環境ニュースENVIRONMENT NEWS

低CO₂川崎ブランド'19 及び 2019年度川崎メカニズム認証制度の認定・認証について

2019年11月27日

 当社の小向事業所で開発した「PAR-16型 精測進入レーダー装置(TW4494)」と、「自動荷降ろし装置(RD-1000)」の2製品が、神奈川県川崎市の「低CO₂川崎ブランド※1 」に認定されました。小向事業所として7年連続の受賞となります。
 また、 「自動荷降ろし装置(RD-1000)」は、同時に「川崎メカニズム認証制度※2」にも認証されました。

低CO₂川崎ブランド'19 認定製品

PAR-16型 精測進入レーダー装置(TW4494)

■PAR-16型 精測進入レーダー装置(TW4494)

航空機を3次元的に滑走路の接地点へ誘導するための航空保安管制装置。従来製品と比べて省エネ・省資源化を実現。

PAR-16型 精測進入レーダー装置(TW4494)

自動荷降ろし装置(RD-1000)

■自動荷降ろし装置(RD-1000)

パレット積みされた荷物をベルトコンベア等へ移し替える装置。従来製品と比べて効率的な動作や小型化を実現。

自動荷降ろし装置(RD-1000)

認定結果発表会の様子(2019年11月13日)

小向事業所鈴木所長(写真中央)
PAR-16型 精測進入レーダー装置
(TW4494)の認定証を受け取った
小向事業所鈴木所長(写真中央)

小向事業所石山副所長(写真中央)
自動荷降ろし装置(RD-1000)
の認定証を受け取った
小向事業所石山副所長(写真中央)

2019年度川崎メカニズム認証制度 認証製品

■自動荷降ろし装置(RD-1000)

二面把持でミシン目の入ったような荷物でも高速・安定した荷降ろしの実現や、降ろしたい商品の種類、積まれ方を事前に登録することなく、自動で個々の荷物を識別し処理するなどの先進性・独自性等が評価されました。

※1:
原材料調達から廃棄・リサイクルまでのライフサイクル全体を通じて従来製品等と比較し、CO₂がより削減された川崎発の製品・技術等を認定する制度
※2:
川崎市内の企業が研究・製造した環境技術・製品等が広く普及することにより、市域外でも広くCO₂の削減に貢献することを認証し、川崎市内の企業の貢献を見える化する制度
To Top