本文へジャンプ

音声認識音声ビューア / 音声認識サービス

RECAIUS 音声ビューア / 音声認識サービス

機能

音声ビューアの主な機能
録音してテキスト化
●スマートフォン、パソコンやマイクからの入力音声をクラウドに送信し記録。音声認識技術によりテキスト化します。
・認識したテキストを時系列に一覧表示(図1)
・自動抽出したキーワードをビジュアル表示(日本語のみ)(図2)

図1:発話一覧画面イメージ 図2:キーワード一覧画面イメージ


録音音声再生、認識テキストの編集・削除
●発話内容を検索して再生(日本語のみ)(図3)
●認識したテキストを選んで、編集・削除(図4)

図3:キーワード選択で音声再生画面イメージ

図4:編集の画面イメージ


グループ作成、編集、切り替え
●グループ作成(グループ名・グループアイコン・音声認識辞書選択)など(図5)

図5:グループ作成の画面イメージ

このページのトップへ

音声ビューア パソコン版機能

パソコン(ブラウザ)を音声の入力や認識結果の参照に利用できるようになりました。
音声ビューアからの入力結果を素材にして、報告書や議事メモを作成できるようになりました。

パソコン用発話入力/一覧表示画面(発話の記録)
●音声認識と結果表示、認識結果の修正も可能(図6)
●テキストでの入力も可能、合成音による読上げも可能

図6:発話内容一覧画面イメージ


パソコン用議事メモ編集画面(会議等の振り返り)
●認識結果のサマライズも可能(日本語のみ)
・「え~」「あの~」等の除去
・重要な発話のみ抽出(上位50%)
●任意の発話データの音声再生も可能
●認識結果をコピーし、編集可能。会議録、報告書の作成を支援(図7)
●画面からのユーザ単語辞書登録も可能(図8)

図7:発話メモ編集画面イメージ(日本語のみ)

図8:単語辞書登録画面イメージ


(注)音声ビューアは会議支援の専用製品ではありません。

パソコン用発話発話参照(カレンダ表示)
●カレンダ上の発話のあった日付から、当日の記録を参照できます。(図9、図10)

図9:カレンダ表示画面イメージ

図10:スマートフォン用のカレンダ画面イメージ


パソコン用講演支援機能(聴覚障がい者対応機能)
●講演モード画面は、プロジェクタに表示しての利用を想定しています。(図11)

図11:発話一覧講演モード画面イメージ


(注)音声ビューアは聴覚障がい者支援の専用製品ではありません。

このページのトップへ

音声認識サービス 概要

クラウド型音声認識エンジンをWebAPIでご利用できるサービスです。
短期間・低価格でのご利用と、利用者毎の辞書カスタマイズが可能です。
※標準WebAPI提供ではなく、個別対応となります。

このページのトップへ


  • *RECAIUS、DaisyRings、ToSpeakは、東芝デジタルソリューションズ株式会社の日本またはその他の国における登録商標または商標です。
  • *その他、本サイトに記載されている社名及び商品名はそれぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。
  • *RECAIUSの開発にあたっては、国立国語研究所が構築した「日本語話し言葉コーパス」(CSJ)および「現代日本語書き言葉均衡コーパス」(BCCWJ)を許可を得て使用しています。
  • *本サイトの内容は、予告なく変更する場合があります。
  • *本サイトに表記されている数値および表現は2017年10月現在のものです。

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。