本文へジャンプ

お知らせ

2016年2月25日
統合ビッグデータソリューション データ収集・検知 SmartEDAのホームページを開設しました。

さまざまなセンサーやデータソースからデータを収集、デバイス管理・制御、リアルタイムな異常検知するためのIoT基盤

Internet of Things (IoT)。それはあらゆるモノが、インターネットにつながるテクノロジー。2020年、ネットワークにつながるデバイスの数は500億に達するといわれています。これらのデータをすべて扱うためには、デバイス側でのデータの一次処理や通信の効率化が必要です。SmartEDAは、センサ・デバイスといったエッジ側でのデータ収集・処理とサーバー/クラウドに接続されたデバイスの管理、制御、リアルタイムな異常検知を実現するIoTのためのミドルウェア群です。

特徴

「集めないビッグデータ®」を実現するエージェント技術

現場のデバイス側で動作するエージェントがデータを一次処理し、必要なアラートや集計データのみをサーバー側に送信することにより、サーバーの負荷、データ蓄積量、通信コストを大幅に削減。また、回線速度(高速通信/低速通信)に応じたデータ収集における通信最適化も可能。

デバイス組込みとゲートウェイ機器での双方で協調動作

小型チップに搭載されたエージェントとゲートウェイ機器で動作するエージェントが協調動作し、デバイス側での高速なレスポンスを実現。エンドポイント-サーバー間との接続は、データ収集(上り)だけにとどまらず、エンドポイント制御(下り)に関して高速な双方向通信も可能。

収集データをサーバー側の様々なデータベース、システムに配信

多数のデバイス・センサからの大量のデータを高速に収集し、他のソフトウェアやシステムへ配信。異なるデータスキームに対応可能なプラグイン機能を提供。

デバイスの登録管理・監視・更新を行う管理サーバー

デバイスの登録、接続状態、ゲートウェイおよびデバイスの構成情報を管理。
また、サーバー側からエージェント側への各種の制御命令の発行・アプリケーションやファームウェアの配信を提供。監視・管理アプリケーションに対して、WebAPIを用いてデータの閲覧から制御を行うことが可能。

複数のイベントを組み合わせて異常検知や予測を行う複合イベント処理・リアルタイムアラートを行うイベント処理サーバー

高頻度のストリームデータから素早い検知・判断を行い、高速に通知。また、統計解析手法を使用して教師データがなくても外れ値を自動検出する統計アラート、通常時のログデータと異なるパターンを検知するログパターン検知の機能を提供。

ソフトウェア構成

SmartEDAは、下記4つの製品から構成されます。

SmartEDA / Endpoint Agent

データの発生元であるセンサーなどの近い位置(エッジ)に配置されたゲートウェイ/Chipで動作し、データ処理・イベント検知・圧縮送信、接続デバイスの制御等のエッジサイドでインテリジェンスな処理を提供します。

SmartEDA / Data Distribution Service

多数のデバイス・センサからの大量のデータを高速に収集し、他のソフトウェアやシステムへ配信する機能を提供します。

SmartEDA / Endpoint Manager

エージェント・デバイスの登録管理・監視・更新を行う機能を提供します。

SmartEDA / Event Processing Server

複数のイベントを組み合わせて異常検知や予測を行う複合イベント処理(CEP)機能、リアルタイムアラート機能を提供します。

ライセンス体系

ライセンス形態

パーペチュアルライセンス 購入後、永続的に使用できるライセンス(保守契約が必要)
サブスクリプションライセンス 契約期間だけサービスを使用できるライセンス

動作環境

製品 サポート環境 ライセンス単位
SmartEDA / Endpoint Agent Linux系OSが動作するデバイス 搭載台数
SmartEDA / Data Distribution Service OS:Cent OS、RedHat Enterprise Linux
メモリ:2GB以上
サーバインスタンス数と接続ノード数
SmartEDA / Endpoint Manager OS:Cent OS、RedHat Enterprise Linux
メモリ:2GB以上
サーバインスタンス数と接続ノード数
SmartEDA / Event Processing Server OS:WindowsRServer 2008、RedHat Enterprise Linux、Cent OS
メモリ:2GB以上
搭載プロセッサ数

クラウドサービス

SmartEDAの機能はクラウドサービスとしてもご提供しております。詳細につきましてはSmartEDAクラウドサービスをご確認ください。


関連製品/ソリューション
  • SPINEX

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。