作業は、ひとりで。考えるのは、みんなで。

[技術(開発設計)] 白水 佑輝

2009年入社 / 所属:小向事業所 マイクロ波技術部 / 専攻:電子機械科

家電と国防のギャップこそ、魅力。

工業高校を卒業したら、地元で就職するつもりだった私。学校の先生からたまたま、「地元に閉じこもってばかりいないで、上京って選択肢も考えてみたら?」とアドバイスをもらい、紹介されたのが現在の会社でした。まだ高校生だった私にとっては、東芝といえば家電製造会社で、しかも多くの人に向けた製品をつくっているイメージ。しかし自分で情報収集するうち、その印象がどんどん変わっていくのを感じていました。防衛の一端を担い、国や世の中を支えていること。大量生産品でなく、毎回異なる製品を一つひとつつくりあげること。規模が大きく、多くの人の技術を結集させるものづくりであること。想像していた東芝とのギャップも相まって、私の志望度は急上昇していきました。「上京して一人暮らしなんてできるの?」と心配する親をなんとか説得し、就職へ。最初の1年は技能研修、その後は製造の仕事に従事して、現在はマイクロ波半導体の開発設計を担当しています。

家電と国防のギャップこそ、魅力。

職種、学歴、社歴。
全てを超えた、ものづくりの議論がある。

マイクロ波半導体の開発設計の仕事はどちらかというと、ひとりで淡々と、着実に行っていく仕事なのだと思います。図面を書いたり、性能のテストをしたり。一日の多くは、製品と自分とが向き合っている時間です。でも、これは決して孤独な仕事ではありません。なぜなら、ひとたび誰かに相談事を投げかければ、みんなが一緒に考えてくれる。手を動かして作業するのは私ひとりのことだけれど、頭を働かせるのはみんなでやっていることだと感じているからです。私がどれだけ調べてわからなかったことも、ちょっと聞いてみれば、自分と異なる職種の人が答えを知っていることがある。何時間もかけて上手く行かなかった作業も、思わぬところに経験者がいる。ものづくりって、ひとつのことを深く突き詰めていく作業ではあるけれど、ひとりでやることとは限りません。むしろ、みんなでやるから生まれるものづくりも、あるのだと気が付きました。アイデアを出すときは、職種も学歴・社歴も関係なく、一人ひとりが意見を持って、それをぶつけ合える。それがものづくりの面白さであり、だからこそもっと大きな成長をしていけるのだと感じています。

職種、学歴、社歴。全てを超えた、ものづくりの議論がある。

たんなる遊びで終わらせられないのが、技術者。

技術者として、何でも突き詰めたいのはもはや性分。始めたらやりこまなければ気がすまず、たまたま人に薦められて始めたビリヤードも、いまでは大会に出場するまでになりました。たんなる遊びで終わらせず、インターネットの動画を見ながら、玉の動きを研究し、繰り返し練習を。もっと玉を自在に操れるようなプレイヤーになりたいですね。

たんなる遊びで終わらせられないのが、技術者。
  • ※掲載内容は取材当時のものです。
To Top