Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 気候変動への対応 > エネルギー供給にかかわる製品・サービス 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

エネルギー供給にかかわる製品・サービス

71317

エネルギー供給にかかわる製品・サービスによる貢献

「エネルギー供給にかかわる製品・サービスによる貢献」のイメージ

エネルギーをつくる ―発電技術―

エネルギーは私たちの生活を支える重要なライフラインの一つであり、東芝グループではエネルギーの安定供給と地球温暖化防止に向け、さまざまな取り組みを進めています。

基幹電源

現状では世界のエネルギー源の約6割※1が化石燃料による火力発電ですが、当社では高効率火力発電技術、CO2分離回収技術などにより、環境調和と電力の安定供給の両立をめざしています。

原子力については、国内の原子力発電所の再稼働に向けて原子炉冷却系の強化や放射能の外部放出抑制等の対策に取り組み、過酷事故の発生防止と影響緩和をめざしています。また、重大事故時に水素発生量を低減できる炉心材料の開発やサイバーセキュリティ対策などを進めるほか、原子力発電所の更なる安全性向上に向けた努力を継続していきます。

その他、水力発電における数値流体解析技術(CFD※2)を適用した水車の高効率化や、系統安定化に寄与する可変速揚水発電システムによる再生可能エネルギー機器の導入促進、地熱発電における導入初期コストが少ない小型地熱発電設備Geoportable™の拡販など、技術開発や幅広い顧客要求対応を行っています。

※1
出典:World Energy Outlook 2020
※2
CFD:Computational Fluid Dynamics

再生可能エネルギー

産業用太陽光発電システムにおける10MW以上の大規模太陽光発電所の日本国内納入実績に加え、住宅用太陽光発電システムでは、変換効率22.1%を誇る360W太陽電池モジュールを2018年から市場投入しており、CO2排出抑制に貢献しています。

このページのトップへ

エネルギーをためる ―蓄電技術―

再生可能エネルギーの一部は天候によって発電出力が変動する不安定な発電方式であるため、導入拡大に向けては、出力変動の抑制やピークシフトによる負荷平準化などが必要となります。これに対応するため、可変速揚水発電や、高性能リチウム電池SCiB™を用いた定置型蓄電池システムなどを提供しています。

また、再生可能エネルギーの余剰電力で水素を製造・貯蔵することで、必要なときにいつでも電力を供給可能な自立型水素エネルギー供給システムH2One™を2015年に製品化しています。

このページのトップへ

エネルギーをおくる ―送配電技術―

経済的かつ安定した電力供給を実現するために、高電圧・大容量向け送変電機器、中低電圧向け配電機器、系統保護リレー装置などの機器や、それらを遠方で制御するための監視制御装置システムを提供しています。また交流送電と比べて送電ロスが小さい直流送電についても、当社の有する技術を活かし、国内外の直流送電プロジェクトへの参画及び吊バルブ・変換用変圧器などの主要な機器の提供を行っています。

このページのトップへ

エネルギーのトータルコーディネート ―電力需要予測技術など―

再生可能エネルギーの増加にともない、電力の需要と供給の差を埋める技術がより重要となっています。当社では、エネルギーを「つくる」「ためる」「おくる」を合わせたトータルコーディネート技術として、IoTを用いて複数の蓄電池を最適に制御するバーチャル・パワープラント(VPP)や、電力需要と再生可能エネルギー由来の発電量を高精度に予測する技術などを開発しています。

当社が保有する数値気象モデルによる高精度気象予測技術と、気象ビッグデータのAI活用技術とを組み合わせた電力需要と太陽光発電量の高精度予測技術は、大手電力会社が主催するコンテストにおいて好成績※3を収めました。

また、水素を再生可能エネルギーの調整力として利用するP2G※4技術の開発も進めています。水素は貯蔵・輸送が可能でありCO2を発生しないエネルギーであることから、カーボンニュートラルのキーテクノロジーとして位置づけられています。2020年3月には福島県浪江町に世界最大級のP2G実証施設の運転を開始しました。

※3
東京電力パワーグリッド株式会社が主催する「第1回 電力需要予測コンテスト」で最優秀賞受賞(2017年)、及び東京電力ホールディングス株式会社と北海道電力株式会社が主催する「太陽光発電量予測技術コンテスト『PV in HOKKAIDO』」でグランプリ受賞(2019年)
※4
P2G:Power to Gas(余剰電力を水素などのガスに変換すること)

このページのトップへ