Japan

ニュースリリース

ニュースリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

マツダ新型車両の二次電池SCiBTMの採用について

2019年05月27日

 当社の二次電池「SCiBTM」が、マツダ株式会社(以下、マツダ)「MAZDA3」のマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エムハイブリッド)」用バッテリーとして採用されました。

 「MAZDA3」のマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エムハイブリッド)」は、効率的なモーターアシストによって、燃費性能の向上をサポートします。

 SCiBTMは負極にチタン酸リチウムを採用したことにより、急速充電性能、長寿命性能を有し、急峻なエネルギーの入出力が必要なマイルドハイブリッドシステムのバッテリーに適しています。これらの性能が評価され、採用に至りました。

 SCiBTMの需要は拡大しており、設備投資とアライアンスにより製造能力を拡充しています。国内では、現在の製造拠点である柏崎工場に加え、横浜事業所内に製造拠点の新設を計画、海外では、スズキ株式会社、株式会社デンソーとの合弁によるインドでの工場設立を進めています。

 東芝グループは、昨年11月に発表した会社変革計画「東芝Nextプラン」において、SCiBTM事業を新規成長事業と位置付けています。

「MAZDA3セダン」(左)「MAZDA3ファストバック」(右)         SCiBTM 10Ahセル
「MAZDA3セダン」(左)                   SCiBTM 10Ahセル
「MAZDA3ファストバック」(右)

カテゴリー

ニュースリリースに掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。