真の重低音再生で音の感動を高める「デュアルポートバスレフ型バズーカウーファー」

*画像はイメージです。

2.簡単接続・シンプル操作

 お使いのテレビとの接続注2は、付属のスライドボリューム付音声ケーブル(専用ケーブル)をテレビのヘッドホン端子(音声出力端子)に差し込むだけ。複雑な配線などがなく、ヘッドホン端子からの音声を検出することでサブウーファーの電源がテレビの電源に連動注1するので簡単に使い始めることができます。また、シンプルでわかりやすいスライドボリューム付音声ケーブルでお好みの低音レベルに調整注3できます。

スライドボリュームで低音レベルの調整も簡単

3.テレビの後方に置いて迫力のあるサウンドが楽しめる

 テレビ後方のスペースに置くことでテレビ周りがすっきりし、リモコン操作やテレビのデザインに影響しません。

テレビの後方に置いて迫力のあるサウンドが楽しめる
背面設置対応
  • 注1 本機背面の電源切換スイッチを「自動」に設定するとテレビの電源をオフした約10分後に本機の電源がオフします。再度テレビの電源をオンすると約2秒後に本機の電源がオンします。ただし、テレビの電源をオンにしてもテレビからの音声が無い時や音量が小さい時は本機の電源はオンになりません。
  • 注2 動作確認済み機種
    X910シリーズ/Z810Xシリーズ/Z20Xシリーズ/Z700Xシリーズ/M510Xシリーズ/M500Xシリーズ/C310Xシリーズ/G20Xシリーズ/V31シリーズ/V30シリーズ/S21シリーズ/S20シリーズ/S11シリーズ*/S10シリーズ*/J10シリーズ (2017年10月現在) *テレビのスピーカーとサブウーファーの音量を個別に調節する必要があります。
  • 注3 本機の音量調節方法は接続するテレビによって異なります。くわしくは本機と一緒にご使用されるテレビのヘッドホン端子の音量調節方法をご確認ください。テレビのスピーカーと本機の音量が連動しない場合があります。その場合は、テレビのスピーカーと本機の音量を個別に調節してください。
  • 注4 RoHS: Restriction of the use of certain Hazardous Substances EU(欧州連合)では、コンピュータや通信機器、家電などで特定有害物質(6物質「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」)の使用規制を定めたRoHS指令が2006年7月から施行されています。
  • * 本製品はテレビの内蔵スピーカーと一緒にご使用いただくための低音再生専用のスピーカー(サブウーファー)です。
  • * 写真は接続ケーブルなどを一部省略しています。実際のご使用には電源コードなどの配線が必要です。
  • * その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

掲載されている情報(製品の価格や仕様、サービスの内容及びお問合せ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本発表に関するお問い合わせ先はこちらをご参照ください。

ページの先頭へ