マルチスクリーンモデル TD-Xシリーズ

マルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイ
マルチスクリーン対応狭額縁ディスプレイ
  • このページの画像はすべてイメージです。

設置用途に応じた3モデルをご用意

設置用途に応じた2モデルをご用意
【 TD-X552X 】
フルHD/高輝度700cd/m2
パネル表面処理Glare AR Coatを採用。
映り込みを軽減し、鮮やかで黒が引き締まった高コントラストを実現。広視野角によりショーウィンドウやモールなどの商業施設や、展示場などで効果を発揮します。
【 TD-X552M / TD-X461M】
フルHD /輝度500cd/m2/
パネル表面処理Non Glareを採用し、照明などの映り込みを軽減。広視野角により監視センターなどで活用いただけます。

Video Wall 4K表示機能

最大縦10面×横10面の拡大機能が使用可能

複数のディスプレイを互いに接続し、デイジーチェーン構成にできます。DisplayPortでのデジタルデイジーチェーン接続により、2×2の4面マルチ構成で、4K映像の表示が可能となります。

「4K」の画素数は3840×2160です。

画面のつなぎ目を感じさせないNarrow Bezel

画面のつなぎ目を感じさせないNarrow Bezel イメージ

TD-X552X/Mでは、マルチ構成時、ベゼルの合わせ幅3.5mm※(左及び上側2.3mm/右及び下側1.2mm)により画面とのつなぎ目を感じさせず、大画面映像の提供が可能です。縦向きでのマルチ構成にも対応しています。

非表示エリア幅は3.8mmとなります(ディスプレイ間の隙間は含みません)。TD-X461Mの場合、ベゼルの合わせ幅は5.7mm、非表示エリア幅は5.9mmとなります。

操作用PC等をディスプレイ周辺に設置する必要がないOPS対応

動作確認済OPS準拠モジュール Advantech製 ARK-DS262

ディスプレイ背面のオプションスロットにOPS準拠モジュール(別売)を装着すれば、操作用のPC等をディスプレイ周辺に設置する必要がなくなり、ディスプレイだけのコンパクトな設置が可能になります。

  • OPS(Open Pluggable Specification)は、Intel社が2010年10月に発表したデジタルサイネージ向けのコントロールモジュールとスロットのオープン規格です。
  • OPS準拠モジュールにつきましては弊社までお問い合わせください。

省電力

ローカルディミング機能を採用にすることにより、締まった本来の黒の表現ができコントラストを向上させることが可能となり、明るい部分と暗い部分をくっきりと表現できます。また、低消費電力を実現します。
スマートパワー機能により電力消費の変化や画像のコントラストが適切になるようバックライトレベルを選択できます。

奥行幅の薄いスマート設計

ディスプレイの奥行幅が95mm※と薄く、壁掛け設置の際に、圧迫感を軽減できます。

TD-X461Mは、125.7mm
壁掛け金具につきましては弊社までお問い合わせください。

DisplayPort 1.2搭載

DisplayPortバージョンを1.1aまたは1.2に切り換えられます。
DisplayPortケーブル1本で接続できるため、ケーブルの本数および工数の削減につながります。

TD-X461Mは、バージョン1.2に対応していません。

ディスプレイ単体でもコンテンツ再生が可能なUSBメディアプレーヤーを内蔵

USBメディアプレーヤーを内蔵しているので、ディスプレイ単体でも動画や静止画、音声ファイルのコンテンツ再生をすることができます。簡易なデジタルサイネージの運用に適していることはもちろん、表示中の映像ソースに不具合が発生した時などの代替表示用として、あらかじめUSBメモリに準備しておいたコンテンツの再生表示に切り替えるなどの活用も可能です。
さらに、電源オン・オフを自動制御する「スケジューリング機能」で指定した複数のコンテンツのプレイリストを指定時間に再生することもできます。

デイジーチェーン接続時およびTD-X461Mは対応しておりません。

多彩な入出力端子を装備

映像と音声を1本のケーブルで伝送できる「DisplayPort」と「HDMI®」の入出力端子を装備。

入出力端子

●HDMIは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。

メールマガジンのお申し込みはこちら
東芝の業務用ディスプレイ&デジタルサイネージソリューションの最新トピック、セミナー、ソリューション・商品情報をお届けいたします。(月1回程度)

お申し込み登録フォーム

製品に関するお問い合わせ
お問い合わせ入力フォーム

ページトップへ戻る