事業概要

事業概要

事業概要

我が国の安全保障に資する
システムやサービス、重要社会インフラの提供により、
安心、安全で信頼できる持続可能な社会を実現していく

領土・領海・領空保全、気象防災、救難・捜索、航空管制
製品・システム一覧

歴史

歴史
1937 東京電気無線株式会社の部品工場として小向工場操業開始
1955 気象レーダ装置を脊振山(福岡県)に納入
1960 日本最大の気象レーダを室戸岬(高知県)に納入
1963 日本初の空港監視レーダ(ASR)、精測進入レーダ(PAR)を東京、大阪国際空港に納入
1970 ホークシステムレーダ装置の初号機を納入
1975 対砲レーダ装置の初号機を納入
1981 世界初の多機能気象レーダを中部電力に納入
1982 81式短距離地対空誘導弾システムの初号機を納入
1992 91式携帯用地対空誘導弾システムの初号機を納入
1995 93式近距離地対空誘導弾システムの初号機を納入
2002 固定式警戒管制レーダ装置の初号機を納入
2003 気象ドップラーレーダを那覇空港に納入
2005 03式中距離地対空誘導弾システムレーダ装置の初号機を納入
2006 世界最高出力のX帯GaNパワーFETの開発
2007 世界初の固体化気象レーダを名古屋大学に納入
2010 固定翼哨戒機捜索用レーダを納入
2012 日本初のフェーズドアレイ気象レーダを大阪大学に納入
2017 艦船搭載レーダを納入
To Top