東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
府中工場における150メートル級エレベータ研究塔の建設について

1996年3月26日

 当社は、昇降機分野における先端技術の蓄積と製品開発力の強化を図るため、 府中工場(東京都府中市東芝町1番地)内に150メートル級のエレベータ研究塔を 建設します。
 総投資額は試験設備などを含め約20億円で、本日から着工し平成9年3月に 完成する予定です。

 新研究塔は、地上10階、地下1階、全高150メートル級の研究塔本体と、 展示スペースや事務室などがある付属棟からなっています。

 当社は、新研究塔において、速度毎分1000メートル級の超々高速エレベータや、 大人数を一度に運ぶことができるダブルデッキ(2階建て)形エレベータなど 次世代の新型エレベータの開発を行います。また、次世代のエレベータの高速化、 高層建築への設置に伴う高行程化、大人数の運搬に伴う大容量化に対応するため、 (1)高速の上下移動における人への影響軽減や快適な乗り心地の確保などヒューマン・ ファクタに関する研究、(2)安全装置の開発、(3)据えつけ・工法の検証も実施します。

 現在、建設業界を中心に21世紀に向けて1000メートル級の超高層建築や 大深度地下構造物などが構想されています。当社は新研究塔をこのような 大規模構造物に必要となる次世代の搬送システムに対する研究にも活用していきます。

 全世界の昇降機市場は中国・東南アジア市場を中心として拡大しており、 1994年(平成6年)で16万5千台、1998年には17万3千台が 見込まれています。
 これに対応し、当社は、昨年7月に「瀋陽東芝電梯有限公司」を合弁で 設立するなどグローバルな事業展開を進めています。

 今回当社は、新研究塔を建設することによって、次世代の超々高速エレベータや 大容量機などの技術開発力強化を図るとともに、成長著しい東アジア市場に 向けて地域市場に密着したモデルの開発拠点としても活用していく計画です。

 また、当社はエレベータの混雑時にも効率的な運搬を可能にする「群管理」などの 新たなエレベータ制御技術においても業界をリードしており、今後とも特長ある エレベータ技術の開発を続けていきます。


新研究塔概要

全高 145.65メートル
地上高 135.65メートル
階数 地上10階、地下1階
延床面積 2,827平方メートル
付属棟面積 280平方メートル(展示スペース、事務室他)


ご参考:府中工場概要

工場長 徳永 昭大
所在地 東京都府中市東芝町1番地
敷地面積 約80万平方メートル
従業員数 約7,400人


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright