Japan

ニュース&トピックス

春季労使交渉集約結果について

2018年03月14日

本日行われた労使交渉において、下記の内容を回答し、集約しましたので、お知らせいたします。

1.賃金

 現行の賃金体系維持を図った上で、東芝労働組合の要求ポイントである「開発・設計職基幹労働者賃金(30歳モデル)」ならびに「製品組立職基幹労働者賃金(35歳モデル)」について、1,500円の水準改善を行います。

2.初任給

 大学卒 211,500円(1,000円引き上げ)

 高校卒 163,500円(1,500円引き上げ)

3.最低賃金(18歳見合い)

 162,000円(1,000円引き上げ)

4.その他

 当社は業績連動型賞与制度を導入しているため、2018年夏季・冬季賞与については、2017年度業績の確定後に支給取扱を決定する予定です。なお、2016年4月から実施してきた一般者の緊急対策(賞与、諸手当、日当等の減額)については、2018年3月末をもって終了します。

※役職者については、2016年2月から給与及び賞与の減額を実施していますが、春季労使交渉が集約したことを踏まえ、2018年度以降の取扱について現在検討中です。