三井不動産商業マネジメント株式会社様 採用事例

報告書の作成時間を約6割削減
緊急・災害時も迅速な対応を実現

事例概要

現場の作業負荷を大幅に軽減
本部と現場の連携がよりスムーズに

店舗数の多い商業施設では、工事完了検査・防火パトロール時の報告書作成にかかる作業負荷の軽減、作業時間の短縮、業務の効率化が課題でした。
現場では、検査記録や報告書、設備の図面など数百枚にもわたる紙の資料を持って点検作業を実施します。点検箇所の撮影、紙の報告書への記入、事務所でのデータ入力などには多くの作業時間と負荷がかかっていました。
シェアレポの導入により、作業負荷が軽減し、報告書の作成時間が大幅に短縮。本部と現場の連携もスムーズになり、作業報告だけでなく、緊急・災害時の迅速な対応も実現しています。

事例名称
三井不動産商業マネジメント株式会社様 採用事例
導入時期
2018年10月
今回導入した商品

今回導入した商品

設備点検支援クラウドサービス Sharepo(シェアレポ)

モバイル端末を活用して従来手書きだった点検記録を電子化。設備点検業務の効率化や作業品質の向上に貢献します。また、メーター読取支援サービスにより積算メーターの検針値をAIで読み取り、自動で記録できます。

導入の決め手

藤田様・柳原様 三井不動産商業マネジメント株式会社 施設管理本部

藤田様・柳原様
三井不動産商業マネジメント株式会社 施設管理本部

最大の魅力は既存の帳票を
そのまま利用できること

点検箇所の写真は枚数も多く、パソコンへの取り込み作業、写真と検査箇所の照合、報告内容の入力など、多くの作業時間と負荷がかかっていました。シェアレポなら、その場で帳票作成から報告まで行えます。担当者の負荷を軽減し、作業時間の短縮と業務効率化を実現できると思いました。

導入にあたり、新たな帳票に作り直すのではなく、既存帳票のフォーマットをそのまま利用できることが最大の魅力でした。また、現場からの報告だけでなく、本部からの作業指示もシェアレポで行え、連携がスムーズに行えるのも魅力でした。

異常値はその場で確認し、後戻り作業の負担を軽減

過去の検査記録をその場で照合
異常値はすぐに気づいて対処

施設管理本部では、おもに各施設の建物管理・管理工事などを担当します。検査のたびに図面や検査記録表を印刷して記入していましたが、シェアレポ導入後は、タブレット上に図面を表示してその場で記入・報告まで行えるので作業時間が短縮しました。

さらに、クラウド上に格納されている過去のデータと照合し、異常値があればその場で気づけます。事務所に戻ってから異常に気づいてまた現場に戻るという、後戻り作業の負担が軽減しました。

また、本部の作業指示や現場の連絡もシェアレポ上でスムーズに連携できるので、緊急時や風水害などの自然災害発生時の対応スピードが格段に上がりました。

対応履歴を共有することで、店舗とのコミュニケーションがより円滑に

対応履歴の共有で店舗ご担当者様との
コミュニケーションがより円滑に

オペレーションセンターでは、おもに各施設の店舗の運営管理を担当します。防火パトロールでは、施設や店舗内で適切な防火防災対策が行われているか安全な環境維持のための点検を実施しています。

シェアレポ導入後は、タブレットを持って店舗に行き、確認事項を見ながら現場をチェック、指摘箇所はその場で写真を撮って報告できるようになりました。店舗側のご担当者さまが交代された場合でも、前回の指摘事項や対応の経緯などをその場で共有できるので、コミュニケーションがより円滑に進むようになりました。

報告書作成業務
防火パトロール

作業負荷の軽減と作業時間の大幅な短縮を実現

工事完了検査では、報告書作成時間を約6割削減できました。工事検査表は複数の担当者が使用します。クラウド上で過去の報告内容や工事検査履歴を検索できるのは非常に便利ですし、誰が見てもわかる電子データであることは、とても重要だと実感しました。
防火パトロールでは、1店舗あたりにかかっていた入力作業時間を約3割削減できました。そのおかげで、より多くの時間を店舗の支援業務に充てることができています。

※三井不動産商業マネジメント株式会社様の実績値であり、削減率を保証するものではありません。

今後の展望

未来の安全・安心に向けて、BCP対策に活用

シェアレポの導入効果は充分感じていますので、社内での利活用をさらに進めていき、さらなる業務効率化を目指します。また、シェアレポに蓄積されたデータを分析することで、繰り返し起こる修繕箇所の根本的な原因究明や予防保全につなげることができます。今後は、蓄積されたデータを利活用して、風水害時のより迅速なオペレーションの実現や広域災害が発生した際のBCP対策の取り組みに活用していきたいと思っています。
お客様やご出店者さまが安全・安心・快適に施設をご利用いただけるよう、未来の安全・安心に向けた取り組みに活かしていきたいです。

弊社担当者のコメント

ビルIoT推進室 営業 馬場  武

東芝インフラシステムズ

ビルIoT推進室 営業 馬場 武

商業施設では、お客様が快適かつ安全に施設をご利用いただくために様々な設備が運用されておりますが、その裏側には日々の運用を支える運営管理者の方々の働きがあります。
特にテナント数が増え、大型化の進む商業施設では、予め決められたスケジュールの元、点検作業を正確に行う必要がある一方で、限られた時間の中で確実に作業を完了するための業務の効率化を求められる厳しい現場となってきています。
導入いただいたシェアレポは点検業務の効率化を支援する多くの機能を備えております。また用途に応じてお客様自身で電子帳票を作成・運用頂くことも可能であり、点検作業を行う現場側とそれを取り纏め、運用管理を行う本部側が抱える様々な課題の解決に役立つサービスです。
シェアレポをご利用いただき、IT化することで、記録を中心としたこれまでの点検業務の運用から、記録をデータとして即座に取り出し、共有、活用する新たな点検業務の運用へとシフトし、点検業務の品質と効率の更なる向上を図ることができます。

採用企業様プロフィール

三井不動産商業マネジメント株式会社様

三井不動産商業マネジメント株式会社様

企業情報

所在地
東京都中央区日本橋浜町2-31-1(浜町センタービル)
設立
1970年1月13日
資本金
450百万円
事業概要
三井不動産グループ商業施設事業のバリューチェーン中核会社として、三井不動産の担う投資・リニューアル・テナント入れ替えなどの運用業務と密接に連携し、開業準備業務および開業後の運営管理業務に取り組んでいます。
URL
https://www.mf-shogyo.co.jp/

資料ダウンロード

本事例に関連する各種資料をPDF形式でダウンロードいただけます

To Top