企業中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)様

新設道路管制センターのオペレーションの要
60台の55型ディスプレイの組み合わせにより、広域交通情報からミクロな道路状況までを大画面表示

中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)様

中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)様画像
中日本高速道路株式会社(以下、NEXCO中日本)では、「名古屋支社道路管制センター」の新施設設立に合わせて、東芝グループが提供するシステムとともにマルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイ TD-X551Mを60台導入。視野角が広く映り込みが少ないパネルを採用することで、オペレーションルームのどこからでも見やすく、すばやい映像の切り替えも実現しました。
24時間365日リアルタイムで監視を行う交通管制ディスプレイとして、巨大な路線模式図の映像表示や、各地の定点カメラ映像の表示に活用しています。

中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)様

【企業プロフィール】
社名:中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)
設立:2005年10月1日
本社:愛知県名古屋市中区錦2-18-19 三井住友銀行名古屋ビル
資本金:650億円
従業員数:約2,100名(2015年3月31日現在)

中日本地域の高速道路や自動車専用道路の管理運用会社。道路関係四公団の民営化により、道路施設管理の専門会社として設立されました。物流の要となる各幹線道路の新設、改築、維持、修繕などの管理を的確かつスムーズに行うことで、国民経済の発展と生活向上に寄与しています。

導入商品

選定のポイント

  • 広い視野角により、オペレーションルーム内のどこからでも見やすい表示を実現
  • ベゼル幅を抑えることで、マルチ構成でもつなぎ目が目立たない自然な映像を再現
  • パネル表面非光沢処理と色味の調整により、ルーム内での長時間利用時でも眼の疲労を軽減

新東名や新名神に対応する重要施設の新規設立
より安全性の高い通行を促すための交通管制を提供

導入の経緯

高速道路の延伸に対応するとともに、よりわかりやすい道路情報を迅速に提供するため、NEXCO中日本は、名古屋支社道路管制センターをリニューアル。新規施設とともに、システムの大幅な改善を行いました。

1日あたりおよそ187万台もの車が行き合うともいわれるNEXCO中日本管内の高速道路を、24時間365日欠かさずに監視し続けている道路管制センター。時々刻々と状況が変わる高速道路の状態を正確に把握するためには、視認性の高いディスプレイは最重要事項の一つでした。また巨大な路線模式図を、つなぎ合わせたディスプレイで大きく表示するためにも、ベゼルと呼ばれる各ディスプレイの縁が、できる限り薄いものでなければ、視認性が低下してしまいます。

選定ポイントは視認性の高さと当時最薄を誇ったベゼル幅

選定のポイント

ディスプレイの選定において実際に開発工場で実機確認を行うなど、慎重に検討が行われました。その結果、最終的に採用されたのは、パネル表面非光沢処理、フルHD、輝度500cd/m²、In-Plane Switching (IPS)方式パネルを採用した東芝映像ソリューション株式会社のマルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイTD-X551Mでした。

最も高く評価されたのは、パネル表面非光沢処理を採用することで映り込みを軽減するとともに、広い視野角を確保している点。オペレーションルームのどの位置にいても見やすく、目が疲れにくいディスプレイは同社が求める要件を十分に満たしていたといいます。さらに、採用された2014年3月当時、流通していたディスプレイの中でもTD-X551Mは最もベゼル幅が薄く、ディスプレイのつなぎ目が目立たないこと、そして60台という大量の発注にもすばやく対応できたことも選定のポイントとなりました。

東芝グループが提供するシステムとの強力な連携で迅速かつ正確な道路状況把握を実現

導入効果と将来の展望

2014年9月24日にディスプレイの納入が完了。道路管制の要となるオペレーションセンターは、60台ものTD-X551Mを壁面いっぱいに緩やかな曲線で構成し、その規模は幅10メートル×高さ2.2メートルにも及びました。設置についてはフロントメンテが可能な壁掛け金具を使用。万が一、ディスプレイの故障が発生した際も、故障したディスプレイのみをすばやく交換・修理できるため、業務を途切れさせることがありません。さらに東芝の道路システム事業を担う株式会社東芝 コミュニティ・ソリューション社との連携により、各ディスプレイのコントロールシステムも合わせて導入。スムーズな表示切り替えも東芝グループの技術を結集して実現しています。

その後、システムの試用期間を経た2015年4月28日、「名古屋支社道路管制センター」は正式に運用がスタート。2015年5月12日には報道陣へ公開され、大きな話題を集めています。今後も高速道路利用者の安全を守る同社の重要業務を、東芝グループがワンパッケージでサポートしてゆきます。

導入事例はPDF形式でもご覧いただけます

  • 本文に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
メールマガジンのお申し込みはこちら
東芝の業務用ディスプレイ&デジタルサイネージソリューションの最新トピック、セミナー、ソリューション・商品情報をお届けいたします。(月1回程度)

お申し込み登録フォーム

製品に関するお問い合わせ
お問い合わせ入力フォーム

ページトップへ戻る