ピークカット・ピークシフトシステム

エネルギー運用スケジュールに基づいて
ピークカットやデマンドレスポンスに柔軟に対応

スマートBEMS

エネルギー需要予測を行い、適正な蓄電池・蓄熱槽の運用スケジュールを作成し制御します。電力需給ひっ迫時のデマンドレスポンス(DR)に対しては、スケジュールを自動修正し、各ファシリティの優先順位に応じた負荷抑制制御を行います。

ピークカットピークシフトシステム
  • ※ デマンドレスポンス(Demand Response:DR):電力需給ひっ迫時に電力事業者などからの節電要請に対し、電力需要家が電力使用を抑制することで、電力の安定供給を図る仕組み。

蓄電・蓄熱スケジュールに基づくピークカット

蓄電・蓄熱スケジュールに基づくピークカット

前日に予測した消費電力量から、ピークカット目標を達成できる蓄電・蓄熱運用スケジュールを作成します。ピーク時間帯に放電・放熱を行いピークシフトすることで、目標以下に受電電力量を抑制します。

判例(蓄電・蓄熱スケジュールに基づくピークカット)

DR要請による放電・放熱運用スケジュールの変更

DR要請による放電・放熱運用スケジュールの変更

当日、DR要請の信号を受信した場合、新しい削減目標を設定し、放電・放熱スケジュールを自動修正します。蓄電池・蓄熱槽の放電・放熱を直前まで制限し、DR時間帯に達すると、新しいスケジュールに従って一気に放電・放熱し、節電量の増加に対応します。

判例(DR要請による放電・放熱運用スケジュールの変更)
To Top