信頼を重ね、チームをつなぐことが、生産管理の仕事につながる。

[生産管理] 奥本 理沙

2010年入社 / 所属:小向事業所 生産部 / 専攻:繊維学部 繊維システム工学科

納期を守るため、
工場のコンダクターとなる。

生産管理とは、生産計画の策定・管理を行い、かつ生産効率の改善を追求することです。要求された納期までに、要求される品質の製品を、要求量だけ、最善の方法で生産するよう工場のマネジメントを行なっていきます。このため工場のコンダクターとなり、関係部門との連携、情報共有を日常的に行っています。「工場」というと、決まった製品を決まった工程で量産するイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、私たちの扱う製品は、ほぼお客様に合わせたオーダーメイド。

毎回つくる製品でも工程が異なり、様々な特徴をもった製品の工程が並行しています。基本的に計画どおり工程を進め納期を守ることが求められますが、ときには、部品の入荷遅れや生産リソースの不具合といった、トラブルが起きることもあります。そんなときは、様々な部門の状況や要望を汲みながら、密にコミュニケーションをとり、よりよく進められるよう尽力しています。工程における小さな気付きやトラブルにつながるかもしれない予兆をキャッチし、早期にリスクの芽をつぶすことが納期を守るためにはとても大切なことです。何か悩んでいるときに「小さなことでも、まず奥本さんに相談してみよう」と、みなさんにそう思ってもらえる存在になることが、私の仕事の大きなカギだと考えます。

納期を守るため、工場のコンダクターとなる。

仕事をスムーズに進めるのは、
小さな信頼の積み重ね。

仕事仲間と信頼を築き仕事をスムーズに進める、これは、ほんの小さなことの積み重ねで築かれるものだと思います。当たり前のことにはなりますが、前向きな気持ちで業務に取組み、いつも笑顔でいることやどんな小さな約束も守ること。それぞれの部門や職種の仕事について学ぶこと。大きな目標を達成するためには、コツコツと毎日の積み重ねをしていくことが欠かせないのだと思います。振り返ってみれば、まだ就職活動の真っ只中で、他の企業と迷う気持ちもあったころのこと。私がこの会社で働きたいと考えた決め手も、従業員同士のコミュニケーションでした。小向事業所を見学した際に見たのは、みなさんが声を掛け合って、協力しながら業務に取り組む姿。私も同じように、周りの方々と力を合わせて仕事ができたらと考えていたし、その想いはいまも変わりません。今後も様々な業務の中で多くを経験し、知識を蓄えて、それぞれのチームをつないでいきたい。事業所の多くのことを知っていて、誰からも信頼され現場に貢献する生産管理担当でありたいと考えています。

仕事をスムーズに進めるのは、小さな信頼の積み重ね。

話して、旅して、リフレッシュして。
切り替えがあるから、仕事も楽しい。

一緒に仕事をする人との関わりは、事業所内でも外でも大切にしたいと思っています。仕事終わりには一緒に食事へ行ったり、休日にバーベキューやスポーツ観戦、温泉旅行をしたりと、仕事抜きの環境でもみなさんと楽しい時間を過ごさせてもらっています。また私自身旅行が趣味で、長期休暇は友達とよく旅行に出掛けています。先日は、新潟の佐渡へ行ったばかり。自然豊かな景色と美味しい食事やお酒に身も心も癒されました。こうやってリフレッシュする時間があるから、また仕事も頑張ることができます。

話して、旅して、リフレッシュして。切り替えがあるから、仕事も楽しい。
  • ※掲載内容は取材当時のものです。
他の社員のインタビューを見る
To Top