Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Business(モノづくり) 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

「Business(モノづくり)」環境負荷とコストを同時に削減する高効率モノづくりを追求します

「環境ビジョン2050」で設定した3つの課題への対応

地球温暖化の防止

社会的課題
  • パリ協定を受けた日本国内での排出目標設定
  • 日本国内では電機・電子業界「低炭素社会実行計画」の中で、生産プロセスのエネルギー効率改善(年平均1%)を提言
  • エネルギー需要の拡大
東芝グループにとってのリスクと機会
リスク:事業活動の規制、設備投資拡大、温室効果ガス排出量が増大した場合の評判低下
機会:製造拠点における省エネ施策推進による製造コスト削減
東芝グループの方針
  • 温室効果ガスの排出量抑制・原単位改善
具体的施策
  • 事業構造変化を踏まえた省エネ運用改善、海外拠点を中心とした省エネ投資

資源の有効活用

社会的課題
  • 資源枯渇の深刻化
  • リサイクル・リユース・長寿命化を推進する循環経済への移行
東芝グループにとってのリスクと機会
リスク:
廃棄物に関する法規制が強化された場合の管理コスト増加
不法投棄などの法令違反が発生した場合のビジネス機会損失、評判低下
水リスクの高い地域での生産活動への影響
機会:廃棄物量・水資源使用量削減による製造コスト削減
東芝グループの方針
  • 廃棄物発生量・水受入量の改善
具体的施策
  • リサイクルや有価物拡大による廃棄物量の削減、主要拠点における水リスク評価の実施、立地地域における降水量と水使用量の相関分析による水リスク対策の実施

化学物質の管理

社会的課題
  • 化学物質がもたらすリスクの最小化
  • 予防原則に基づく化学物質管理
東芝グループにとってのリスクと機会
リスク:
化学物質管理に関する法規制が強化された場合の管理コスト増加
法令違反が発生した場合のビジネス機会損失、評判低下
機会:関連ビジネス(排水高度処理システム等)のニーズの高まりによるビジネス機会拡大
東芝グループの方針
  • 化学物質総排出量の改善、土壌・地下水浄化、汚染防止
  • 環境債務の把握・管理等の環境リスク対応
具体的施策
  • 使用物質の代替化、燃焼除害装置の稼働、プロセスの改善による原材料使用量の削減

基本的な考え方

東芝グループでは、国内外の生産工程において投入資源を最小限に抑え、製造段階のムダを排除し、大気・水域への排出を最小限に抑制することによって、環境負荷とコストを同時に削減する高効率モノづくりを追求しています。

エネルギー使用状況を適切に把握し効果的な設備運用改善や高効率設備導入を図る「工場インフラの効率化」と、モノづくりにかかわるあらゆる部門と協働してサステナブルなモノづくりをめざす「プロセス革新」の2つの取り組みを進めることで、地球温暖化をはじめとする環境課題の解決に貢献することをめざします。

地球温暖化防止については、CO2やPFCsガス(パーフルオロカーボン類)などの温室効果ガスの削減に向けた積極的な省エネ施策を全社的に進めていきます。資源の有効活用については、3R活動の展開などにより廃棄物の総発生量の削減に継続的に取り組んでいくとともに、水資源についても水リスク評価ツールなどを活用して有効活用に努めていきます。さらに化学物質の管理については、使用物質の代替化やプロセス改善などにより、環境影響の低減を推進していきます。

■ 高効率モノづくり
「高効率モノづくり」のイメージ

「事業活動による環境影響」のイメージ

このページのトップへ