ホーム > スリム型産業用コンピュータ新製品の発売について

スリム型産業用コンピュータ新製品の発売について

2019年1月29日

 東芝インフラシステムズ株式会社は、スリム型産業用コンピュータシリーズの新モデルとして、「FA2100T model 600」の販売を開始しました。

 新製品は、24時間連続稼働を前提とした設計および製品の長期供給・長期保守といった産業用コンピュータの特長を保ちながら、上位モデルほどのCPU性能までは必要としないお客様向けの低価格スリム型モデルです。機器構成についても、レスオプションを用意し、必要とする最小限の構成を選びやすくしました。
 搭載CPUには、Intel® Celeron®プロセッサ G3900TEを採用し、従来機種に比べ処理能力が2倍以上注1向上しています。また、ストレージやメモリについても大容量化を図ることで、エッジコンピューティングなどの大規模データを扱う使い方に最適なデバイスとしてシステムに貢献します。
 また、産業分野でのIoT(Internet of Things)技術の拡大に伴い、増加する機器のネットワーク接続に対応するため、Ethernetインタフェースを3ポート標準搭載としました。

スリム型産業用コンピュータ FA2100T model 600
スリム型産業用コンピュータ FA2100T model 600

注1
CPUの加重最高性能(APP値、単位:実効テラ演算)で、従来機種「FA2100SS model 400」と比較した場合の値

新製品の主な特長

1.
実績のあるプラットフォームの継承で高信頼性を実現
市場実績のあるスリム型の上位機種である「FA2100T model 700」のプラットフォームを継承し、高い信頼性を実現しています。
2.
処理能力の向上
Intel® Celeron®プロセッサ G3900TE(2.3GHz/2コア)を採用し、より一層の高速処理が可能です。
3.
高速、大容量のメインメモリを搭載
メインメモリとして、最新のDDR4 SDRAMを採用し、最大8GBまで搭載可能で高いパフォーマンスを発揮します。また、シングルビットエラーの検出・訂正を行うECC機能を搭載しており、システムの安定稼働を支えます。
4.
セキュリティ機構の強化
本体の盗難防止や本体内部へアクセスを遮断するため、本体ロック金具やワイヤーロックを取り付けるためのセキュリティスロットも標準搭載しています。
5.
レガシーハードウェア/ソフトウェアの継承
産業システムで必要なRS-232Cインタフェースを2ポート標準搭載し、拡張スロットについても、PCIe(2スロット)に加え、PCI(1スロット)を標準搭載しているため、既存のハードウェア資産の有効活用が行えます。また、対応OSとしても最新のWindows®10 IoT Enterpriseとともに、Windows®7もサポートしており、ソフトウェア資産も含めてシステムの円滑な移行が可能です。
6.
長期安定供給、長期保守サービス
販売開始後5年間(2024年1月まで)、同一機種の製品供給を行います。また、販売終了後さらに継続して7年間(2031年1月まで)の保守サービスを行います。また、保守対応期間の3年延長の有償オプションにより最大10年間(2034年1月まで)の保守サービスを行います。長期安定供給・長期保守により、システムや装置への継続的な組込みや段階的なシステム増設が円滑に行えます。

新製品の主な仕様

型名 FA2100T model 600
CPU Intel® Celeron®プロセッサ G3900TE(2.3GHz/2コア)
主メモリ DDR4 SDRAM
4GB(4GB×1)または8GB(8GB×1)
補助記憶装置 SATAインタフェース接続の3.5型HDDを最大2台本体に実装可能。
光学ドライブは、DVD-ROM、DVDスーパーマルチ、光学ドライブレスのいずれかを選択可能。
標準インタフェース COM(RS-232C)×2ポート
USB3.0×2ポート、USB2.0×4ポート
サウンド(LINE-IN、LINE-OUT、MIC-IN)
LAN(1000BASE-T/100BASE-TX/10
BASE-T自動切替)×3ポート
グラフィック RGB×1ポート、DVI-D×1ポート
拡張スロット(オプション) PCI Express(x 16レーン)×1スロット
PCI Express(x 4レーン)×1スロット
PCI ×1スロット
RAS機能 ファン停止検出、CPU温度上昇検出、筐体内温度検出、内部電圧検出、メモリエラー検出、PCIバスエラー検出、ディジタル入出力(DI/DO 各4点、リモートON/OFF用 1点、リモートイニシャライズ用 1点)、ウォッチドッグタイマ監視(システム起動時/システム稼働時)、HDD監視、ソフト電源オフ(シャットダウン)、リモートイニシャライズ、リモートパワーオン/オフ、RASメモリへの異常情報保存、稼働時間監視機能、温度情報トレンド機能、シミュレーション機能
電源装置 定格電圧AC100V-AC240V、許容周波数50/60Hz±3Hz
寸法、質量 幅:100mm 高さ:310mm 奥行き:340mm(突起部不含)
質量:約10kg
OS Windows®7 Professional SP1
Windows®10 IoT Enterprise 2016LTSB
Intel、Celeronは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国および他の国における商標または登録商標です。Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
商品の名称は、それぞれ各社が商標または登録商標として使用している場合があります。

製品紹介サイト

https://www.toshiba.co.jp/sis/seigyo/sancon/prod/fa2100/fa2100t600.htm

新製品についてのお客様からのお問い合わせ先:

産業システム統括部 産業システム・計装営業部 制御営業担当
TEL : 044-331-1695