Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 環境基盤活動 > PCBの保管・管理 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

PCBの保管・管理

PCB使用機器の製造が中止になった1972年以降、廃棄物処理法やPCB特別措置法に基づいて適正に保管・管理・届出を行っています。所定の保管基準に加え、防液堤や二重容器の設置などで万全を期して保管しています。

ポリ塩化ビフェニル
■ 対応方針
  PCB廃棄物(汚染確定保管物) 使用中PCB機器
高濃度 JESCO処理計画にしたがって処分を進める 機器更新、処分計画を策定する
低濃度 認定施設での処分を進める 変圧器:保守時に油の分析を実施。PCB混入の場合は機器更新、処分計画を策定する
コンデンサー:封じ切り機器のため、事業活動に支障が生じないよう段階的に機器更新を計画する。PCB混入の場合は処分計画を策定する

「中間貯蔵・環境安全事業(株)へのPCB機器搬出」のイメージ
中間貯蔵・環境安全事業(株)へのPCB機器搬出

「中間貯蔵・環境安全事業(株)へのPCB機器搬出」のイメージ

環境債務の把握

PCB特別措置法の施行により、PCB廃棄物の保管業者は2027年3月までにPCB廃棄物を適正に処分することが義務づけられました。当社グループは、2020年および2021年の各3月31日現在において、PCB無害化処理委託費用としてそれぞれ約88億円および約48億円の環境負債を計上しています。これは、全国の事業所で保管・管理されていたPCBを含んだ製品および設備の処理に関するものです。今後も適正に把握・開示をしていきます。

このページのトップへ